<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

遅筆

水曜締め切りだった仕事でまだ苦しんでいる。やってもやっても終わらない。やばいなー。しかも、仕事の目的が以下のようにどんどん変わってきており、なんだかよくわからない状況に。

10月末 一流誌に投稿したい。ライバルがいるからなるべく急いで
          ↓
11月初旬 2月に大きなカンファレンスがあり、そこで発表したいので年内に完成したい
          ↓
一昨日 来週火曜にカンファレンスで発表するので、超大至急

。。。ええと、結局何に使うんだろう。よくわかんないなー。ともかく、とっととやれってことですね。はい。頑張ります。

しかし、政策に関する大量の文章を読んでまとめるなんて、非ネイティブにはもっとも不向きな仕事だ。それをもとにpaperにするなんて。。。どちらかというと、苦手なジャンルかも。しかもどちらかというと私は遅筆なほう。特に英語はすごーく遅筆。なので、大変だ。

なお、腰はだいぶ良くなってきた。昨日はパソコンを担いで出勤した。もちろんバンテリンとサポーターは手放せないが。あ、そういえば腰の痛みには安静が一番というけど、たしかにベッドの上に長くいることはいる。でも、ここ三日間は仕事をしていてあまり寝ていない。これは安静と言うのだろうか。
[PR]

by kototora | 2007-11-30 10:31 | work
2007年 11月 28日

やばい

あ、いや仕事です。進まないのに寝ちゃった。わーん。締め切りは今日。やばっ。もう5時じゃん。あと12時間か。。。

腰痛はまあ良くなっているのかなあ。でも、さっき起きたら痛くはないんだけど、腰がずーんと重い。まだまだかな。今日も安静にしたいところだけど、出勤せねば。無理しない程度にがんばります。
[PR]

by kototora | 2007-11-28 13:51 | myself
2007年 11月 27日

腰痛その後

腰痛の記事を読んでメールを励ましや腰痛対策情報を送っていただいた友人の方々、どうも有り難うございました!個別にはまだお返事できていないのですが、お気持ち有難く頂戴しました。

その腰痛は一進一退。昨日は出勤したものの、仕事をしていたらどんどん腰が重くなってきたので、昼過ぎに早退してしまった。職場の椅子はいちおうエルゴノミクスなんだが、腰痛にはあまり良くないみたい。Aeron Chairをテストするにはいまが一番だなー、と呑気なことを考えながらよろよろと帰宅。

ということで自宅で仕事をしたけど、痛みが断続的にあるせいか仕事がなかなか捗らなかった。腰痛もそれほど良くならず。バンテリンとサポーターで迎撃体制は万全のはずだが、どうも好転の兆しは見えない。もっとも、悪くもなっていないので良しとしなくてはいけないかも。今朝もまだ痛みと重さが残っているので、大事をとって一日お休みする予定。仕事のヤマがちょうどきているので、自宅で集中しよう。昨日の午後はどこかのフラットでやっていた内装工事の音がうるさかったけど、今日は静かだとよいなー。
[PR]

by kototora | 2007-11-27 16:40 | myself
2007年 11月 26日

腰痛再発

あぁ、痛い。腰を痛めてしまった。おそらくぎっくりさんです。

昨日、何気に中腰でものをとろうとしたら、腰の左側がぴりぴりぴりっとして、そのままずーんと重く痛くなった。とりあえず食料品を買いに出たものの、あまりに痛くて途中の薬局Bootsでサポーターを買い、食料品は腰に負担にならないようなものだけを買って帰らざるを得なかった。

で、日本から持ってきていたバンテリンを塗り、サポーターをして安静に。今日もほぼ安静にしていたらかなり良くなったけど、でもまだ痛い。今日電話で話した友人からは一月はかかると脅されてしまった。。。若いからだいじょーぶと軽口をたたいたけど、けっこう時間かかるのかなあ。ううう。情けないなあ。

腰は以前からあまり強くない。最初に痛めたのは20台前半、当時付き合っていた彼女(プロのバレリーナ)を半分冗談でリフトしようとしてひねったのが最初だと思う。その後もテニスでひねったり長時間のフライト続きで痛めたりで、何度かバンテリンとサポーターのお世話になっているけど、今回はちときつい。早く治したいもんだ。

腰が痛くなると、腰に優しい椅子が欲しくなる。いまのフラットはぼろ椅子はいっぱいあるのに、まともな椅子が一脚もなく、一番楽なベッドに腰掛けて仕事をしているんだけど、やはり腰に負担がかかる。椅子必要かなあ。一番欲しいのはAeron chairなんだけど、高いしでかいし重いので買うにいたっていない。すわり心地は最高なんだけど。あ、あと部品が壊れやすいとかメッシュの座面が擦り切れるとかの悪いうわさを聞くと踏ん切りがつかない。とはいえ、ビザの継続が間に合うかどうかすら微妙なのに、そんなお金をかけている場合じゃないな。

ところで、いまこれを書きながら見ていたKylie Minogueのドキュメンタリー「White Diamond: a Personal Portrait of Kylie Minogue」はすごく良かった。彼女が乳がんから復帰した直後の昨年のコンサートに密着した番組だったけど、彼女の人となりがとてもよく出ていたと思う。素敵な可愛い女性なんだな。この番組、録画するんだったとちと後悔。再放送しないかな。

さて、眠気覚ましもできたし、仕事に戻ろう。
[PR]

by kototora | 2007-11-26 07:27 | myself
2007年 11月 25日

Leopardインストール

先日StartMacモニターのご褒美?として送っていただいた新OSのLeopardですが、忙しくてしばらく放置していたのですが、昨日ちょうどデータのバックアップを取ったので、良い機会だと思ってインストールしてみました。

インストールを上書きかクリーンインストールのどちらにすべきかちょっと迷ったのですが、もともとWindows領域とのパーティションを少し動かしたかったので、Win領域はクリーンインストールすることになるはず。だったら全部キレイにしちゃおうという単純な理由でクリーンインストールを選択しました。

インストールは至極簡単。ThinkPadで仕事をしつつ横で放置していたら小一時間もかからずに完了したと思います。Leopardはまだ使い始めたばかりなので感想などないのですが、最初に立ち上げた際の「ようこそ」画面にはびっくりした。これが毎回あると五月蠅そうだなと思ったのですが、最初だけみたいですね、やっぱし。でもびっくり。

で、次にBoot Campを立ち上げてパーティションをいったん削除してまっさらな状態にしてから、再度Windows用のパーティションを切り、Windowsをインストールしました。さらにそれぞれの領域にOfficeやら必要なソフトをインストールし、バックアップしていたデータを元に戻しました。全部で半日ぐらいかかったかもしれないけど、特に問題はなく完了。

あ、そうそうBoot Campは以前はドライバディスクを作らなくてはならなかったのですが、今回は必要なくて楽ちんでした。でも、Windowsをインストールしたあとで、ドライバをどうやってインストールするのかわからず、ぐぐってしまいました。方法は、ここで書くまでもないと思いますが、WindowsをインストールしたあとにLeopardのディスクを挿入することで自動的にドライバがインストールされるんですね。よくできているなあ。。。感心する前に説明書を読めといわれそうですが。はは。

ということで、いまはLeopardで動いているWindowsからの投稿です。今のところ快適。Apple社さま、有難うございました。
[PR]

by kototora | 2007-11-25 15:22 | StartMac
2007年 11月 24日

ミシュランガイド

ミシュランガイド東京が発売されたらしい。発売当日に売り切れ店が出るほどの人気だとか。しかも、東京は星つきレストラン数で都市別で世界一らしい。ネット上のニュースでも、発売日にカウントダウンパーティ!?があったとか、三つ星に選ばれた某寿司店の職人気質だったはずのご主人が満面の笑みで取材に答えるなど、いろいろと流れてくる。

確かに、ミシュランガイドは利用価値の高いガイドだと思う。ザガットサーベイのように人気投票ではなく、特定の覆面調査員が一定の基準のもとで各レストランを評価しているので、評価が安定していると思う。もっとも、最近実は覆面調査員がレストランを訪問しないで評価しているとのうわさがあったが。

しかし、ミシュランガイドの評価が有効なのは、ある程度料理やサービスの方向性が一緒で比較が可能なフレンチを中心に行っているからではないかと思っている。かつてミシュランの星をとった中華にも行ったけど、サービスはフレンチだったので、あぁなるほどと思った記憶がある。味も美味しかったけど。

この点から考えると寿司店や日本料理店を、フレンチレストランと同じ土俵で評価可能なんだろうか。疑問だ。また、誰が評価をしたのかは分からないけど、日本人と非日本人では評価が大きく異なるはず。このガイドの性質からいって、外国人が訪問することを前提に作られていると思うので、日本人として納得のできる評価かどうかはちょっと疑わしいのではと思っている。ま、実際に見ていないのでなんとも言えないが。

ということで、土着の日本人である私は、ミシュランの日本料理店や寿司店の評価は信用しないと思う。洋食系は参考にすると思うけど。いずれにせよ、確かに東京のレストランは美味しい。世界一ではないかと思う。でも、今回の東京の星つきレストラン数は「ご祝儀」ではないかとも思うし、評価基準が定まっていないが故の大盤振る舞いではないかと思う。違うかなー。

ちなみに、三つ星レストランは、私の理解では二つ星レストランに過大なサービスが加わった程度。あるいは非常にユニークで先端的な味。したがって、少なくともフランスの三つ星レストランで満足した記憶はあまりない。値段が高すぎたり、サービスが過剰すぎてお金持ちではない私にはtoo muchだったり、味がユニークすぎたり。ということで、味がよく、心地よく、値段もそれなりで大好きなレストランのうち星つきなのは、一つ星、二つ星レストランばかり。

ネットで流れてきた東京の三つ星レストランのリストをみると、上記の点からもあぁなるほどと思った。これらの三つ星に選ばれた8軒のレストランのうち、私は一軒も行ったことがないし、私が日本で大好きなレストランが一軒も三つ星に選ばれていなくてほっとした。正直に言うと、行っても楽しめない、行く必要のない店を選んでくれて、ミシュラン有難うと思った。

もうひとつちなみに、ミシュランガイドはネットで無料で閲覧可能なはず。少なくとも欧州のミシュランガイドは全てネットで本と同じ情報が見れる。ということで、発売日に売り切れるほど殺到して買う必要はないと思うんだが。。。
[PR]

by kototora | 2007-11-24 16:22 | miscellaneous
2007年 11月 23日

オークション

愛用していたヘッドフォンが壊れた記事を先日アップしましたが、とうとう新しいヘッドフォンを手に入れました。しかも、とびっきり高級なやつ。

何を買おうかしばし悩んだのですが、やはりBose in-ear headphonesかShureのシリーズのうちどれかにしようと思い、検討開始。

まずは、Boseの低音の強さと比較的手ごろな価格にはすごく惹かれたんだけど、どうも人工的な音って気がしたのと(Boseらしいとも言えるけど)、職場で必須の遮音効果が低いことから、最初に却下。

Shureシリーズは、これまで使っていたE2cは低音が響かなすぎたことに気づいたので、同じものと、新シリーズで同じレベルと思われるSE110は却下。

ということで、やや上位機種のSE210かSE310を狙って安いお店を探していました。で、ふとebayにアクセスしたら、さらに上位機種のSE420のオークションを発見。締め切りまで2日ほどあったからか入札者ゼロだったのと、Reserveの設定もないことから、ダメもとで予算上限ぎりぎりで入札し、そのまま放置していました。

で、入札したことをすっかり忘れて、安いSE310か210を探していたら、なんと落札したとの連絡が!しかも、定価の半額以下、SE310の安売りよりも安くで落札しちゃいました。半信半疑で入金して待っていたら、早速送られてきました。

どきどきして開けたら、確かに純正のShure SE420。本当に届いちゃった。もちろん新品。ちなみに、こんなのです。
b0020299_3505723.jpg


早速イヤーパッドを耳にあわせて聞いてみたら。。。すごいっす。低音はかなり響くし、高音はきらきら。音の解像度も高い。高級ヘッドフォンってすごいんだな。昨日から職場で使い始めてみているけど、これをつけていると仕事しているはずが聞き入ってしまって仕事にならない。ま、それも最初のうちだけで、慣れるんだろうな。

ということで、良い買い物でした。ちょっと早いけど、自分へのクリスマスプレゼントですね。

ちなみに、いつも忙しいと嘯いて。。。(こんな漢字なんだ)。。。うそぶいていますが、のんびりオークションなんてする暇があるのがばれてしまったかも。はは。
[PR]

by kototora | 2007-11-23 04:29 | miscellaneous
2007年 11月 22日

年末はもうすぐ。。。

昨日、同僚と仕事の打ち合わせをしていて、年末までもうほんの少ししかないことに気づき、全員でどんより。やばいなあ。こちらは実質クリスマス前までなので、あと4週間??あぁぁ、超やばい。

そういえばサッカー。イングランドが昨日クロアチアに惜敗し、Euro2008の出場権を逃した。昨日は接待?ディナーだったのでライブでは見逃したけど、夜のニュースでじっくり見た。最後数分のアナウンサーの悲痛な叫びが痛々しかったなあ。でも、ハイライトを見た限りだと、イングランド弱かった。あれでは負けるなという感じ。

さて、仕事だ。いま別件の仕事が急に舞い込んできており、付け刃の勉強&執筆中。しかし、昨日の宴会中に同僚と話していて、大幅に方針変更する可能性あり。ううう。間に合うのか?本当は自分としては今日締め切りだったのだが、どうやら無理そう。

あ、Work permitもせっつかないと。いまだに全く動いていない。間に合うのか?
[PR]

by kototora | 2007-11-22 15:08 | miscellaneous
2007年 11月 21日

イノベーション25

内閣府が今年春に発表した長期戦略指針「イノベーション25」を遅ればせながら読んだ。これからの日本にはイノベーション創出が大切とのこと。たしかにその通りかも。

でも、イノベーションの普及(Diffusion of innovation)も創出と同じぐらい大切だと思うのだが、そのことはこの指針ではあまり触れられていないように思った。創出されたイノベーションを社会に適応させ、普及させることで次のイノベーションの創出につながると思うのだが。

このイノベーションの普及という点では、日本はどうなんだろう。新しいモノ好きな国民性もあり、一般消費財の「新しいモノ」の普及はそれなりに早いし幅広いと思う。しかし、新薬の普及など分野によっては法規制や業界の圧力が強く、諸外国に比べてイノベーションの普及が遅れている分野もあるように思う。このようなイノベーションの普及に、果たしてこの指針で述べられた方策で対応できるのか疑問だ。

また、イノベーションは新技術や新薬の開発だけではなく、プロセスや制度のイノベーションもある。新しい法律や制度の整備もイノベーションと捉えることが出来るが、この指針ではプロセスや制度のイノベーションはあまり対象になっていないと感じた。おそらく、「新しいモノ作り」を念頭に作られたんだろうなと思われる。それはそれでよいのかもしれないが、なんとなく片手落ちのような印象が否めない。なお、これらのイノベーションの普及は、モノのイノベーションよりも日本では遅れている部分が散見されるように思うので、政府としてもっとてこ入れすべき分野のように思えるのだが。。。
[PR]

by kototora | 2007-11-21 11:39 | work
2007年 11月 20日

Blueprint Café

先週土曜のBorough Market探索の後は、マーケットから10分ちょっと歩いてDesign Museumの中のBlueprint Caféで知人たちとランチしました。

Blueprint Caféはテムズ川に面した美術館Design Museumの1st floor(日本風に言うと二階)にあり、美術館の入り口とは別なので美術館に入らなくても利用できます。レストランに入ったら、まず目に付くのが前面のガラス窓から見えるテムズ川とTower Bridge。なかなか素敵な眺めでした。店内もシンプルかつ素敵な雰囲気で、さすがコンラン系。

メニューもシンプル。ただし、料理名もシンプルすぎてお皿のイメージがほとんど出来ないのはどうかと思う。知人が注文した「duck, pork and beans」(たしか)って言われても、どんな料理か皆目検討がつかないでしょ。ちなみに、出てきたのはココットのようなお皿の煮込み料理。

私が注文したのはbream(鯛っぽい魚、フランス語だとなんとかドラドって名前)。結構新鮮だったし、焼き方も上手。しかもけっこうな大きさの魚まるまる一匹でした。別の知人の頼んだ舌平目もかなり大型のがまるまる一匹。ここは大胆な料理が多いのかな?

味は比較的good。衝撃を受けるほどではなかったけど、そつなく美味しい。値段的には気軽に食べれる値段ではないけど(メイン一皿15ポンド平均)、気が向いたらふらっと立ち寄るのに良さそうなレストランでした。

。。。そういえば、ロンドンで衝撃を受けるぐらい美味しいレストランってまだ経験していないかも。どこかないのかなあ。あ、ちなみに、このレストランのあと行ったAubaineのケーキが美味しくて軽く衝撃を受けましたが、それはまた別記事にします。

ちなみに、Design Museumは思ったよりもこぢんまり。というか、かなり小さいかも。しかも常設がないので、展示が特に気に入ったときにだけ行けば良さそう。

Blueprint Café
Design Museum
Shad Thames
London SE1 2YD
Tel: 020 7378 7031
http://www.conran-restaurants.co.uk/restaurants/restaurants/blueprint/

[PR]

by kototora | 2007-11-20 10:55 | gourmet & travel