London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 20日 ( 1 )


2008年 08月 20日

改名

さきほど、職場のメールが回ってきたのだが、10月から私の職場の名称が変わるらしい。いままでは、日本人にはちと微妙な名前だったのが、すっきりしたものに変わるらしい。というか、昔はそう呼ばれていたような。ちょっと嬉しい。

ところで、ロンドンは本当に涼しくなってきた。昨日も知人とカフェで(なぜか)死刑制度について議論していたのだが、涼しい風がぴゅーぴゅー入ってきて寒くなって、たまらず席を立った。とはいえ、日中日差しがあるとそれなりに暖かくなるので、何を着ればよいのか困る感じ。薄手のハーフコートを着ている人もちらほらいる中で、Tシャツの人も。ま、間をとって長袖シャツにジャケットが良い感じかも。

最近、映画を何本か観た。その感想を。

『Made of honor』

親友の結婚を間近に控えて、実は好きだったと気づくというありきたりな話。はじめの10分ぐらいでほぼストーリーが読めちゃうので、つまらなかった。なぜかスコットランドが攻撃されているのは、Four Weddings and a Funeralを思い出したし、結婚式に乗り込んで花嫁を奪い取るというのは、あまりにありがちだし。主役の二人もいまいち。男性の主役は「Enchanted」で弁護士を演じたPatrick Dempseyという俳優。コメディ向きではないと思う。女性の主役はMichelle Monaghanという女優で、彼女はまあまあだったが、「The Heartbreak Kid」での彼女の方が良かったと思う。ちなみに、オープニングで最近お気に入りのSara BareillesのLove Songが流れたのが、一番良かった点かも。

『Kung Fu Panda』

意外に面白かった。非常に良くできたストーリーで、次はこうなるだろうな、と思っているとその通りなるのだが、それが心地よかった。Jack BlackのパンダとDustin HoffmanのShifu(アライグマ?)がなかなか良い味だった。亀の師匠もgood。Angelina Jolieも虎役?で出ていたが、彼女は棒読みでいまいちだった。あと、キャラクターの愛らしさは、Shrekとかのほうが良かったかも。cartoon networkのアニメの影響が随所に見られる点も、個人的にはいまいち好きになれなかった点だが、全体的には大変良くできた映画だと思う。

『Forgetting Sarah Marshall』

こちらも意外に面白かった。有名女優に振られた元ボーイフレンドが傷心旅行に行ったら、その先で元彼女と現彼氏にばったり遭遇してしまうお話。どちらかというと単純なストーリーなのだが、主役も脇役も変なノリで面白かった。ちなみに、現在の彼氏(有名ミュージシャン)役で英国のテレビに良く出るコメディアンRussell Brandが出ていたのだが、彼の妙にだらだらしたイギリス英語がなかなかおかしかった。

『The Bucket List』

末期がんに冒された二人の、残された日々をどのように過ごすかを描いた秀作。あり得ない設定ではあるものの、非常に魅力的に、感動的にまとめられた映画だと思う。おすすめ。さすが、Rob Reiner、Jack Nicholson、Morgan Freemanだなと思わせる監督と演技だった。「 the last months of his life were the best months of mine」は沁みたし、「kiss the most beautiful girl in the world」でも沁みた。良い映画だったな。

ちなみに、南仏のレストランのシーンが出ていたが、あれはEzeのLe Château de la Chèvre d'Orではないかと思う。大昔に一度両親と訪問したが、実に素敵なレストランとホテルだった。

by kototora | 2008-08-20 19:22 | life in London