London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 14日

一時帰国します

一つお知らせを。

7月に一時帰国します。7/16(月)夜に成田に着き、24日(火)朝に成田から発ちます。今回は一週間だけの短期滞在で、東京都内にいる予定です。

この7月の帰国までに、超重要な発表が来週、そのあと海外出張が2つある予定なので、帰国時の予定など考える暇はないのですが、帰国中は比較的のんびり出来るはずです。

ということで、activeに帰国中の予定を立てることは出来そうにないのですが、passiveには予定を立てることが可能だと思います。

このブログをお読みの方で、都内のどこかで私に会っても良いとお考えの奇特な方、もしいらしたら、メールあるいはコメントにてご連絡いただけたら幸いです。

では!
[PR]

by kototora | 2007-06-14 15:53 | miscellaneous
2007年 06月 13日

あと一踏ん張り

仕事がとにかくやばい。

昨日はレポートの締め切りだったのだが、一昨日夕方、提出の24時間前になってからmethodologyの大きな欠陥に気づく。それもとびっきり大きなやつ。

これまでに費やした数ヶ月が全て無駄になるのかと呆然。あまりのことに体が震えていたような気がした。でも、とりあえず落ち着けと自分に言い聞かせ、あと24時間で何をすべきか考える。そのときに取ったノートはいま見てもひどい。ぐちゃぐちゃ。

これまでの成果と、本来出すべきだった成果とのgapを検証する。テーマは一緒だけど、方向性を完全に取り違えてしまった。でも、これまでの成果を組み直すことと、さらなるデータと考察を加えることで、何とかなるかも知れない。。。

そう思って、再度literature reviewを敢行し、夜8時に怒濤のタイトル・abstractチェックをスタートした。1万余の文献をreference managerに取り込む間に取ったノートもひどい。でも、ちょっとだけ光が見えてきたと感じたのか、多少はまともかな。

そこから、4000件ばかりのliteratureのabstractに目を通し、使えそうな文献をpickup。その時点で明け方になっていた。そこから、書きかけのレポートを完全にスクラップして組み直した。この作業は、本当は朝には終わらせなきゃと思っていたのだが、ドラフトし終わったのがすでに昼12時を回っていた(提出期限まで5時間)。ドラフトしたと言っても、Discussionなど弱すぎの部分もあるし、Theoretical analysisに至ってはゼロ。

でも、もう時間切れ。そこから重い腰を上げて着替え、職場に向かう。あとはひたすら推敲、推敲、推敲。あまりの議論の弱さに呆然としつつ、それでも大きな間違いに気づく前のバージョンよりもまだまともだと自分に言い聞かせ、作業を淡々と進める。結局締め切り時間ぎりぎりになんとか滑り込みで提出。

あぁ、qualityが非常に不安。なんせ、実質24時間で書いたものなので、そりゃやばいでしょ。どうしたもんだか。

さて、これから来週にはこのレポートをふまえたプレゼンをしなくちゃいけない。残り時間は6日間。充分に議論できなかったパートを見直し、PowerPointを作らなきゃ。まだまだ波乱がありそう。

そんな感じで先週後半からまさにノンストップ。まともに寝てないし、まともに食べてない。

特に一昨日と昨日はひどかった。もちろん全く寝なかったし、考えてみたら月曜のランチにサンドイッチを食べて以来、昨日火曜の夕食としてパスタを茹でて食べるまで、まともなものを何も食べなかった。ひたすらコーヒーやジュースなどの液体を流し込み、時折バナナやオレンジなどを眠気覚ましに食べてはまた液体を飲み、を繰り返して仕事をしていた。体壊しそうだ。でも、あと一踏ん張りだ。
[PR]

by kototora | 2007-06-13 10:58 | work
2007年 06月 07日

失ったモノ

時に、大切にしなくちゃいけないものを無くしてしまうことがある。たとえば自分自身を見失い、自信を失うことがある。周りの信頼を失うこともある。何かに失敗しちゃうこともある。

そんなとき、どうすればよいのか。

そのことから、ひたすら目を背け、徐々に(自然に)回復するのを待つ人もいる。大切なものを取り返すべく、じたばたする人もいる。じたばたしないで、とても上手に行動し、効率よく取り返せる人もいる。じたばたしたあげく、さらに深みにはまってさらにじたばたする人もいる。

何か壁にぶち当たったときに取る行動は、人それぞれ。正解なんてない。

でも、壁から回れ右をしても、またすぐに壁にぶち当たることだけは確か。だったら、何かすべきだと思う。私自身は、とりあえずじたばたするタイプ。ただし、上手に行動するなんてできないので、うまくいかないでさらに大きな壁を作ってしまうこともしばしば。でも、それでもなんとか乗り越えてきたと思う。自力で乗り越えたこともあるし、周りに助けられまくってやっとのことで乗り越えたこともある。ともかく、これまでは、なんとか乗り越えてきた。

今回は、どうだろう。。。私の前に、とても大きな壁が立ちはだかっているように感じる。しかも、一つだけじゃなくて、いくつも。何からすべきかよく分からないけど、じたばたしてみたい。逃げたり、八つ当たりはしたくない。そんなふうに、自分の弱さを認めたくない。もし、自分に非があれば素直に認め、respectすべきところはrespectしたい。そのうえで、問題を解決すべくじたばたしたい。そうできるような、もっと強いひとになりたい。

仕事しながら、そんなことを考えていた。Anyway, 1,000 articles to be assessed in 6 hours!!!
[PR]

by kototora | 2007-06-07 01:10 | myself
2007年 06月 05日

StartMac #4 プロテクター購入

StartMac

昨日締め切りの仕事は結局間に合わず、水曜に再設定。ちょっと自己嫌悪。もっとも、昨日に仮に仕上げていたとしても、それに関してdiscussする時間は全くなかったのですが。あぁ、でもどんどん予定がずれていく。いかんいかん。ちょっと引き締めないと。

ということで、黒MacBookを本格的に使い始めるには、未だに至っていない状況なのですが、数回使ってみて何度か職場に持ち込んでみて、やっぱり気になるのが本体にべたべたとつく指の跡。職場でも家でも、けっこう果物やそこらに置いてあるnibblesなどを食べながら仕事することが多いので、なんせ借り物だし汚れが気になりはじめました。

ということで、カバーのようなものを探してみたら、イギリスで購入可能だったのがこれ

早速買ってみて先日届いたのをつけてみました。ちなみに、購入したのは透明なやつ。白MacBookだったら、たぶんオレンジとか赤にしたと思うのですが、黒だとどうなんだろう。ちょっとイメージできなかったので(サンプル写真は上記サイトにあるのですが)、とりあえず無難な透明に。

第一印象は大変good。けっこう堅くて丈夫そう。造りもしっかりしているし、デザインも悪くない。これだったら、この先の出張に持っていく際にも安心かも。

ただし、本体熱くならないかなあ。いちおう熱排気用のスリットもついているのですが、タダでさえ熱いMacBookを覆ってしまうことがちょっと不安。しかも、エアコンなんてないロンドンの我が家で熱暴走しないのか?最悪の場合、下のケースを使わなければよい?そうなのかも。ま、とりあえず使ってみましょう。なお、写真を撮ってみたので、もし時間があったら追って写真も載せます。

あとは、キーボード&タッチパッドカバー?はは。そこまではいらないかな。ちょっとMacBookにお金かけすぎ。ここで打ち止めとしたい。あ、英語キーボードはなんとかしたいけど、これは追って検討しましょう。

そうそう、先日購入したParallelsの新バージョンがそろそろ出るとか。私は無料アップグレードクーポンがもらえるはず。楽しみだ。

なお、Apple社のカスタマーサービスに関して思うことあり。いま考えをまとめているところ。この件は後日書こうと思います。それよりも仕事だ!
[PR]

by kototora | 2007-06-05 10:14 | StartMac
2007年 06月 05日

パスポート更新

本日、ロンドンの日本領事館にて新しいパスポートを受け取ってきました。

これまでのパスポートは、本当は来年3月まで有効だったのですが、途上国によっては入国時に最低6ヶ月以上の残存期間が必要なケースもあるので、どう考えても9月には次のパスポートが必要。とすると、英国から出る見込みのない今がパスポート更新時期として最適と判断しました。

ということで、先々週に申請に行ったのですが、そこらにあったてきとーな証明写真を持っていったら、窓口のお姉さんから、これは6ヶ月以内に撮った写真ではありませんね、との指摘。

ええええ、そうですかーととぼけようとしたのですが、1年前に取得した英国滞在ビザにしっかり同じ写真が。。。お姉さん、しっかりしているなあと感心しつつ、しょうがないので、先日某途上国のビザ取得の際に撮った写真を差し出して受理されました。

これがまたひどい写真で、朝バッタバタの大忙しの日に、大慌てで駅のしょぼい写真屋で撮ったので、顔は妙に大きいし、眠そうだし、髪ははねているし。当然、パスポートにはそのひどい写真がそのまんま記載。。。あぁ、これからあと10年このしょうもない写真とつきあわなきゃいけないのか。はあ。

ま、しょうがない。とにかくパスポートが無事更新できたことが重要。

しかし、IC旅券って妙に堅くて分厚い。早くビザも全部電子化されて、クレジットカードサイズのパスポートになって欲しい。
[PR]

by kototora | 2007-06-05 00:45 | life in London
2007年 06月 03日

和食な日

逃避更新です。仕事煮詰まりまくってます。いま午前2時半。やばいなあ。。。

ところで、昨日のロンドンは抜けるような晴天でした。気温も20度を超えて過ごしやすい春?初夏?の陽気。サングラス必携でした。折角なので、King's Roadをちょっとお散歩しました。つーか、単に食料品の買い出しに行っただけだったのですが、ちょっと遠回りして人混みのなかをゆっくり歩き、気分転換。マーケットもちょっと冷やかしたりして。買い物を入れても30分強の短いお散歩でしたが、気持ちよかった。

夜は元気づけに久々の和食づくり。秘蔵?の和蕎麦(といってもスーパーの乾燥蕎麦)を茹で、鶏肉を使って暖かいお蕎麦を作りました。残念ながらWaitroseにいつもある白菜がなかったので、リークとチンゲンサイを入れた鶏蕎麦?もどき。それに、こないだ久々に日本食材屋さんで買ったお豆腐を冷や奴で。あとはサラダ。

自画自賛ですが、すごく美味しかった。やっぱり和食って美味しい。

しかし、贅沢な夕食だったな。ロンドンは海外でも恵まれたところで、日本の食材はほぼなんでも手に入るし、ジュネーブのようにそれほど高くない。だいたい日本の定価の1.5~2倍ぐらい。あと、日本料理店も山盛り。寿司はもちろんのこと、ラーメン屋やお好み焼き屋まである。でも、外食にしろ日本食材にしろ、やっぱり現地のものに比べると圧倒的に高い。薄給かつ緊縮財政の私には、日本食も日本食材屋はかなり遠い存在です。

そういえば、先日行ったじゃぱせん(日本食材屋)には学生さんっぽい若い子で溢れていた。みんなかなり高い食材やお菓子、ジュース、もっと高いお持ち帰り寿司なんかを普通に買っていてちょっとびっくり。おそらく語学留学の子とか大学・大学院に留学している子が多いと思うけど、みんなお金持ちなんだなあ。私は昨年9月にロンドンに来て以来、日本食材店で買い物をしたのは3度だけ。しかも、納豆とか豆腐など、そこらでは買えないし代用もできないもの限定。ううむ。。。

とはいえ、別にそれでも平気。パン大好きだし。朝コーヒーを入れ、焼きたてのトーストにバターを塗って、ちょこっとジャムを落として食べるだけで幸せ:) 郷に入っては郷に従え、ですね。
[PR]

by kototora | 2007-06-03 11:00 | life in London
2007年 06月 02日

StartMac #3 キーボードについて&シリアルNoが認識できない?

StartMac

ちょっと仕事が忙しくて、せっかくOfficeなどの必要なソフトをインストールしたのに、あまりMacBookを使っていません。完全移行はもうちょっと先かな。

これまで数日間少し使ってみて最初に感じたのは、Mac独特のキーボードも全然慣れていないけど、それよりも、やっぱり日本語キーボードにはなじめないということ。しかも、MacBookの日本語キーボードのキー配列はちょっと変わっていて、たとえば数字の「1」キーが横にびろーんと長い。英語キーボードもそうなのかと思ってネットで見たら、きっちり普通のキーボードだった。キートップもひらがなが入っていないぶん、すっきり。やっぱし英語キーボードがいいなあ。。。

借り物マシンのキーボードって換えていいんだろうかと思いつつ、Appleのサイトでキーボードをパーツとして買って自分で交換できるかどうか見てみたら、どうやらダメみたい。おそらく、Apple Storeに本体を持ち込むしかなさそう。ちょうど来週月曜か火曜にPiccadilly近辺に行く用事があるので、Regent StreetのApple Storeに行って聞いてみようかな。

こういった改造?はやはり最初にすべきだと思う。これまでも、日本語キーボードのThinkPadを購入した際にも、その足で秋葉原のパーツ屋に行って英語キーボードと英語Windowsを購入し、まずそれらを入れ替えた経験あり。

ちなみに、別に日本語嫌いなわけではなく、キーボードは慣れの問題で英語配列の方が好き。あと、ひらがな入力ってしたことがないので、キートップにひらがながある理由が分からない。ネットを見ると、けっこう英語キーボード好きの同志?がいるみたいです。あと、たまに同僚(外国人)と一緒にパソコンを使って作業をするときなどに、うわーってびっくりされないように。彼らにしてみると、キートップに謎の象形文字?があるのは、それなりに衝撃みたい。

Windowsは、最初にでてくる「ようこそ」の文字がダサくて嫌いだから。英語だと「Welcome」でちょっとまし。あと、終了ボタンが日本語Windowsだと妙に横長なのも嫌い。格好悪い。ま、これはXPの話なので、もしやVistaだと変わったのかも。あ、そうそう、OSに関しては、たまーに職場のサポートを受ける際に、日本語OSだと担当者が理解できなくて困るという問題もある。ということで、OS Xも英語表示にしています。このmulti language対応という点では、Macintoshは昔から優れていると思う。Windowsは相変わらず英語版、日本語版などと言語別にOSを販売している。なんとかならんのか。

そうそう、Appleのサイトでキーボード情報を調べた時に、必要ないかもと思いつつ、SupportのページでMacBookのユーザ登録をしようとSerial Noを入れると、認識できないとの表示が。

なぜ??

借り物だから?それとも、初期起動時に登録が完了しているとこういった表示になるのか??

よくわからん。ちなみに、イギリスのサイトで最初トライしてみてダメで、もしや日本で登録しなくちゃいけないのかもと思い、日本のサイトでもトライしてみたけど、結果は同じ。入力はきっちり間違えずにしたつもり。

不思議だ。

追記:

このように書いて投稿してから半日ほどしたら、なんと「ユーザ登録完了のお知らせ」メールがアップルから届いた!しかも、画面上では認識できないと言われたserial no.で。ううむ。しかも、土曜日の夕方に発送されたメール。。。もしやこのブログをみて特別措置がとられたとか。。。?? まさかとは思うが。しかし、MacBook初期設定の際の登録がいまごろ来るとは思えないし。よくわからん。ユーザ登録の謎は深まるばかり。
[PR]

by kototora | 2007-06-02 12:33 | StartMac
2007年 06月 02日

Becks is back!

昨日のEngland vs Brazil戦(サッカー)を仕事をしつつ見てしまった。久々の代表復帰のBeckhamとOwenがなかなか良かったと思う。素人なのでよく分かりませんが、Englandに迫力が戻ったような気がした。ただし、BBCの解説者は、これがいまのEnglandの最強の布陣だと思うが、まだ何か足りないとの辛口のコメント。ま、そうかもなー。

結果はBeckhamの見事なフリーキックからのセットプレーでの得点でEnglandが先制し、そのまま勝ちムードだったのに、最後の最後で同点ゴールを決められて結局1-1で終了。ちょっと後味が悪かったけど、まあこんなものでしょう。

この試合は、新・Wembley Stadiumでの最初の国際試合ということで、かなり期待された試合だったと思ったけど、空席がけっこうあったのが意外。しかも前の方の良い席がどどーんと空いていて、ちょっと寂しかった。単なるfriendly matchだったからかな。
[PR]

by kototora | 2007-06-02 11:37 | miscellaneous
2007年 06月 01日

6月になってしまった

あぁぁぁ、やばい。すごーくやばい。

あと10日でレポートを一つ仕上げなくてはならないのに、つーか、来週月曜までにドラフトしなくてはならないのに(!)、まだliterature reviewをしている。。。まだ全体の2割ぐらいしか進んでいない感じ。読まなきゃいけない文献も山盛り、考えなくちゃいけないことも山盛り。ここ近年で最大のピンチ到来。うううう。

レポート提出後は19日のプレゼンの準備、月末の出張、7月9日の学会発表と続く。さらに、7月中旬の日本一時帰国の準備もしないと。あと、6月末は両親と家族がロンドンにそれぞれ数日ずつ滞在する予定なので、その準備もしないと。うおおお、時間がない!

しかも、体調の悪さは相変わらず。お腹の調子はなんとか戻ったものの、全身の倦怠感が続く。いったいどうなっているんだろ。。。昨日も、徹夜で仕事するはずだったのに、あまりにだるくて夕食も取らずに寝てしまい、途中1時間ほど起きたものの結局朝まで10時間以上も寝てしまった!幼児のようだ。しかも、そんなに寝たのに倦怠感は残り、やや頭痛も。はあ、ビタミンC飲も。

ということで、本当はモニター中のMacBookで仕事をしたいところだけど、細かい移行の処理ができないので今日もThinkPadで仕事。あと、スピードが勝負の時に細かいキー操作などで戸惑うのは精神的にも時間的にも許容できない。今週末は本当に勝負の週末だ。集中しないと。
[PR]

by kototora | 2007-06-01 14:17 | work