<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 28日

地震など

地震 - 昨晩、英国北部で25年ぶりに大きな地震があったそうな。"measuring 5.2 on the Richter scale"とのことだが、これは日本で言う「震度5.2」なんだろうか。ともかく、地震のあった時間は確実に起きていたが、気づかなかった。同僚でも気づいたのは半分ぐらいだったので、ロンドンはあまり揺れなかった模様。

Once - 映画「Once」がアカデミー賞の音楽賞をとった。なんか嬉しい。そういえば、DVDがそろそろ英国でも発売になるはず(米国では発売済み)。これは買おうかな。ちなみに、アカデミーの主演女優賞を取ったMarion Cotillardは、「A good Year」に出ていた人。いかにもフランスの美人って感じで結構好き。

一勝一敗 - 先日靴がダメになった話をアップしたが、とうとう靴を買った。しかも通販で。だって、Merrell(ジャングルモック)とTimberland(革靴)がどちらも激安の25ポンド(5千円)だったから。届くまでは偽物がくるんじゃないか、中古がくるんじゃないかとひやひやしたが、新品だったし見るからに本物。そこまでは良かったのだが、Merrellのジャングルモックだと思って買ったのが。。。ジャングルモックだったのだが、靴の中が毛に覆われている極寒仕様だった。ううむ。返品すべきかどうか迷い中。さすがにここまでの極寒仕様はいらないのだが、なんかちょっとかわゆいので、残しても良いかなとも思う。ちなみに、Timberlandのほうは大当たりだったので、一勝一敗。

Taro Hakase - 以前の投稿で、こういった名前のバイオリニストがロンドンで公演するという情報をさりげなく載せたが、日本でどちらかというとポップス系で有名なTaro Hakaseさんだった。なぜロンドンで?なぜがちがちのクラシックのリサイタル??よく分からんが、チケットはsold outらしい。もしや世界的に人気があったのか?それとも、日本人コミュニティの力??疑問符だらけ。でも、(怖いもの見たさ、野次馬根性的には)ちょっと行ってみたい。

徹夜 - 相変わらず一日おきに続いている。実はけっこう遅れ気味。予定通りの進行って難しいと実感。というか、そもそもの予定に相当無理があるのは分かっているのだが。頑張らねば。
[PR]

by kototora | 2008-02-28 10:30 | miscellaneous
2008年 02月 27日

ThinkPad X300出た

ThinkPad X300発表されたみたいですね。超忙しいので、ざざっと紹介記事を見たうえでも素朴な感想。

MacBook Airと同様、いらない。

理由は単純で、値段高すぎ、遅い、容量小さい。パソコンに35万円も出すなんて、個人的にはありえない。しかも、そんなに高い割には1.2GHzに64GBですか。。。なんとも欲しくならないスペックだ。

ちなみに、同じXシリーズでも、もっと高速なX61がある。レノボのサイトによると、2.2GHzで160GBで。。。えええ、いまだったら119,910円!? 1000台限定だそうだが、安っ。もし買うとしたら、絶対こっちだなあ。買わないけど。

ただし、X300で気になったのが、DVDドライブが「拡張ベイ」と書いてあるってことは、もしや取り外し可能?で、もしやTシリーズのようにバッテリーやHDDドライブに入れ替え可能??だったらいいな。あと、ThinkPadなので、HDDドライブもおそらく簡単に交換可能だと思われるので、それだったら大容量HDDに入れ替えることも可能かも。だとしたら、まあ魅力的。

最近、CPU速度とHDD容量が重要だと感じている。いま使っているMacBookの大容量・高性能に慣れてしまったので、いまや手持ちのThinkPad X40の出番がほとんどなくなってきてしまった。軽くて小さいけど、遅いし、HDD小さすぎ。特に、Office2007にして以来、WordやExcelを単に立ち上げるだけでもたつくので、それだけでなんだかがっかりしてしまう。あ、でも考えてみたら、X300のスペックってX40とほとんど同じだ。私のX40は、たしか1.4GHzで60GBで12万円だった。X300は、1.2GHzで64GBで35万円?いろいろ新技術が盛り込まれ、大画面での値段とはいえ、うううむ。やっぱし、高いし遅いし容量小さい。

しかし、印象としてはXシリーズというよりもTシリーズなんだよな。おそらくは、スペック重視のTシリーズと比較するとあまり遅いCPUを採用してしまったため、Xシリーズになったのではと見てしまうんだが、違うのかなあ。
[PR]

by kototora | 2008-02-27 09:41 | miscellaneous
2008年 02月 25日

眠い

あぁ、たまらなく眠い。もう、これ以上コーヒーは飲めないし、チョコも食べらんない。

コーヒーは先週から毎日1リットル以上飲んでる。もうね、汚い話で恐縮ですが、コーヒーの飲みすぎでおなか壊しました。あと、Red bullも試してみたけど、あまり好きな味じゃないし胃が痛くなる。しかも、覚醒効果は私にはそれほどないみたい。ということで、八方塞。

あああ、体が悲鳴をあげているな。

ところで、昨晩、というか今朝早朝、仕事で一つbreakthroughあり。もしかして、ここ数ヶ月探し続けていたものを見つけたかもしれない。早速関連文献を探し出して保存。明日の朝一番でプリントアウトして、読まなきゃ。またまたやることが増えたけど、これは嬉しい。この発見が正しい方向であって欲しい。そうじゃなきゃ、辛すぎる。

ちなみに、正しい方向かどうかは。。。誰もわかんない。というか、正しい方向に自分でしなくちゃいけない。そのためには、もっといっぱい読んで考えなきゃ。抽象的過ぎてごめんなさい。具体的に書くのは、このブラウザの後ろに鎮座しているWordでやっている真っ最中。

しかし、この全く聞いたこともない事柄を、この鈍った頭で理解し、まとめ、さらに応用しなくてはならない。ううむ。できるんかいな。でもやんないと。頑張ります。

ちなみに、いま一番欲しいものは、時間でも睡眠でも仕事の結果でもありません。何かはナイショ。誰も興味ないと思いますが。それがいま手に入ったら、おんおん泣いちゃうだろうな。ま、そんな簡単に手に入るものではないので、ほぼあきらめているんですが。

あ、今朝注文したアマゾンの本が届いた。送料に16ポンドもかけただけあって、注文してから8時間ほどで到着。優秀優秀。眠気覚ましもかねてレセプションに取りに行こう。
[PR]

by kototora | 2008-02-25 00:42 | work
2008年 02月 24日

一日48時間

仕事がものすごいことになっています。一日48時間じゃ全然足りない。60時間ぐらい欲しいなあ。こうなってしまったのは、多少は不運もあったものの、自分に問題あり。しょうがない。なんとかしないと。

ということで、今週前半からあまりきちんと寝ていません。と言っても、徹夜すると翌日は必ずダウンしてしまって数時間眠りこけてしまうので、まあ寝ているほうかも。

この状態がいつまで続くかは分かりません。一月以内に終わって欲しい。とりあえずの節目は来週後半、金曜ぐらい。そこでさらにやばくなるか、ある程度改善するか分かるはず。当然、後者になるようにこれから6日間、死ぬ気で頑張らねば。

そんな折、昨晩仮眠を取ってしまったときに、かつて、ずいぶん前にとても親しかった人と、以前そうしていたように、笑顔で馬鹿話をしている夢を見ました。無性に当時のその人に会いたくなりました。あと、先ほどから眠気覚ましにかけている音楽にふと耳を傾けたら、その夢が頭から離れなかったこともあり、なぜか涙がつーっとこぼれました。

。。。相当、やばいっす。

プレッシャーに押しつぶされそうなのが良く分かる。でも、負けるもんか。

こんなときは、食べよう。うむ。食べて気合を入れなおして、この難問に取り組んでやる。ということで、ご飯作ります。
[PR]

by kototora | 2008-02-24 00:39 | work
2008年 02月 19日

Fire alarm

さっき、職場で火災警報が鳴ったので、またいつもの演習だろうとみんなで悪態をつきつつぞろぞろと階段を下りて外へ。寒いなかしばらく立ち話をしていたら警報が止んだので、またみんなでぞろぞろとオフィスに戻ったら。。。

なんか焦げ臭い。

というか、これ、トーストの焦げた匂いだよねって言っていたら、うちのフロアのキッチンから消防士が二人出てきて、誰かがトースターを付けたまま放置していたらしく、キッチンに煙が充満して警報器が作動したとのこと。危ねえなあ。本当の火災(寸前)だったんだ。。。

しかし、これで警報器がきちっと働いていることが分かった。無駄にしょっちゅう外に追い出されているわけではないということだな。

教訓は、トースターには注意。。。かな。職場のトースターは一度も使ったことがないが(ということで、私が犯人ではないと思いたい)、自動でオフになる機能ぐらい付いていても良いと思うんだが。

なお、今日はMacBookをデスクに置いて外に出たけど、今度からは持って出るようにしよう。これも教訓かもしれない。バックアップはなるべく取るようにしているが、それでも消失すると悲しいデータが満載。あ、10日ぐらいバックアップしていないので、バックアップしよっと。
[PR]

by kototora | 2008-02-19 23:00 | work
2008年 02月 18日

choi sum

我が家の周りにはアジア系の野菜がどうも少ない。チンゲン菜と長ネギ(というかポロネギ)はM&SとWaitroseのどちらでも手に入るが、白菜はピカデリーまで行かないと無い、たぶん。あとはもやしとえのき、しめじがWaitroseで手に入るぐらい。ということで、和風にするときにはどうしてもチンゲン菜を使いがちなんだが、昨日M&Sに行ったら、チンゲン菜すらなかった。久々にお米が食べたくなったので、和風の料理に合う野菜を探していたのだが。。。

で、その代わりにあったのが、choi sumという野菜。見た感じ小松菜のような感じなので、とりあえず買ってみたが、どうやって食べてよいのかも分からず、小松菜だと信じて豚肉とにんにくと一緒に炒めてみた。

あ、美味しいな、これ。

苦味とかくせがほとんどなく、食べやすい。本当に小松菜なのかもしれない。でも、小松菜を長らく食べてないので、どんなんだか実は覚えてないんだが。

ここのところ、仕事のプレッシャーで押しつぶされそう。そんな中、今日は久々に友人との会話を楽しむことができた。良い気分転換もできたし美味しいものも食べた。さ、仕事だ。
[PR]

by kototora | 2008-02-18 05:09 | life in London
2008年 02月 16日

外部入力端子のないiPod Dockを活用する

先日、同僚から液晶モニターを格安で購入し、テレビとして使い始めた話を投稿しましたが、このモニター、スピーカーがないので、スキャンコンバータに内蔵されているしょぼいスピーカーで細々とテレビ音声を聞いていました。

このしょぼいスピーカーがまたひどく、中学生の時に作ったAMラジオのほうがまだましだろうと言う音なので、安いスピーカーでも買おうかと思ったのですが、せっかく使っているTannoyのスピーカーもあるのに安いスピーカーもないよなということで却下。一瞬、アンプ内蔵の高級スピーカーの購入も検討したのですが、高いのでこちらも却下。あと、無駄にものが増えるのもいやだったし。

ということで、現状のガジェットの活用できないかと検討開始。目標はTannoyをテレビ音声用としても使うこと。ちなみに、TannoyにはScandynaのThe DockというiPod用ドック&アンプを接続しているのですが、これ、外部入力端子(Aux in)がないというまさにiPod専用。ちなみに、The V Dockという新しい製品にはAux inが付いているそうな。ちっ。

ともあれ、なんとかこのThe Dockを活用できないかとぐぐってみたら、あっさり解決策が見つかりました。それは、Griffin Dock Adapter For iPod Shuffleというもの。これは、2nd gen iPod Shuffle専用のドックアダプタなのですが、どうやら普通の3.5mmのオーディオ端子が接続できそう。

ということで、こちらのアダプタをお買い上げ。£13と安いし。本当に使えるかどうかどきどきだったのですが、無事ドックにもきちっと収まり、音もきっちり出る。2500円無駄にしなくてすみました。よかったよかった。

ただし、上記リンクあるいは下の写真を見ればお分かりのように、このアダプタからはオス端子が突き出ているので、普通の(オス端子の)ケーブルでは接続できない。ということで多少工夫が必要でした。ちなみに、工夫といっても別にたいしたことではなく、単にオス端子同士を接続するために、メス端子が両側についているアダプタを購入しただけ。こちらは、英国アマゾンでなんと£0.01(2円)だった。あ、送料が£4かかったのですが、それでも激安。

いずれにせよ、総額£20以下でテレビ音声を既存のスピーカーで聞くことに成功しました。肝心の音は、もちろんgood。ちょっと嬉しいな。なお、iPodを聞いていてテレビを見たいときは、iPodをドックから引っこ抜き、ドックアダプタを入れる必要があるので多少面倒と言えば面倒だけど、許せる範囲。

ということで、我が家のオーディオ&TVシステムですが、まとめると以下のような感じ。

b0020299_17585663.jpgb0020299_1852253.jpgb0020299_17532044.jpg





 ↓
 ↓
b0020299_189696.jpg









 ↓
 ↓
b0020299_18132865.jpg







 ↓
 ↓
b0020299_18224679.jpg






 ↓
 ↓
b0020299_18231726.jpg







 ↓
 ↓
b0020299_18233854.jpg





あぁ、画像のアップで疲れてしまった。なんかうまくいかないなー。見づらくてごめんなさい。

ちなみにこのシステムにすると、上記では紹介していないDVDデッキもあるので、あわせてリモコンがなんと4つも必要なのですが(モニター、DVD、スキャンコンバータ、The Dock)、以前紹介した統合型のリモコン一台ですべて事足りるのですごく便利。電源を一気にオンオフしたり、ほかの機器を使いつつボリュームを調節したりもできる。

ふい、無駄な時間を使ってしまった。単に普通にテレビを買えばこんな苦労はしなかった。。。だろうな。ううむ。時間費用を考えるともしかしてコストもあまり変わらなかったかも。ちと反省。さあ、仕事だ。
[PR]

by kototora | 2008-02-16 18:44 | life in London
2008年 02月 14日

Urgent, as usual

月曜の夕方、上司が私のデスクにやってきて、ずいぶん前にやったとある分析をレビューしたいとのこと。で、なんのことだろうと思いつつ話を聞くと、この分析をレビューしなおして、2日後の水曜にハンガリーでプレゼンをするらしい。聞いてないよ。。。

ともかく、相当動揺しつつ一緒にレビューを始めたら、数ヶ月前に彼と一緒に考えた(というか彼の意見をもとに作った)分析手法にいちゃもんを付け始めた。。。おいおい。数ヶ月前の彼の意見は、特定の部分にのみフォーカスして分析しようとしていたのだが(包括的な案を最初に私が作ったのだが、彼がそれを嫌った)、今回のレビューで包括案に逆戻り。個人的には包括案をそもそも考えていたので、同意。

しかーし、分析手法を変えると、もちろん分析内容も見直さなきゃいけないことになる。ということで、与えられた時間は、月曜夕方から水曜の早朝までの36時間弱。この仕事、たしか1ヶ月近くかけたんだよなーと思いつつ、仕事開始。

月曜の夜は当然徹夜。うちのフラットの窓のすぐ下で酔っ払いが騒いでうるさかったが、逆に眠気覚ましになったという話もあるが、いずれにせよあまりの仕事量に、火曜の夕方になってもまだ充分な結果が出ておらず、あせりまくり。しかも、当の上司は別の会議で火曜の夜7時ごろに大学を出てしまったので、最終的なプロダクツの打ち合わせが一切できなかった。しょうがないので、発表のテーマも分からず、そもそも誰に対して発表するのかも知らなかったのだが、できうる限りScientificな分析結果を見せられるように工夫することにした。

ともかく、分析結果をでっち上げ?第一弾としてメールしたのが、火曜の夜11時半。続いて第二弾を送ったのが約2時間後の水曜の早朝1時すぎだった。で、上司から早朝4時ぐらいにThanksとのメールあり。そこまでは、当然待機&結果の見直ししていたのだが、メール受信でほっとしてようやく仮眠をとった。

ということで、二日間ほぼ完徹してしまった。ううう。つらかった。というか、まだ体の疲れが取れない。ちなみに、上司のハンガリーでのご発表は好評だったらしい。今朝一番でニコニコでご報告あり。よかったよかった。

しかし月曜の夕方に、上司が分析手法にいちゃもんをつけてきた際、なぜこんな非科学的な手法なんだ、研究者だったらもっと科学的にならないと、とまで言われて、さすがにかちんときた。そもそもあんたが修正したんでしょと言いたかったが、想定される仕事量に気がそぞろで、強く言い返せなかったのが悔やまれる。ちっ。
[PR]

by kototora | 2008-02-14 23:03 | work
2008年 02月 10日

Half term?

昨日は珍しく夕方地下鉄に乗ってお出かけ。けっこう余裕を持ってSouth Kensington駅に行ったはずなのに、駅に着いたら大混雑。何事かと思ったが、ちょうどMuseumの閉館時間だからだろうと思い、見るからにTubeに慣れない人たちを掻き分けてホームへ。そしたら、ホームもぎっしりの人、人、人。

ちょっと待ったら電車は来たものの、電車の中にも人がぎっしり詰まっており、とても乗れない。2台やり過ごし、徐々に電車の出入り口に近づくことで、3台目にようやく乗れた。しかし、乗れたものの、朝の山手線を思い出すような混雑。しかも、停車駅ごとにホームに人がいっぱいで乗れない人続出。いったいどうしたのか。。。

もしかしてHalf termで観光客が大挙して訪れたのかなと思っていたのだが、今朝のニュースでHalf termは来週らしい。では何だったんだ?

ちなみに、私の同僚は、この週末から「Half termなので」、スイスVerbierのご自身所有のコテージで一週間のスキー休暇過ごすといっていたのだが。。。彼女、一週間間違えている??まさかねえ。

それはともかく、ロンドンは今日も昨日に引き続き良い天気だ!昨日の昼間はコートなしで買い物に行ったが、今日もコートは要らないな。とはいえ、今日は明日月曜のMeetingに向けて追い込みので、家に篭って仕事。本当は昨晩徹夜のはずだったのだが、寝てしまった。やばい。
[PR]

by kototora | 2008-02-10 17:28 | life in London
2008年 02月 08日

靴下の穴

最近、なぜか靴下のかかと部分に穴が開くことが頻発。別に履き古した靴下だったと言うわけではなく、新しい靴下でも10回も使わないで穴が開いてしまっていた。しかも、場所は決まって踵。

なんか変だなーと思いつつ、ま、イギリスで買った靴下だししょうがないかなと思って特に気にしていなかった。あと、靴下のストックがなぜかすごく多かったので、ちょうど良いかもと履きつぶしていたのだが、昨日の朝、仕事に行こうと歩き始めてしばらくすると、踵が痛い。とりあえず歩けないほどではなかったので、職場について靴を確認したら、なんと、愛用のMerrellのジャングルモックの踵が壊れ、なかのプラスチックのような部品がむき出しに。そりゃ痛いよな。靴下には幸い穴は開いていなかったけど、踵にはしっかり靴擦れができてしまった。

ということで、このジャングルモックは引退。これは、ジュネーブのバレクセールで買ったやつだった。日本で買ったのよりも、なぜか甲の部分が微妙に低くて履き易かったので重宝していたのだが。

帰宅後に、もう一つの日本で買った黒のジャングルモックの踵を調べたら、こちらも踵が破れて部品むき出しまであともう少しって感じだったし、これ以外にも、大昔に広尾商店街のはずれの安スニーカー屋で買って以来、長年愛用していたスニーカーもそろそろ崩壊しつつある。しっかりした革靴は手入れをきちんとすれば長く使えるものだが、さすがにスニーカー系の靴はそうはいかないな。

靴、買わないと。

履きやすいカジュアルな革靴とスニーカーの二つがすぐに必要だ。あぁぁ、セールがちょうど終わったばっかり。なんでもうちょっと早く気づかなかったかな。失敗だ。そういえば、靴はここ2年以上買ってない。最後に買ったのが、もしや神戸時代に新宿のOshman'sまでわざわざ行って買った黒のジャングルモックかも。

ちなみに、私は比較的物持ちが良いほうだと思う。スーツや革靴は10年以上使っているものが多い。もっとも、かなり良いものを買うようにしているが。

私の靴で最年長は、15年前(!)に買った銀座ヨシノヤの革靴。たしか10万円前後だったような気がするが、とにかく思い切って良い靴を買った。というか、いくつか履いてみて、その靴が一番足にフィットしたから。いまだにこの靴の履き心地に勝る靴には出会ってない。最高。そういえば、スーツの最年長も同じ時期に買ったErmenegildo Zegnaのスーツ。こちらは20万円以上。どちらも超高かったが、15年も使ったらどちらも元が取れたってことだと思う。

このヨシノヤの革靴は、日本でサラリーマンをしていた時代には普通に通勤に使っていたので、何度か修理をしている。靴底はもちろんのこと、内側も一度ヨシノヤに持ち込んで修理してもらった。もちろん、いまも手元にあり、ロンドンの自宅で静かに出番を待っている。最近スーツを着ないので、ほとんど出番がなくて可哀想なんだが、でも、さすがにジーンズには合わないんだよな。。。
[PR]

by kototora | 2008-02-08 13:09 | myself