<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 20日

大学に勤務するということ(の続き)

大学とは、個人商店の集合体だと思う。

その店主は「教授」と呼ばれる人たち。「教授」には様々な顔がある。教育者として教育を提供し、研究者として研究をする。また、教室の長として経営に携わっている場合もある。具体的には、研究費を集め、部下や学生さんを取りまとめて研究費と仕事を配分して、研究と教育の場を提供する。さらに、大学という組織の管理職の一人として、その運営にも携わっている。

そう考えると、教授ってすごい人だとは思うが、全てができる人がそれほどいるとも思えない。実際、研究はできるが経営が全くできない人、お金は集められるが研究ができない人など、様々な教授を存じ上げている。もちろん、全てができるスーパーマンみたいな方々も何人かは存じ上げているが、実はそれほど多くないのではと思っている。私の現在のボスも非常に優秀な人であるが、全てが出来るわけではない。

これって何かと似ているなと思ったら、日本の病院経営に通じるものがある。日本では、病院の院長は医師として医療サービスを提供し、かつ経営者として病院を経営している。しかし、両方を上手くできる人はそれほどいないと思われるので、経営戦略に長けた専門家が必要ではないかとの議論がなされ、院長を経営戦略面でサポートをする部署が出来たり、そういったコンサルが幅を利かすようになっている、と思う。もちろん、全てが出来るスーパーマンはどの世界にもいるが。なお、病院はそれなりに大きな組織だからこそこういった改革ができたが、個人商店はあまりに小さいので、こういった改革は難しいだろうと思う。

ともあれ、経営の視点?から研究者を見てみると、大学勤務の研究者は、個人商店の店主(教授)になれるまでは、どこかの個人商店で丁稚奉公をする。優秀な人は、丁稚(下っ端研究員)から番頭(講師、助教授)へと昇格し、独自の個人商店を開く機会を狙っている。なお、個人商店の店主の人格や経営に対する考え方は、丁稚や番頭の出世に大きく影響を与える。ずるい店主は丁稚や番頭の成果を全て横取りしてしまい自分の成果にしてしまうケースもあるらしいし、逆に成果を分配してサポートするケースもあるらしい。ただし、成果に関してはどちらかというと個人主義が一般的で、組織としての成果を出すというよりも、個人としての成果を重視する。

いちおう、大学という組織も存在し、経営面から見ると様々な機能が分化した部署もあり、さらにそこには様々な決まりごともある。大学には、数百人から千人以上のスタッフが勤務し、さらに数千人規模のお客様=学生も所属しているので、巨大組織とみなすこともできるとは思う。しかし、研究者を見てみると実態は違う。

あぁ、だから大学で生きるって、元サラリーマンの私には理解しがたい部分があるのかもしれないと感じている。

私はかつてそれなりの大企業にも所属していたし、国際機関も大きな組織だったが、そこでは個人商店的な色はきわめて薄く、組織として機能が分化し、それぞれの部署が(それぞれの社員・職員が)その能力を発揮することによって、組織としての結果を出せばよかった。しかし、個人商店では、組織としての結果を出す機会はあまりなく、個人としての成果が期待されている。これは個人主義で自由だとみなすことも出来なくはないが、やはり個人の能力には限界があるように感じるし、逆に組織として行動すると、個人の限界を超えてもっと大きなものに対して取り組めるように思う。さらに、大きな組織として行動すると、個人の人格や考え方に左右されることが少なくなり、もっと純粋に仕事に取り組めるようになると感じている。ただし、個人商店のほうが良い面もいっぱいある。何よりも自由だし、組織のしがらみに左右されることもない。また、大きな組織であればあるほど様々な手続きが必要になり何をするにも時間がかかってしまうが、個人商店だとそんなことを気にする必要はあまりない。

ということで、個人商店と組織のどちらが良いというものではないと思うが、両方を見てきたものとしては、組織として動くことのダイナミックさやチームワークの楽しさを、個人商店に取り込めたらすばらしいだろうなと感じている。

では、個人商店の集合体である大学に、企業のような組織体の概念を取り込めるのだろうか。個人的には無理だと思っている。偏屈な店主が多いから。。。うわっ大学関係の皆さま、失礼しました。
[PR]

by kototora | 2008-06-20 12:39 | miscellaneous
2008年 06月 19日

大学に勤務するということ

いま、家の賃貸契約の更新が2件同時に動いている。ロンドンで借りている物件と東京で貸している物件。それに、自分自身の不安定さも重なって妙に複雑。どこかで線引きをしなくてはならないのだが、なかなか難しい。来週早々には、そのうちの一部のある程度の方向性が見えるのではと少し期待しているものの、それにしても不確定な要素が多すぎ。唯一分かっているのは、私個人は相変わらず緊縮財政だと言うこと。

昨日の夕方同僚と話していて、如何に我々の待遇が酷いかという話になった。うちの大学は、大学としての知名度をさらに引き上げようと努力した結果(だと思われるが)、特にエントリーレベルのスタッフへの期待値だけが妙に大きくなってしまい、実態との乖離がひどい。具体的には、給料は非常に安いのにポストを得るための条件だけが妙に厳しくなってしまい、若手がなかなか集まらない状態になってしまっているようだ。また、すでに勤務している若手は、うちの大学で最下層のスタッフとして頑張るよりも、外に出るともっと上のポストでの就職が可能らしく、どんどん辞めて出ていってしまう。

したがって、妙に研究者の出入りが激しい。日本の大学だと研究者の流動性が少ないのが問題になっていたような気がするが、私の勤務先では逆にあまりにturn overが激しいので、今後、研究や教育の一貫性が問題になるのではと思っている。

私の周りでも、ほぼ毎月のように誰かが辞めては新しい人が入ってきているし、優秀なPhDの学生さんが大学に残るよう言われているにもかかわらず、躊躇しているケースも見受けられる。まあ、私のような下っ端スタッフが苦労している様を見てしまうと、ここの残るのをためらう気持ちもわからんでもないし、ambitiousな人だったら、わざわざ低いポストで修行するよりも、最初から良い役職を狙うのも当然と言えば当然。

かく言う私も、2年間じっと我慢して丁稚奉公をしてきたが、このままで良いのかと思い始めている。この先のあては全くないものの、将来を見越して少し動き出す時期になってきたのかなとも思う。とはいえ、一応はあと1年ちょっとは契約が残っている「はず」なので、そこまではここにいる予定ではあるが、人生何があるかは分からない。契約を打ち切られる恐れも無いとは言えないし、自分から打ち切る可能性も無いわけではない。心の準備はもちろんのこと、物理的な準備をそろそろ始める時期かも。

あぁ、とはいえ結果が出せていない。この2年間で結果を発表し損なった研究が2つ、発表直前で、諸般の理由で足踏みしている研究が3つもある。なんとかならんのか。。。
[PR]

by kototora | 2008-06-19 15:32 | miscellaneous
2008年 06月 18日

風邪ひいた?

先週の騒ぎが終わって気が抜けたからか、体調がすこぶる悪い。先週末から胃とお腹の調子がいまいちだったのだが、今朝から頭痛と軽い咳、さらに吐き気がするようになってしまった。それに加えて、持病の?腰痛も少し出てきたかも。やだなあ。とはいえ、次の仕事の締め切りが金曜にあるので、休むわけにはいかない。今日も仕事を家に持ち帰って、いまから仕事。頑張らねば。

同僚達は、サッカーのEuro2008で盛り上がっている。昼過ぎに、イタリア人とオランダ人、ドイツ人の女の子達がキッチンで大声で騒いでいたので、何事かと思ったら、サッカーの話だった。特に今日はイタリアとオランダのマッチがそれぞれあるので、ナショナルカラー(イタリアは青、オランダはオレンジ)の入った洋服を着てきたとか。あ、いま、イタリア対フランスの試合が始まった。仕事しながら見ようかな。

テレビで思い出したが、今週末からBBC2でTop Gearが始まる。今度はどんな突拍子もないことをしてくれるのか、楽しみだ。
[PR]

by kototora | 2008-06-18 03:51 | miscellaneous
2008年 06月 17日

プリペイドiPhone

プリペイド関連でもう一つ。英国O2では、どうやらpay-as-you-go 3G iPhone (Pay & Go, 日本風に言うとプリペイド)を発売するらしい。むむむ。でも、高いんだろうなー。それとも$199?

http://www.o2.co.uk/iphone/paygo

詳細は7月に入ってから発表されるらしい。ちょっと楽しみ。
[PR]

by kototora | 2008-06-17 11:33 | miscellaneous
2008年 06月 16日

プリペイド・ワイヤレスLAN

日経によれば、トリプレットゲートという会社が、コンビニのサンクスと提携して、6/18よりワイヤレスLANが利用できるプリペイドカードを発売するとのこと。月980円でかなりの場所(駅や店舗)で利用可能らしい。これは便利だ。帰国したら買ってみよう。ただ、どこで売っているのかな。都内48店舗のサンクスって。。。どこだ。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=191697&lindID=1

[PR]

by kototora | 2008-06-16 15:32 | life in Japan
2008年 06月 15日

今年こそは

Promsに行きたい。ざざっとチェックしてみたが、以下のコンサートには是非行きたいな。ちなみに9/3のコンサートはすでにほとんど売り切れ状態。ラトル&ベルリンフィルなので、当然と言えば当然か。今年のPromsの目玉の一つであることは間違いない。ううむ。どうしようかな。

なお、曲目的には8/28のコンサートが良い。春の祭典は大好きな曲の一つ。しかもマゼール。マゼールは確か10年以上前にやはりPromsで見た記憶有り。彼の指先から全身から音楽があふれ出るような、素晴らしい指揮だった。あの指揮はもう一度みたい。

Prom 57: Stucky, Gershwin & Stravinsky
Thursday, 28 August, 2008

 Steven Stucky Rhapsodies c
 Gershwin Piano Concerto in F major
 Stravinsky The Rite of Spring

 Jean-Yves Thibaudet piano
 New York Philharmonic
 Lorin Maazel conductor

Prom 62: Beethoven & Sibelius
Monday, 1 September, 2008

 Beethoven Violin Concerto in D major
 Sibelius Symphony No. 2 in D major 45’

 Nikolaj Znaider violin
 Gustav Mahler Jugendorchester
 Sir Colin Davis conductor

Prom 65: Brahms & Shostakovich
Wednesday, 3 September, 2008

 Brahms Symphony No. 3 in F major
 Shostakovich Symphony No. 10 in E minor

 Berliner Philharmoniker
 Sir Simon Rattle conductor
[PR]

by kototora | 2008-06-15 17:39 | life in London
2008年 06月 15日

ハイパめ「こをキュメめ「こをント

昨日は秘蔵の?シャンパンを飲みつつ、久々にネットサーフを楽しんだ。ここ数週間は、yahooのヘッドラインをたまにちらっと見るぐらいでだらだらとネットを見るのは自粛。もっとも、文献検索などでほぼ24/7ネットにはアクセスしていたが。テレビもほとんどつけていなかったので、世の中の動きに関する情報は、主に同僚との会話から得ていた。

ということで、昨日知ったのだが、来月3G iPhoneが日本でも発売されるようだ。ソフトバンクからとは意外だったが、それはともかく、大騒ぎなんだろうな。3G iPhoneは、デザインはもちろんのこと機能も充実しており、価格も低めに設定されている。非常に非常に魅力的だが、個人的にはあのタッチスクリーンは使いにくいと思う。反応がやや遅い感じがあるのでタイプのスピードは必然的に遅くなる。しかもタイプが遅いわりには、ミスタッチも多い。ささっとテキストを送りたいときとかにちょっと抵抗があるように思う。ま、もっとも慣れれば早く正確にタイプできるのかもしれないが。ちなみに個人的には、これまで使ってきた携帯の中では、テキストを打つにはBlackberryのqwertyキーボードに優るものはいまだに触れたことがない。あと、数字を打つだけだったら、昔ながらの10キーボードに優るものはない。

そういえば、先週vodafoneからアップグレードに関する電話が何度もかかってきた。現在の契約があと2カ月程度で切れるので、新たな契約に向けた売り込みなんだろうな。残念ながら英vodafoneはiPhoneは扱っていないので、キャリアをO2に変えるしかiPhoneにする手だてはない。もっとも、そこまでする必然性もあまり感じられないが。

ところで、タイトルの不可思議な文字の羅列、これは「The 3G iPhone survival guide」の最初の項目。CNET UKが作成したガイドで、もともとがおふざけ系なんだが、それにしても何故日本語の不可思議なタイトル?が必要なのか不明。よくわからないな。ちなみに、リンクは以下の通り。あまりにくだらないので、すぐに消える可能性大だと思う。ご興味のある方はお早めに。

http://crave.cnet.co.uk/mobiles/0,39029453,49297352-1,00.htm

[PR]

by kototora | 2008-06-15 13:32 | life in London
2008年 06月 14日

来月一時帰国します

昨日の興奮から一夜明け、いつもの生活が戻ってきた。本当はお祝いで豪遊でもしたいところだが、別に研究の結果がよかったからといって緊縮財政には変わりはなく、いつもと同じ食料品の買い出しをし、いつものように昼ご飯を作って食べた。

さらに、来月には研究データの収集を兼ねて日本に一時帰国するので、ここでお金を無駄に使うぐらいなら、日本で友人達と美味しいものでも食べた方がよい。特に、前回食べ損なった美味しい寿司は是非食べたい。

ということで、来月7月8日から31日まで、一時帰国します。今回はデータ収集で全国を飛び回る可能性があるので長めの滞在ですので、もしかして、普段は会えない方々にも会えるのでは、と特に根拠もないまま期待しています。もし、このブログをご覧になっていて、お時間がある方、会っても良いとお考えの方、何か用事のある方、などなど、ご連絡いただけたら幸いです。私からも、お会いしたい方々にはご連絡する予定です。
[PR]

by kototora | 2008-06-14 21:58 | life in London
2008年 06月 14日

I'm relieved!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

終わった!あーーーーーーーー、終わった!!!!!!!

実は、今朝一番で、私がこの半年苦しんでいた研究の発表会があった。先日出したpaperと一緒に、専門家達による評価を受けるのが目的。私がこの研究を今後も続けられるかどうかの非常に重要な評価なので、そのために先日も書いたが寝る時間を惜しんで頑張ったつもりだった。で、結果は。。。

予想外にも、ものすごく良いものだった。

これまで頑張った甲斐があったということかも。特に嬉しかったのが、コメントをくれた専門家の一人が、この研究は本になるね、と言ってくれたこと。研究者見習いとしては、こんな最大級の賛辞をいただけるとは、予想だにしなかった。あまりに嬉しくて呆然としてしまった。しかも、いつもは超厳しい上司からも、諸先生方からも、発表終了後に握手を求められたことも、ものすごく、ものすごく嬉しかった。

ああぁぁ、頑張ってよかった。ずっと悩みまくり、苦しみまくった研究だったが、これで最大の関門を一つ超えたと思う。あとは、本当に本になるような結果をだせるかどうかだが、これからの努力にかかっている。気を緩めないで、さらに頑張らねば!

ともかく、この週末はお祝いだ。さっきまで同僚達と昼間っからワインで乾杯した。かなり酔っぱらい気味だが、自宅の冷蔵庫には秘蔵?のシャンパンもある。明日にでも一人で祝杯をあげるかな。

あと、今日は、久々に電気を消して、パソコンを消してぐっすり寝ようと思う。それぐらいの贅沢は許されるはずだ。あぁ、ともかく嬉しい。
[PR]

by kototora | 2008-06-14 00:30 | work
2008年 06月 11日

tarte au cassis

先程、両親がロンドンから帰国の途に就いた。私は、仕事が超逼迫した状況で、かつ月曜には同僚も呆れ果て同情してくれるような信じがたいことも発生したりしたのだが、両親が居てくれたおかげで気分転換ができ、助けられてしまったように思う。

昨晩、その職場で発生した信じがたいことを両親に話していたら、気づいたらもっと深くて重い話をしてしまった。昨年来何度目かの重い話だったが、いつも普通に受け止めてくれる両親に、本当に本当に感謝している。しかも、ただ受け止めるだけではなく、本当はもっといろいろ主張してくれても良いと思うのだが、一歩も二歩も引いたところから見守ってくれている。私は、あなたたちの子供で、あなたたちが私の親で、本当に良かった。最近、よくそう思う。ありがとう。しかし、「後期高齢者」の仲間入りをしようかという年齢の両親を、いつも心配させるようなことばかりで、本当に反省している。自己嫌悪。

ちなみに、重い話を少しでも軽くするため?に、両親がイタリアから担いできたワインを3人で全部飲みきってしまった。すまん。でも、高級イタリアンワイン、美味でした。

今日は、私は午前中仕事に行き、午後空港に向かう前の両親とランチ。仕事があまりに忙しくて、彼らに全くつき合ってあげられなかったうえに、逆に重い話につき合ってもらってしまったので、出発前のランチぐらいは少し良いものをと思い、軽めの食事をご希望だったので、近くのBibendum Oyster Barに行った。

10年以上前に私がロンドンに住んでいたときも、このレストランでオペラ前に一緒に食事をしたねーなどと思い出話をしながら、軽めのランチをいただいた。注文した鴨も蛸も鶏肉も美味だったが、デザートに一つだけとったカシスのタルトが異様なまでに美味だった。カシスのタルトといえども、正確にはチーズケーキ(bakedではなく生のタイプ)のチーズ部分がカシス味で、チーズとカシスと甘みのバランスが実に実に絶妙だった。こんな美味しいケーキは日本でも海外でもほとんど食べたことがない。美味しいものが大好きな我々3人が、一口食べて皆絶句するぐらいの美味しさだった。

普段は全てにおいて控えめな両親だが、カシスのタルトがあまりに美味しかったせいか、夫婦二人で楽しそうにどんどん食べる様子を見てなんだか嬉しかったし、なんだか少しだけほっとした。

さて、いまから金曜の朝9時半までノンストップ。何があってもくじけず進まなければ。
[PR]

by kototora | 2008-06-11 04:04 | life in London