<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

アンチウイルスソフトAVG Freeアップデート

市販のアンチウイルスソフトを使わなくなって久しい。以前は、まじめにウイルスバスターやノートンなど、一般的なソフトを購入して、あるいはPC購入時についていた権利を使って利用していた。

これらの市販ソフトは、いったん使用期限が切れるとアナウンスメントが異様にうるさく、辟易していた。しかも、あまりにうざいのでソフトごと削除しようにも簡単には削除できず、削除したつもりで安心していたら、新バージョンを購入せよとポップアップが出て、死にそうになったこともある。これを回避するためには、たしか完全に削除する方法が丁寧に説明されたサイトを見つけだし、その手順に従わなくてはならなかった。この経験は、市販アンチウイルスソフトのあり方への不信感を募らせる結果となった。

とはいえ、これまでに、ウイルス感染の恐れありと数回警告を受けたことがあるので(実際には被害なし)、アンチウイルス機能は、ウインドウズマシンではやはり必要だと思う。しかも、アンチウイルスソフトがインストールされており、かつきちんとアップデートされていないと、ウィンドウズからも度重なる警告が来て、非常にうざい。なお、建前上はマックでは不要らしいが、たしかマック対応のウイルスが発見されたというニュースをどこかで読んだような気がする(間違っていたらごめんなさい)。

しかし、数千円とはいえども毎年お金を払い続けるのはどうも納得いかず、数年前に無料のアンチウイルスソフトを捜しまくって見つけたのが、AVGというアンチウイルスソフトの無料バージョンだった。

これは、ノートンやウイルスバスターと同じような市販アンチウイルスソフトAVGの無料版で、機能は限られるものの、毎日ライブラリのアップデートもしてくれるし、メールのチェックはもちろんのこと、HDD内のチェックも定期的に行ってくれる。実際、一度ウイルスらしきものを発見して警告してくれたこともあるので、いちおう機能しているんだと信じている。しかも、これさえ入れておけば、ウィンドウズも満足しているようで、警告を発しない。さらに、使用期限が切れることもなく、お金を払えとも言われない。

ということで、このAVG Freeは私にとっては理想的なアンチウイルスソフトであり、その機能と利便性、コストパフォーマンスに非常に満足していたのだが、数週間前から、PCの電源を落とす度に、このAVGからバージョンアップの案内のポップアップが出るようになった。ざっと見ると有料版らしき内容なので、私とは関係ないのにうるさいなあとむかついていたのだが、試しにサイトにアクセスしてみると、無料版もVer7.5からVer8.0にバージョンアップしていた。

ということで、この最新バージョン(もちろん無料版)をインストールしてみて、使い始めてみている。前バージョンからの機能の違いは不明だが、インタフェースは多少変わった。今回のバージョンも、以前と同様に、お金も手間もかからず、それなりのウイルスチェックをしてくれると良いと思う。

なお、私のように、市販のアンチウイルスソフトに不信感をお持ちで、アンチウイルスソフトごときに年間数千円も払いたくないという方がいたら、おすすめ。お試しあれ。
[PR]

by kototora | 2008-04-30 23:31 | miscellaneous
2008年 04月 27日

My Old Dutch

昨日のロンドンは実に良い天気だった。最高気温もおそらく20度を超え、Tシャツの人も多く見かけた。街にもどっと人が繰り出し、すごい混み合いだった。

そんななか、母校の日本人留学生の方々とランチ。場所は、実は私がご紹介したパンケーキ屋さん「My Old Dutch」のHolborn店。

My Old Dutch・Holborn店
132 High Holborn
London
WC1V 6PS
Tel: 020 7242 5200

こちらのお店は、同僚のオランダ人絶賛のお店で、我が家の近くのChelsea店には何度か行ったことがあり、私も非常に美味だと思う。パンケーキはかなり大判。直径は軽く30cmはあるものの、生地が非常に薄いので、一人一枚はいける。どちらかというとクレープっぽい。さらに、いろんな味(トッピング)があるのでいつも迷いに迷う。昨日は大人7名、お子さま1名だったので、違う種類を6枚(甘くないの5枚、甘いの1枚)を選び、みんなでシェア。美味だった。このお店は大人数で来てシェアが良いかも。皆さんも満足していただけたようでよかった。

ランチも終わり、19番バスでまっすぐ帰ろうと思ったら、HolbornからTottenham Court Road近辺は道路工事だらけで、バス停に行ったらここには停まらないとの表示。どうやら工事の影響でルートが変更になった模様。困ったなーと思いつつ、すごい人混みをかき分けてSoho方面に行き、中華街の横のバス停からバスで帰宅した。

バスに乗る前に、せっかく中華街まで来たので、食材の買い出しをと思い、中華街のど真ん中の大きそうなお店に入った。お目当ての?白菜はすごく立派なのがあったので迷わず購入。あと、空心菜にもかなりそそられたのだが、調理が意外に難しいので(すぐ黒くなってしまう)、今回はパス。

ちなみに、この店は生肉も扱っていたせいか、中華食材店の独特の臭いが何倍も強烈になったように、ものすごく臭い。日本食材もかなりあったので、もう少し見たかったのだが、あまりの臭いに早々に退散した。

帰りのバスの中で、文献を読みながら窓の外を眺めて、天気の良い休日を満喫。途中のGreen ParkもHyde Parkも芝生で寝ころぶ人たちでいっぱい。気持ちよさそうだったなあ。思わずバスを降りて芝生でしばし休もうかと思ったのだが、思い止まり帰宅した。だれか一緒にいたら、間違いなく降りたと思うんだが。いま考えるとちょっと残念だった。
[PR]

by kototora | 2008-04-27 16:22 | gourmet & travel
2008年 04月 26日

3G iPhoneなど

以下、各種ニュースサイトの記事(英文)を斜め読みをしたさいに、気になったもの。ただし、仕事の気分転換でざざっと見た記事を、しばらくたってからおぼろげな記憶をもとに書いているので、間違っていたらごめんなさい。

先日、英国O2でiPhone(8GB)の大幅値引きのニュースを投稿したが、どうやらほぼ売り切れたらしい。なお追加入庫の予定はなく、8GBの第一世代iPhoneは、少なくとも英国ではそのまま消えていく運命らしい。ちなみに、8GBのiPod Touchも同様とか。

第二世代iPhoneの詳細が明らかになりつつある模様。もちろん3G対応でGPSも搭載されるとか。現行モデルよりもややぽっちゃりで、裏面は黒一色になるとのこと。たしか英国版のengadgetに写真が出ていたな。

追記:どうやらengadgetの写真はガセらしい。なんでも、iPhoneのケースではないかとの話もあり。ということで、第二世代iPhoneのデザインに関しては、まだ分からないと言うべきかも。

3G iPhoneの発売と前後して、3G/wifi Blackberry(Blackberry 9000シリーズ?)の発売も噂されているらしい。むむむ。興味深いな。

iMacが来週にもマイナーチェンジするらしいとの噂。さらに、MacBook/MacBook Proのモデルチェンジのウワサもちらほら。たしかにMacBook Proは大幅刷新されても良いと思う。

IntelのCPUの大幅値引きに対応し、ThinkPadの一部が大幅値引き。ちょっとそそられる。しかし、同じIntelのCPUを使っているのに、なぜApple社製品は値引きしないんだろう。やはり新型にモデルチェンジするのを待っているのか。

最近、小型ノートPC(UMPC: Ultra-mobile PC)が注目されているらしい。ASUS Eee PCというのが特に注目されているようだが、面白いのが欧米で注目されていること。これまでは、欧米ではノートPCとはいえどもフルサイズのキーボードと大画面が中心で、小型ノートはどちらかというと異端だった。実際、私の同僚達のノートPCはほぼ間違いなく14インチ以上のフルサイズ。だからMacBook AirやThinkPad X300が生まれたと思ったのだが、何かが変わりつつあるのか?

ちなみに、UMPCはサイズの関係でどちらかという非力なものが多いように思うが、HPの2133 Mini-Note PCというシリーズはちと違うらしい。このシリーズ中最も強力なマシンには1.6GHzのCPUに2GBのメモリー、さらに120GBのHDDを搭載して、お値段$749。これは良いなあ。ただ、CPUはIntel製ではなくVIA C7-M ULV processorなるもの。どうなんだろう。
[PR]

by kototora | 2008-04-26 11:10 | miscellaneous
2008年 04月 25日

Eamesの記念切手

が欲しい。でも、アメリカ以外では入手不可能なんだろうなー。あ、しばらくしたらebayとかに出そうだな。いずれにせよ、祝100周年。

http://www.eamesgallery.com/stamp.html

明け方4時になにをしているんだか。。。
[PR]

by kototora | 2008-04-25 12:03 | miscellaneous
2008年 04月 24日

鳥の声と衣替え

ロンドンもようやく暖かくなってきた。週末の最高気温は18~9度予想。先週ぐらいから、早朝に鳥の鳴き声がよく聞こえるようになっている。春を感じさせる一瞬。フラットの斜め前にある八重桜が満開なので、そこに集まってきているのだろうか。

鳥と言えば、我が家の周りにはカモメが良く飛来する。海から遠く離れたロンドンでなぜ、と思うが、なんでもテムズ川はロンドンのあたりまで海水があがってきており、そのため川の水が黒く濁っているらしい。テムズに海水があるので海にすむ小動物も生息し、カモメもやってくるという図式なんだろう。ちなみに、我が家はテムズ川から徒歩10分程度。もしや「海」に近いとも言えるのかもしれない。

いずれにせよロンドンもやっと春らしくなり、厚手のコートから解放されそうで嬉しい。

さて、そろそろ冬物をしまう季節。冬物と言えば、長年愛用しているゼニアの皮コートが壊れかけているようだ。先日着ようと袖を通したら、どこからともなく金属の部品?がぽろりと落ちてきた。これで二度目。一度目は部品のあるべき所を特定して元に戻したが、今回はどこの部品かは不明。どこから降ってきたんだろう。あと、裏地もすり切れてきたし。。。そろそろ引退かなあ。でも、これはもっと長持ちして欲しい。なんせ思い出したくないぐらい高価だったから。

もう一つ、10年以上前にロンドンに住んでいたときに購入した、ちょっと思い出のあるコートが本当によれよれになってしまった。これまでも、何度か廃棄しようかと検討しては踏みとどまっていたのだが、今年で引退させようと思う。ちょっと寂しいのだが。

ところで、私の手持ちの冬物を見ると、日本ではよく使っていたがこちらではほとんど使わないものがある。その最たるものが厚手のインナー。用語が正しいのかどうか分からないが、要は厚手の(例えばウールの)シャツやセーター。あと、トレーナーも。

これは、建物内の気温の差によると思われる。日本では、家でも職場でも冬は比較的寒く、真冬はトレーナーなどを着て羽布団をしっかりかぶって寝ていたし、職場でも厚手のスーツがちょうど良かった。それに対して欧州では、セントラルヒーティングが発達しているせいか、真冬で雪が降っていても、すきま風が入ってくる私のフラットですらTシャツ・短パンで過ごせるし、職場でも真冬に暑すぎて窓を開けることもしばしば。

したがって欧州にいると、しっかりとした厚手のコートが必須で、コート内の厚着はそれほどしなくても良い。あ、もっとも一日外出してたりすると、もちろんコート内もしっかり厚着が必要だが。それに対して日本では建物内の気温が比較的低めなので、少なくとも私は、それほど厚手ではないコートに、比較的厚手のインナーをしっかり着込む傾向にあったようだ。ということで、かなりの数の厚手のインナーは、この冬も使われないままにまたクローゼットの奥にしまわれる羽目に。来年は出さなくても良いかもな。
[PR]

by kototora | 2008-04-24 16:45 | life in London
2008年 04月 22日

Cozy suite

Gizmodo USAより。

http://gizmodo.com/382292/delta-cozy-suite-seats-make-economy-class-semi+tolerable

上のリンクによれば、Delta航空では新しいデザインのエコノミークラス用シートの導入を計画しているとのこと。これは良さそう。私にとってのエコノミーの問題は、空間の狭さとプライバシーがほぼ無いことだが、少なくともプライバシーの問題はかなりクリアできそうな気配。各社での導入が望まれるデザインだが、リクライニングしなさそうなのがちと気になる。短距離便専用?

あぁ、こんな感想を書いている場合ではないのだが。週末からやや逃避モード。週末に、久々にBBCの傑作コメディ、Only Fools and Horsesの1996年放映分のDVDを同僚から借りて観てしまった。やはり面白いなあ。これに関しては別の記事にしようと思う。それはともかく、ネットサーフは終わりにして仕事に戻らねば。

仕事に戻るまえに、近況を二つ。

昔から使っていたiPod nanoがほぼ壊れた模様。最近ほとんど使っていなかったのだが、先週末に久々に使ってみたら、どうもすぐにフリーズしてしまう。何度再起動してもリセットしても同じ。ソフト面っぽいトラブルだが、ハード的な問題のように思える。3年以上かなりハードに使ってきたので、そろそろ寿命かも。

職場での火災報知器に悩まされている。先週は4回も鳴り、その都度屋外に退去させられた。金曜が特にひどく、午前と午後に一回ずつ。昨日月曜も夕方に。同僚の話では、隣接しているビルの改築工事の影響であろうとのことだが、あまりに多すぎ。なかには外に出ることを拒否する同僚も出る始末。なんとかして欲しい。
[PR]

by kototora | 2008-04-22 09:40 | gourmet & travel
2008年 04月 20日

たぬき煎餅と仙太郎

備忘録として。

一時帰国からロンドンに戻る際に、姉から麻布十番・たぬき煎餅の「元気狸」(黒こしょう味)と「天間狸」(ガーリック味)をお餞別?としてもらった。昨日、最後の「元気狸」を食べ終えたのだが、どちらも非常に美味だった。東急東横店に支店があるらしく、姉のお気に入りらしい。hpを見ると様々な商品があるようなので他も試してみたい気もするが、ともかく大人向けの?この二つのお煎餅は、実に個性的で美味しかった。ビールのおつまみとしても良いし、おやつとしてお茶と一緒でも良い。おそらく外人にも受けるのではないかと思うので、次回の同僚達へのお土産候補の一つ。

同じく東急東横店にある和菓子屋の「直中・仙太郎」はいつもご年輩の方が列をなしているので、おそらく人気店なのだろう。帰国時には、季節柄ということもあり、桜餅と草餅(商品名はたしか違う名前だった)を、わざわざ並んで買った。やはり美味だった。さらに、姉からの差し入れでおはぎ(商品名は「ぼた餅」だったような気がする)をいただいたが、こちらが非常に非常に美味だった。絶妙の甘みとほんのりとしその香りがして、こんな美味しいおはぎをいただいたのは久々だった。なぜこの大判のおはぎがいつも飛ぶように売れているのか、ようやく分かった。次回の帰国時にも食べたいものの一つ。
[PR]

by kototora | 2008-04-20 18:24 | gourmet & travel
2008年 04月 20日

転機

最近、昔の知り合いのお二人が、別々の知り合いだが、仕事を変わられるとの話を聞いた。お一人はすごいご栄転。ずっと狙っていた(であろう)ポストを見事に手中にし、大喜びでの異動なのであろう。もっと古い知り合いのもうお一方は、どちらに行かれたのかは不明だが、これまで頑張ってこられたポストを辞されたとの話を風の便りで聞いた。

どちらも大変優秀な方々なので、おそらく新天地でも大いに活躍されることと思う。そうお祈りしている。また世界のどこかで、一緒に仕事をしたり、お目にかかる機会があれば良いなと思う。そのためには、自分も頑張らねば。

などとぼんやり考えていたら、非常に非常に興味深いポストが求人になるはず、と人づてに聞いた。いまの自分の個人的な状況とキャリアを考えたら、なかなか、かなり良いポストだと思う。しかし、いまの職と研究を辞してまでトライすべきかどうかはかなり疑問だし、修行半ばでそんなことを考えること自体が、現実から逃げているようで抵抗もある。残念ながら今回は見送ろうと思うが、あぁ、少し惜しい。いや、かなり惜しい。もっとも、アプライもしていないし、おそらくは高倍率になるであろうその職を、修行中の自分がとれるとは思えない。捕らぬ狸だな。うん。

ところで、昨日購入した貴重な薄切り豚肉は、近くのWaitroseで購入したもやしを使って、昨日の夜は豚肉・野菜炒めにした。美味しかったが、薄切りにしても、豚肉の味はやはり英国の豚肉。日本の豚肉とは違うんだな。先日の帰国時に実家で食べた黒豚の味が舌に残っていたので、なんとなく違和感。でも、とにかく調理しやすいのが嬉しい。

ちなみに、肉の味を日欧比較すると、ヨーロッパの鶏肉は、日本の鶏肉に比べて非常に非常に美味しいと思う。普通の鶏肉で大幅に味が違うので、奮発してこちらのオーガニックの鶏肉などにすれば、もはや違うもののように感じる。牛肉はまあ日本の方が美味しい。もちろん、高級和牛のような脂たっぷりがお好みであれば断然日本のほうが良いが、欧州の赤身肉もなかなか捨てがたい。ということで、これは好みによるかもしれない。

豚肉は、個人的には日本の方がどちらかというと好き。欧州の豚肉はかなり匂いが強く、ネギやショウガなどにおい消しの量を多めに投入する必要がある。あと、なぜか豚肉って、少なくとも英国ではあまり重視されていないように思う。売り場面積は、どのスーパーでもおそらく、鶏肉>牛肉>豚肉の順であり、うちの近くのM&Sにいたっては、鶏肉>牛肉>ラム肉>豚肉の順だと思う(ベーコンなど加工肉除く)。豚肉美味しいのになあ。不思議だ。
[PR]

by kototora | 2008-04-20 17:17 | myself
2008年 04月 20日

薄切り豚肉

とりあえず、仕事の大きなヤマを一つ超えたので、久々にピカデリーの和食材屋さんまで買い出しに出かけた。目的は、最近近くのスーパーで見かけなくなった大きめの醤油を買うのと、折角美味しいお米があるので、納豆を。

で、目的の品を手に入れて店内をうろうろしていたら、薄切り豚肉のパックを見つけた。日本から持って帰った超辛い豚しゃぶ用のドレッシングもまだ山盛りあるし、野菜炒めをしても良いなあ。。。とぼんやり眺めていたのだが、気づいたら2パックもかごに入れてしまった。ううう。まあたまには贅沢も良いかな。

しかし、隣にあったちょっとしなびた白菜も買ってしまったのは、ちょっと余計だったかもしれない。家に帰って改めて見ると、あまりに貧相。ううむ。

とはいえ、久々の薄切り豚肉と白菜だ。どうしようかな~。それに、納豆に美味しいお米!楽しみだ!!ささやかすぎてかなーり情けないが、でも楽しみなのは楽しみ。
[PR]

by kototora | 2008-04-20 00:08 | life in London
2008年 04月 18日

iPhone値引き

イギリスでiPhoneを販売しているO2で、今週からiPhoneの8GBモデルに対して£100の値引きが始まった。このキャンペーンは6月1日までとのこと。iPhone購入のチャンスなのかもしれないが、高額のプランに加入しなくてはならないのは相変わらず(月£35より)。

ウワサによれば、6月に待望の?3G iPhoneが登場するとのことで、そのための在庫一掃セールなのか、3G/非3Gの価格差を付けるための措置なのかは分からないが、新型が出るにあたっての値引きなのはほぼ間違いないらしい。

ということで、3G iPhoneの登場はほぼ確実らしい。3Gであれば日本でも使えるので、なかなか魅力的ではある。また、現在の携帯の契約があと数ヶ月でちょうど満期(2年)になるので、キャリアを代えたり機種を代えるチャンスでもある。

では、3G iPhoneにするかというと。。。実はあまり魅力を感じなくなったので、iPhoneはたぶん買わない。

理由は単純で、携帯電話に多くを求めるのに違和感を感じるようになったから。私にとっての携帯は、あくまで緊急連絡用のツールであり、あとはたまにメールやSMSを利用する程度。音楽を聴こうとか写真を撮ろうとかあまり思ったことはない。iPhoneにすると、当然音楽や映像を入れてiPodのかわりとして使うことになると想像するが、でもiPodは音楽専用の方が、特に理由はないが、しっくりする。

もちろん、オールインワンの便利さは認めるが、仮にそれが壊れたときのダメージは計り知れない。電話はおろか音楽も聴けず、日本では電車にも乗れなくなる(人もいる)。また、私の想像だが、いろんな用途で使っているとバッテリーの減りも相当早いと思われ、とするとほぼ毎日のようにバッテリーの残量を気にしなくてはならないかもしれない。

あと、おそらく自分は、小さな機械一つにいろいろと左右されるのがイヤなのかもしれない。小さな機械に様々な機能が詰め込まれているのは素晴らしいが、当然選べるオプションは限られる。別にそこまで詰め込まなくても、もっと広いオプションから選んだ方が、なんとなく自分にはあっていると感じる。

ちなみに、8月末の現在の携帯の契約満期にあたって、機種を変更しようと思っている。今年は外出することが多くなると思っているので、再びBlackberryにしてもよいかな。ただし、3Gとwifiに対応した機種がどちらかというと良いが、Blackberryでは3G/wifi対応の機種は、まだ無い。。。とすると、iPhone??いやいやいや、そうはならない、はず。
[PR]

by kototora | 2008-04-18 15:45 | life in London