London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 19日

Missed Opportunities...!

ふと思い立ってSouth Bank CentreのHPを見てみたら。。。あぁぁぁぁぁ、しまった。こんなすごいのを逃していたとは。

11/30(金)Royal Concertgebouw Orchestra(チャイコフスキー5番」など)!!
12/1(土)London Philharmonic Orchestra(第九)
12/2(日)Philharmonia Orchestra(ムーティ指揮、展覧会の絵など)

まさに地団太です。

特にコンセルトヘボウが悔しい。曲目も良いし、なんといってもコンセルトヘボウ。あと、ムーティの展覧会の絵もいいなあ。オーケストラ版を実は一度も生で聞いたことがない。ピアノ版はなんどかあるんだけどな。ムーティもだいぶよぼよぼしてきちゃったようなので、生で見れるときに見ておきたいが、どちらもSold out。そりゃそうだよなー。

惜しいなあ。どなたか、チケットが余っていたら譲ってください。。。

なお、コンセルトヘボウは12/1(土)にバーミンガムで同じ曲目でコンサートの予定。しかも、チケットまだあるし。もしやバーミンガムまでコンサートのためだけに行く?うううむ。贅沢すぎだな。仕事頑張ります。。。
[PR]

by kototora | 2007-11-19 16:06 | life in London
2007年 11月 19日

バングラデシュ・サイクロン被害

先週バングラデシュにサイクロンが直撃し、本日時点で2000人以上の方が亡くなったとの報道。赤十字は死者1万人以上を予想しているとか。

あの人の密度と、比較的まともだと思われる首都ダッカでもお世辞にもsecureとはいえない家並みを見ると、こういった自然災害にはひとたまりもないだろうなと思う。こちら英国でもようやく入ってきた映像を見ると心が痛む。しかも感染症蔓延の危険に直面しており、本当の問題はこれからなのかもしれない。いずれにせよ、早く回復して欲しいものだ。
[PR]

by kototora | 2007-11-19 15:50 | miscellaneous
2007年 11月 18日

ジャパセン!!

ロンドン在住日本人なら(おそらく)一度は訪れたことのある日本食材店Japan Centre(じゃぱせん)で買い物をしようと、昨日の夜地下の食材店に行こうとしたら、お店がない!警備のおじさんにお店は?って聞いたら、「It's gone」だって。よく聞いたら隣に移転したとのこと。

で、行ってみたら店舗が大幅に拡大していた。すごい。これまではごみごみしていて買い物しづらかったけど、今度の店舗は面積で2倍以上になったかも。品揃えも増えたようだし、儲かってるんだなー。

そうそう、某外務大臣からの巨大なお花もあった。しかも天井まで届くようなすごいやつ。外務省管轄。。。なのか?
[PR]

by kototora | 2007-11-18 23:38 | life in London
2007年 11月 18日

Borough Market

ロンドンのマーケットと言えば必ず名前の挙がるBorough Marketに、初めて行ってみました。ジュネーブにいた頃は、忙しい土曜日になんとか時間のやりくりしてFerney(ジュネーブとフランス国境のフランス側の村)のマーケットに行き、さらに自宅近くのPetit Saconnexの野菜マーケットに通うなど、マーケット生活を思い出して、期待しつつ。

Borough MarketはLondon Bridge駅前で足の便もよく、我が家からはdoor-to-doorで30分かからない程度でした。

で、マーケットに到着してまずはぐるっと回ってみたのですが、なんとも複雑。行くまでは、すごく広い空き地にお店がずらっと並んでいるイメージだったのですが、実際には高架下の空きスペースにごちゃっとある感じで、複雑に入り組んでいました。

ともかく、まずは探索。朝10時に着いたのでまだそれほど人も多くなく、ゆっくり見て回れました。なお、昼前までいたのですが、帰る頃には歩くのが大変なほどの人ごみ。やはりマーケットは朝一番が基本ですね。Borough Marketは生鮮食料品のマーケットなので、印象としてはやはり野菜のブースが多い。次に肉とチーズ、さらにお菓子のブースが意外に多かったな。

私の今回の目当ては、Ferneyのマーケットとの比較をしつつ、Ferneyでよく買っていた新鮮で珍しい果物(マンゴやパッションフルーツ)や野菜(特に空心菜や水菜、春菊など)と新鮮な魚があれば買ってみようと思っていました。この視点から見ると、Borough Marketは。。。

がっかりだ!

野菜・果物系はたしかに新鮮そうではあるものの、そこらのスーパーと品揃えはそれほど差はなかったし、値段はかなり高い。アジア系の野菜もあまりなく、牛蒡や白菜はほんのちょっとあったもののそれ以外は見なかったなあ。あと、季節柄セップなどきのこはかなりあったけど、すごく高くて手が出ず。。。

魚の屋台は少なくとも2つ市場内にあったけど、どちらも小さい屋台だったし魚の鮮度はいまいち。しかも値段がすごく高い。マグロの切り身とか決して買いたいような色ではなかったし、買いたい値段でもなかった。それに対して肉の屋台はいくつもあったしすごく充実していた。季節柄ジビエが並んでおり、一軒の屋台にはノロ鹿が何頭もまるまるぶら下がっていたな。でもねー、肉はスーパーで良いような気がする。

ということで、戦利品ゼロ!。。。になりそうだったけど、それではちょっと悔しいので、フランスの美味しいヨーグルトを売っている屋台を見つけたので、ヨーグルトとプリンを買って帰りました。

では、Borough Marketに行く価値がないかというと、実はもう一度行きたい。

というのが、食事のできる屋台が非常に充実しており、食べてみたいのが山盛りあった。市場内のレストランRoastのTake away屋台の豚肉のローストは、カリカリの皮とジューシーそうな肉が本当に本当に美味しそうで、買って帰るべきか何度も悩んだし、ハンバーガー屋台のラム肉のハンバーガーも食べてみたい。このハンバーガー屋はその場で焼いていたので、実に美味しいそうな匂いがそこらに漂っていた。焼きたて、美味しそうだったなー。あと、ラクレットも美味しそうだったし、ホットワインもあったし。。。あぁ、食べたいものが山盛りだった。残念ながら、今回はランチの予定があったので、買い食いは次回のお楽しみになりました。

ということで、私にとってのBorough Marketは買いに行く場所ではなく、食べに行く場所だという結論に。しかし、フランス・スイスのマーケットって偉大だったんだな、と思い知らされたBorough Market訪問でした。
[PR]

by kototora | 2007-11-18 17:42 | life in London
2007年 11月 16日

iPod問題その後

kototora@仕事中です。

先ほど、上司が出張から帰ってきた。9時間もの時差をものともせず、相変わらずHeathrowから職場に直行し、いきなりバリバリ仕事している。ちょっとおかしい。うん。絶対何かがおかしい。彼には疲労中枢がないんじゃないかと。。。(そもそもそんなものがあるのかどうかわかんないけど)

ところで、先日のiPod問題に新たな局面が。。。というか、原因わかりました。

本日もiPod nano (1st gen) & Shure E2cといういつもの組み合わせで音楽を聴きつつ仕事をしていたら、高音と低音を残して真ん中の音が完全に抜けるようになってきた。で、ヘッドフォン端子のあたりをいじると時折復活するのに気づき、ヘッドフォンのコードの一部を押し付けてみると、あっさり復活。離すとまた音が出なくなる。念のため、持ってきていた古ーいソニーのヘッドフォンでテストしただけど、特に問題なく普通に鳴っている。

ということで、問題はヘッドフォン(Shure E2c)にあり、おそらくどこかが断線しかかっていると思われます。

あぁ、ヘッドフォン買わなきゃ。何が良いんだろう。

先日友人が購入したBose In-Ear Headphonesの低音の強さにはびっくりした。今度はこれも良いなあ。でも、外音を遮断するという意味ではBoseよりもShureのほうが良さそう。現行モデルでいうとSE210か、奮発してSE310。

どれが良いんだろう。お金がかかるけど、ヘッドフォンはいまの仕事環境だと必要不可欠なので、多少の出費は覚悟しなくちゃ。しかし、古いソニーのヘッドフォンはShureに比べるとおもちゃみたいな音だな。ま、価格からするとしょうがないな。

あとさっき気づいたのだが、iPod nanoにも気になることがある。バッテリーの減りが早くなったような気がする。昨晩フル充電して今朝9時頃から使い始めて、午後3時の時点でバッテリー残量は1/3程度。これって早過ぎないかなあ。途中2時間ぐらいは全く使っていないし、バックライトはいつもどおりほぼオフになっている。これまではこの使い方で2日ぐらい持っていたような気がしているんだが。。。気のせいかな。ヘッドフォンとiPodの総取替えは予算的に厳しい。iPodにはもう少し頑張ってほしいな。
[PR]

by kototora | 2007-11-16 00:37 | miscellaneous
2007年 11月 15日

Open and reopen

昨日、Eurostarの発着駅がWaterloo駅からSt. Pancras駅に変更になり、新しいSt. Pancras駅が営業を開始した。簡単に言うと、ロンドンの南東から北に発着駅が変更になった。おそらく、Eurostartと英国内の在来線との接続を良くするのが目的なんだろうけど、家からも遠いしEurostarを利用するチャンスもそれほどないので、個人的にはあまり関係ないといえば関係ない。ともあれ、一度はこの駅を使ってみたいな。

我が家の近くのレストラン、La Brasserieが先週末に再オープンした。先日来ずっと閉店しており、店内から大量の廃材のようなものが運び出されていたので、てっきりつぶれて別の店がオープンするものと思っていたけど、外見は全く元のまま。おそらくキッチンの大改装を行ったのではないかと思う。家からすぐ近くなので便利で、安くてそれなりに美味しいレストランが復帰したのは喜ばしいことだ。

本日、ボジョレ・ヌーボーが解禁になったと日本のニュースで知った。相変わらずボジョレ・ヌーボー騒動は続いているのかな。電車のホームや場末のコンビニの店頭でもワイン売りの屋台が出て、ニュースでも大きく取り上げられるのは世界でも日本ぐらいだと思う。今朝のBBCニュースでは一言もそんな話は出ていない。

ボジョレ・ヌーボーの何がそんなに日本人を惹きつけるのか謎だ。広告代理店と輸入業者の戦略勝ちなんだろうな。しかし、ヌーボーごときに2~3千円も払いたくないなあ。そういえば、ロンドンではいくらなんだろうか。今週末にBorough marketに行く予定なので、探してみよっと。買わないけど。
[PR]

by kototora | 2007-11-15 17:38 | life in London
2007年 11月 15日

Leopard到着

Start Macモニターは終了しましたが、新OSを頂けることになり、首を長くして待っていたのですが、昨日ようやく到着しました。東京の実家からEMSで送ってもらったのですが、フランクフルト空港で一週間近く放置されたとのことで、ずいぶん時間がかかってのご到着。

早速インストールしたいんだけど、データをバックアップしないと。週末かな。

インストールの方法だけど、クリーンインストールと上書きとどっちが良いんだろう。楽なのはおそらく上書きだけど、パーティションが壊れたりする恐れがないとは言えないはずなので、結局クリーンインストールすることになるかもしれず。。。ううむ。
[PR]

by kototora | 2007-11-15 11:36 | StartMac
2007年 11月 14日

もしや壊れた。。?

いま仕事中なのですが、仕事しつつ使っているiPod(第一世代nano)の調子が悪い。いや、もしかしたらヘッドフォンの調子が悪いのかもしれないけど、よくわからん。

症状は、どこもいじってないのに音量が変化する、音がぶちぶち途切れそうになる(というか歪む?)、時折モノラルっぽくなってしまう、かな。それも常にそうなるわけではなく、ときどき。ただ、非常に気持ち悪いのでなんとかしたい。

どうもヘッドフォン端子のあたりをいじると直るような気もするが、よくわかんない。iPodもヘッドフォンも2年以上使っているので(nanoはよく覚えてないけど)、そろそろ寿命なのかなあ。

<追記>自宅でいろいろ調べてみたけど、原因が分からないばかりか、問題の再現ができなかった。。。とりあえず、友人から教えてもらったとおりiPodのrestoreをしてみたので、これでしばらく様子見ようと思う。Thanks!
[PR]

by kototora | 2007-11-14 19:41 | miscellaneous
2007年 11月 14日

第九

先日の「ネットやめました」のエントリーを見た友人から、切れているようだが大丈夫かとのメール。なんか誤解を招くような表現だったようですが、自分がいかに怠け者かと再認識し、単にその対策をしただけなので、本人はいたってふつー。心配をかけてしまってごめんなさい。でも、その温かい心遣いが嬉しかった。

ところで、昨日の帰宅途中のこと。通勤路沿いに改修工事をしている家があって、そこを通りかかったら、ちょうど職人さんが仕事を終えて路註していた車に工具などを積み込んでいた。私がそこに近づいたときに、その職人さんが口笛で第九の一節を吹き始めた。あの「An die Freude」の盛り上がるところ。

年末だなーと日本人らしく思いつつ、まさに横を通り抜けたときに、口笛がいきなり朗々としたテナーになった。これがまた上手い。声も良いし音程もしっかり。ドイツ語も完璧。思わず立ち止まって振り返ってしばし聴いてしまった。下を向いて作業していたおじさんも私に気づいて、へへって笑ってしまったので、おじさんの独唱会はあっさり終了。いちおう敬意を表してBravo!って言って立ち去りました。

大工が第九。。。あーしょうもない。変換ミスしてくれなければ気づかなかったのに!IMEめ。

あぁ、良い第九が聞きたくなった。実は大工の、いや第九の良いCDを持っていない。どなたかおすすめのCDがあったら教えてください。
[PR]

by kototora | 2007-11-14 13:58 | life in London
2007年 11月 13日

火災報知器

昨日のロンドンは寒かったけど良い天気。空気がきーんと張り詰めたような感じで、まさに冬到来ですね。昨日の夜は知人の方と我が家の近くで話し込んでかなり夜遅くなったのですが、帰り道は本当に本当に寒かった。知人の方は大丈夫だったかとちと心配。

寒いのはそんなに好きじゃないけど、この張り詰めたような感触は、身が引き締まるようで好き。特に天気の良い寒い冬の朝に、しっかり着込んで出かけるのは大好き。今年は冬らしい冬になるのかな。昨年が暖冬でだれだれ?だったので、少し冬らしさが恋しい。

昨日の午後、いつもどおり職場で仕事をしていたら、突然火災報知器がけたたましく鳴り出した。当然、仕事を中断して屋外に退避しなくてはならず、同僚たちとぞろぞろ非常階段を下りて屋外へ。この寒さだったので、コートと読みかけの文献を握り締めて。で、屋外でしばらく雑談したら報知器の音が止んだので、皆でぞろぞろと職場に戻りました。どうやら消防訓練だった模様。

しかし、私の職場は火災報知器の作動が多すぎ。月に一度ではすまない。おそらく月二回以上避難階段を下りている。しかも、隣接したビルでは報知器が鳴っていないことも多々ある。これっておかしいと思う。本当に火災になったらそっちもやばいはず。昨日も我々の職場のビルの地下のカフェは避難対象ではなかったようで、外から戻ってきたら学生さんたちが談笑していた。君たち、火事だったんだよ?

消防訓練は良いけど、あまりに多すぎると逆に訓練の効果がなくなるような気がする。昨日も同僚の何人かは、サイレンを無視して屋内に残り仕事していたそうな。それを見てずるいなーと言いつつ、次回は自分もと思ってしまった。でも、本当に火災になったらかなーりやばい。難しいところだ。

なお、昨日はロンドン東部で大きな火災?爆発?があったそうな。でも、特にそれほど大きく扱われていないところを見ると、テロや犯罪のからんだものではなかったようです。ちょっと安心。
[PR]

by kototora | 2007-11-13 14:26 | work