<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 22日

BA機墜落事故の真相?

先週ヒースローに墜落(不時着?)事故を起こしたBA機ですが、こちらで流れているニュースを見ると、未確認情報ながら燃料に異物が混じっていた可能性が高いとのこと。このBA機は中国から戻ってきた(たしか北京から)はずなので、もしや中国で給油した燃料に問題??

怖いなあ。

でも、ここ最近の中国関連の報道を見ていると、こんな問題が発生しそうな条件がそろっているような気がする。。。単に憶測、気のせいであって欲しい。今年はオリンピックもあるし、来年は北京で学会もある(ずいぶん個人的なことですが)。さすがにそこまでひどくないだろう。あぁ、でも肉まんに段ボール入れちゃうし、通学途中の子供が農薬の混在したラーメンを食べて亡くなっているし。。。ううむ。
[PR]

by kototora | 2008-01-22 00:26 | miscellaneous
2008年 01月 20日

MacBook AirにEjectキー?

昨日はApple社でMacBook Airのお披露目会があったのですが、モニター同期数人の方のブログを拝見したら、盛況だった模様。いいなー。同期会はどうだったのでしょうか。

お披露目会に参加された方のブログを拝見すると、どうやらMacBook Airもさることながら、Time Capsuleの評価も高そう。たしかに、Time Capsuleのコンセプトは面白い。これ、Winでも自動バックアップしてくれたらすごいな。。。そんなわけないか。

ところで、またGizmodoに面白い記事が。MacBook AirにEjectキーがあるみたいなんですが、いったい何をEjectするんだ。。。ということで、いろいろおバカなことを考えています。

http://gizmodo.com/346770/macbook-air-eject-keys-rumored-alternative-actions

個人的には、コメント二番目の

It ejects the last dollar in your wallet.

に座布団一枚。あはは。
[PR]

by kototora | 2008-01-20 14:04 | StartMac
2008年 01月 19日

ThinkPad X300???

これは。。。こっちのほうが良いなあ。

http://gizmodo.com/346797/ultralight-lenovo-x300-series-thinkpad-leaked

本当に発売されるモデルかどうか分からないけど、かなーりぐらぐら来てます。ただ、64GB SSDか。。。高そうだな。しかし、魅力的だ。今年はとてもパソコンを買い換える余裕はないけど、来年ぐらいに古いThinkPadを一掃して、サブノートを買い換えても良いかもしれないな。。。MacBook AirにX300か。貯金しよ。
[PR]

by kototora | 2008-01-19 23:45 | miscellaneous
2008年 01月 17日

新製品発表会&同期会?欠席します

元・StartMacモニターの私に、Apple社から今週土曜に行われる新製品発表会のご招待が先日届きました。また発表会の後に同期の方々で集まる予定(同期会?)とか。

実は、近々一時帰国する可能性があるので調整していたのですが、今週末の帰国は無理となりました。あぁ、残念だ。MacBook Airを触るチャンスもさることながら、せっかくなので同期の皆様にご挨拶だけでもと思っていたのですが。。。Apple社をはじめ、お声をかけていただいた皆様、すみません。次回は是非!

話はころっと変わりますが、数日前にSouth Kensington駅に向かう長い地下道で、日本人の方(男性)がギターの弾き語りをしていました。最初は日本人とは気づかず、東洋人の地下鉄駅構内のミュージシャンは珍しいなと思いつつ通り過ぎたのですが(彼らミュージシャンはオーディションに合格する必要があるとか)、通り過ぎた後で日本語の歌詞が聞こえてきてびっくりしました。

遠くから聞いたので上手いか下手かは分かりませんでしたが、頑張って欲しいな。
[PR]

by kototora | 2008-01-17 17:02 | StartMac
2008年 01月 16日

MacBook Air

Here it is!!!

追記:

仕事しながらF5を連打して、Keynoteをライブで見てしまった。MacBook Air発表されましたね。重さ、薄さは申し分なし。これで5時間バッテリーが持つのも良いかも。タッチパッドのギミックなどもなかなか。ただし、値段は高い。イギリスでは£1,199から。あと、CPUはMacBook(ノーマル)のほうが速いし、HDDが1.8インチなのでHDD容量もMacBook(ノーマル)のほうが大きい。もう一つ付け加えると、拡張性は低いし(USBが一個のみ)、バッテリーもHDDも自分では換えられなさそう。あ、二つ付け加えちゃった。いずれにせよ、サブノートとしてはそれでも良いのかもしれないけど。。。

冷静に考えると、仮にお金があったとしても、私はMacBook Airは買わないかも。

長年一部ファンから?切望されていた軽量Macノートとしては、とてもよい出来なのかもしれない。Gizmode(米)にアップされた写真を見ると、本当に薄っぺらいマシンだ。すごい。デザインも悪くないと思う。写真を見る限り、現行のiPod nanoとの共通点が多いデザインのように見える。

でも、Winマシンを含めたノートパソコンとしてみたときには、それほど魅力があるとは思えなかった。これだったら、同じぐらい小型軽量で(薄さはともかくも)、同じぐらいバッテリーの持ちが良く、同じくらい強力なマシンがいまでもあると思うし(本当にあるのかどうかは良く分かりませんが)、この先もっと良いものがすぐに出てきそう。それほど技術的に最先端という印象でもなかった。あと、個人的には薄いことも大切だが、面積が小さいのも大切。12インチぐらいがサブノートとしてはちょうど良いように思う。ThinkPadのXシリーズの新型がもし出たら、MacBook Airと比較してみたいと思った。

なんかちょっと残念なのと同時に、MacBookユーザーとしてはなんとなくほっとした。個人的には、MacBook Proの12インチ(光学ドライブなし)が出たら相当ぐらぐら揺れたと思う。

以上、MacBook Airの発表を見た第一印象でした。ま、実物を見ると印象が変わるのかもしれないけど。
[PR]

by kototora | 2008-01-16 03:11 | StartMac
2008年 01月 14日

1/4の重み

これまで10年以上にわたって続けてきたことを、今年はしないことに決めた。続けたい気持ちはあるのだが。

人に気持ちを伝えることは実に難しいものだと思う。

特に、本当の気持ちを伝えることはすごく難しい。言葉や行動では伝わらない気持ちもある。薄っぺらな言葉や心にもない行動では、本当の気持ちは伝わらない。逆に、何気ない言葉や行動で本当の気持ちが伝わることもある。さらに、本当の気持ちを伝えたとしてもappreciateされるとは限らない。誤解されたり、相手を怒らせてしまうこともある。

自分の気持ちを伝えることがこれだけ難しいので、人の気持ちを理解するのは、すごくすごく難しいことだと思う。でも、いくら難しくても、頑張らなくてはならないこともある。

そんなことをぼんやり考えていた週末だった。

そういえば、土曜に食料品の買出しに出たときに、家の近くで、若い両親に連れられた4歳ぐらいの可愛い男の子が大泣きして立ちつくしているところに遭遇した。男の子は、大泣きしながらお母さんの手をしっかり握り締めており、お父さんとお母さんがその子の前にしゃがんで、その子の話を一生懸命聞こうとしていた。信頼と愛情に3人が包まれているような、実に微笑ましい美しい姿だった。思わず微笑みながら通り過ぎ、しばらくその3人の姿が脳裏から離れなかった。
[PR]

by kototora | 2008-01-14 18:47 | myself
2008年 01月 12日

"There's something in the air"

Appleinsider.comより。

http://www.appleinsider.com/articles/08/01/11/apple_hoists_theres_something_in_the_air_macworld_banners.html

さて、何が発表されるのか楽しみだ。個人的には軽量MacBookだと思ってしまうがどうなんだろう。iTunesやiPhoneがらみかもしれないな。ちなみに、このリンク先のコメントがけっこう笑える。

All wrong. Avon perfumes available from Apple Store. iStink shipping immediately.

とか

Introducing the iFart...

iStinkやiFartって。。。

あぁ、こんなことしてないで仕事しないと。今週中に終わらせる仕事がまったく終わっていない。言い訳。。。したいところだが、しちゃだめだ。この週末は厳しい週末になりそう。

追記:こんな記事も発見。軽量MacBookを「MacBook Air」と呼ぶのは本当にありそう。良い名前だ。リンク先のケーブルレスMacBookは魅力的だ。

http://9to5mac.com/macbook-air-2453564654
[PR]

by kototora | 2008-01-12 15:47 | StartMac
2008年 01月 11日

Four seasons (Bayswater, China Town)

年末に職場の先輩に連れて行っていただいた中華Four seasonsが妙に美味しかったので、これも備忘録として。

Bayswater駅からすぐのところにあるこのお店はいつも大混雑。先輩曰く、1時間半待ちもあるとか。ずいぶん早く(5時半すぎ)に行ったにもかかわらずお店はすでに満席。店の入り口には人が溢れていた。なんとか待っている人を掻き分けておばちゃんに名前を告げる。なんだか居場所がないまま30分待ってようやく席に通された。

客の8割以上が中国人。これはさぞ美味しいのだろうと期待し、この店イチオシのCantonese Duckと野菜炒めなどを頼む。すごくすごく美味。Cantonese Duckは、いわゆる北京ダックがソースに漬かったような感じ。これがご飯に良くあって美味しい。野菜炒めも美味しかったし、これは並ぶだけのことはある。食後のオレンジもフレッシュで美味。

これまで食べたロンドンの中華ではピカイチ。美味しい中華を食べたくなったらここに行くべきだ。

なお、ソーホーの中華街にもお店あり。場所は中華街のど真ん中。ピカデリーから来ると鳥居のあるメインの通りのど真ん中左手。こちらは偶然入ったが、味は一緒で美味。ちなみに、Roasted Duckもなかなか美味だった。ソーホー店のほうが大きいので、どちらかというと待ち時間が少ないかもしれない。なお、どちらも予約できるらしいが、Bayswater店は予約しても1時間待ちはざらとか。

Four Seasons (Bayswater)
84 Queensway, London W2 3RL
020 7229 4320

Four Seasons (Chinatown)
12 Gerrard Street
London W1D 5PR
020 7494 0870

[PR]

by kototora | 2008-01-11 17:59 | gourmet & travel
2008年 01月 10日

ミシュラン二つ星「Pied à Terre」

昨年末、知人の送別会として、ロンドンで初のミシュラン星付き(しかも二つ星)レストランPied à Terreでランチをいただきました。なんだかずいぶん前の話なので記憶がうろ覚えの部分もあるし、いまいろいろあって実はブログどころではないのですが、すっかり忘れ去る前に備忘録として。

場所はGoodge Street駅から2分程度(大英博物館近く)。レストラン街のど真ん中にあり、他の派手なレストランやカフェに比べると間口が小さく目立たない店構え。中に入ると、ロンドンの典型的な一軒家といった感じで、メインダイニングは一階にあり、waiting barへは細くて急な階段を上って二階に。メインダイニングはこじんまりとしており、一軒家らしくsitting roomとdining roomに真ん中で分かれている感じ。席数はそれほどない。ただ、その割にはほかの席の声がずいぶん響いて話しづらかったのは、我々が座った奥のdining roomが、おそらく音が響く部屋だと思われる(それか声の大きいゲストが多かったのかも)。

ランチコース(du jour)は£24.5で二皿選べるというもの。夜のコースが£52.5からなので、かなりお得感あり。アミューズはカボチャのムース。オーソドックスな味付けの中に、ちょっとアジアっぽい味がして美味。スターターは、フォアグラとイベリコハムのラビオリスープ・トリュフ添え(だったと思う)という豪華なものをチョイス。濃厚な味付けで超美味。メインは濃い濃いのラム肉。ナイフを入れるとほろりと崩れるぐらい良く煮込んであり美味。知人の頼んだ魚のソテー(なんの魚だったか忘れました)はシンプルな味付けで、こちらも美味。さすが二つ星。全体の印象としては、非常に美味しいものの味付けしっかり、濃い目の味のお店です。ワインリストはさすがに立派で超高級までしっかり揃えてある一方で、グラスワインの種類も比較的豊富なのが、庶民には嬉しかった。

今回いただいた中で一番美味しかったのは。。。実はアペリティフと一緒に出たオリーブかも。ほぼ生のオリーブを浅漬けしたもので塩味はほとんどなく、素朴で繊細な味わいでした。けっこういっぱい出ていたのでばくばく食べながら、これ、気づかないうちに持っていかれるんですよねーって話していたら、あっさり持っていかれてしまった。まだ残っていたのに。。。

スターターとメインでお腹いっぱいになったので、デザートはパスしてコーヒーのみ注文。コーヒーと一緒に出たチョコをつまみながら、のんびりした午後を過ごしました。あぁ、贅沢だったな。

全体として、かなりおすすめのレストランです。フランスの二つ星に比べると、ちとクオリティが落ちる感もあったけど、お皿の隅々にまで気を配ったのが良く分かる美味しい料理だった。これまでロンドンで行ったレストランの中で一番美味しかったな。サービスも悪くない。あとwebで予約できるので、とっても便利。
Pied à Terre
http://www.pied-a-terre.co.uk/
34 Charlotte Street, London W1T 2NH
020 76361178

[PR]

by kototora | 2008-01-10 14:42 | gourmet & travel
2008年 01月 07日

新年会

昨日は、私の母校で学んでいらっしゃる日本人の方のお宅での新年会にお呼ばれしました。

奥様(とご主人?)の美味しい手料理と皆さんの持ち寄りの珍しいデザート、さらに楽しい会話で、久々に和ませていただきました。あと、生後2ヶ月ちょっとの可愛いbabyちゃんのお顔も拝見できましたし。お招きいただいたT先生と奥様、さらにご一緒させていただいた皆様、どうも有り難うございました。忙しくなければもうちょっと皆さんの楽しい会話に参加させていただきたかったのですが、貧乏暇なしなので、一時間ほどで失礼せざるを得なかったのが残念でした。

ちなみに、お伺いしたお宅はとても素敵なフラットでしたので、我が家のしょぼいStudioフラットに戻って深くため息。頑張って、早くこの貧困生活から抜け出さねば。そのためには仕事仕事。今週は締め切りが二つ。かなり厳しいけど頑張ろう。

そうそう、来週のMacWorldで新型Mac出るみたいですね。いろんなサイトで本物かどうかわからないけど、小型MacBookの写真が見られるようになって来ました。本日Apple社より、元Start Macモニターの私に、MacWorld後の週末の新型(?)説明会開催のお知らせが届きました。説明会への参加はまだ検討中なのですが(ちと厳しいかな。。。)、どんな新型が出るのか楽しみ。
[PR]

by kototora | 2008-01-07 22:02 | life in London