London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 18日

アラビア語の会議

昨日は、修士課程のコースでちょっと面白そうな授業を聴講してみました。これがまた、すごかった。Statistics and Econometric(統計と計量経済学)の授業だったんですが、さっぱり分かんない。

いちおうeconomistのはしくれなので、なんとかついていけると思っていたものの、異様に複雑な数式がびしびし出てきてパニックしているうちにどんどん先に進む。。。内容はT-testとか統計の基本を数学的に解説するというものだったので、本来は分かっていなくてはいけないはず。でも、StataとかSPSSが出してくれた結果だけを使うのにすっかり慣れていたので、分かんない部分が山盛り。

しかも、econometricsでありがちな、「XXXX=0と仮定する」、とどうなるみたいな議論と数式が延々続くので、なんだかだまされた気分だし、どこかでつまずくとどんどん混乱していく。あぁ、そーいえばこんなのだったなあ、大嫌いだったなあと思い出してました。

はあ。勉強し直し決定。早速テキストを買ってきました。

ところで、この授業があんまり分かんないので呆然としていたら、国際公務員時代に参加した会議を思い出しました。

エジプト・カイロで開催されたとある国際会議に招待されて参加したときに、基本は英語の会議だったので普通に参加できていたのですが、とある参加者が英語もフランス語もダメで、彼の発言は全てアラビア語。アラビア語は国連公用語だし、参加者のほとんどが中東地域からだったので、私とあと少数の西欧・アジアからの参加者以外は皆さんアラビア語が堪能。

ということで、アラビア語の彼の発言のあとで、いきなりアラビア語で議論がスタートしてしまい、私は真っ白に。途中で非アラビア語圏の参加者の存在に気付いた司会者が通訳してくれたのですが、それまでの数分間は何もできずにただ座って「言葉」ではなく「音」として聞くしかない状況でした。

昨日の授業はそんな感じだったなあ。さすがに英語での授業だったのですが、ほとんど「音」のようだった。やばいやばい。しかも、まわりの修士課程の若者達はみーんな分かっている様子。当たり前か。。。はは。

頑張りまーす。
[PR]

by kototora | 2006-10-18 13:53 | life in London
2006年 10月 17日

combover

忙しい一週間がスタートしました。今日は、なんとかとあるpaperのドラフトを1ヶ月遅れで提出しました。疲れた。。。これからいろんな人にコメントをもらっていろいろ直してから投稿。。。に至るのかなあ。よく分かりませんが、なかなか面白い研究だったと思いますので、是非何かに残したい。頑張らねば。

ところで、ご飯を食べながら(行儀悪いのですが)テレビをつけたところ、チャンネルFiveの予告で、Comboverなるドキュメンタリー番組があるそうです。見間違いでなければ明日。面白そうだ。録画しよっかなあ。人によっては非常にsensitiveなテーマを正面から捉えるあたりが英国らしい。

ちなみに、私は幸いながら?comboverの心配はまだまだなさそう。逆に量が多すぎて、つーか髪の毛が硬すぎてそれどころではない。も少し落ち着いて欲しいぐらい。まぢなんとかしてほしい。

そろそろカット行かないとなあ。ぼーぼー。どの美容院がいいんだろ。日系に行ってみるべきか、地元の美容院にすべきか。どなたか、ロンドンのおすすめの美容院をご存じでしたら教えてください。
[PR]

by kototora | 2006-10-17 03:55 | life in London
2006年 10月 16日

BBC radio 2

BBCで流れているBBC radio 2のCMがすごい。YouTubeにあるので、消される前に是非!ジミー・ペイジにシェリル・クロウ、スティービー・ワンダーがバックなんて。。。すごすぎ。

http://youtube.com/watch?v=naFCdBYexB0

初めて見たときは、まぢ本物だと思った。良くできているなあ。
[PR]

by kototora | 2006-10-16 03:07 | life in London
2006年 10月 12日

スイス国籍の取得

この度、スイス国籍を取得しました!



。。。といってもネコたちなんですが。はは。

実は、ネコたちが近々国境を越えた移動をする予定なんです。その準備のために、狂犬病発生地域のジュネーブなので予防接種を受けさせに獣医に連れて行ったところ、国外にでるならパスポートとマイクロチップが必要と言われ、その場で急遽国籍を取得することに。。。

で、できたパスポートがこれ。
b0020299_1643508.jpg

なかなか立派ですよね。外見はすごそうなんですが、中は手書き。結構いい加減です。とはいえ、立派なスイス国籍ネコたちの誕生です。

ちなみに、母ネコのtoffeeは実はおフランス生まれでスイスに密輸?されてきたネコ。厳密に言うとフランスのパスポートが必要なんでしょうが、まあネコだし、いいでしょ。なお、このtoffeeは獣医に連れて行く10分ばかりの道中に、おもらし(しかも大小両方)とゲロをケージ内に噴出し、あまりの悪臭に看護婦さんが顔をしかめながら掃除してくれ、診察室の窓を大きく開けて空気の入れ換えとなりました。母親なんだからもうちっとしっかりして欲しいもんだ。

マイクロチップなるものも今回初めて見ましたが、当然チップ自体は目に見えるものではなく、ぶっとい注射を首の後ろのあたりにぶすっと刺して終わりでした。
[PR]

by kototora | 2006-10-12 16:40 | cats
2006年 10月 09日

vin bourru!!

先週末から火曜までの予定でジュネーブに戻っています。ロンドンも涼しくなりましたが、ジュネーブもずいぶん涼しくなりました。すでに紅葉が始まっています。秋ですね。。。

ところで、初秋といえば、生ワイン(vin bourru)! ちょっと時期が遅くなってしまったので今年は飲めないものと半分あきらめていたのですが、土曜日にダメ元でフェルネのワイン屋に行ってみたら、なんと4本だけ残っていました。

生ワインは発酵途中のワインなので、どんどん味が変わっていきます。最初は濃厚な甘みがあり、まさに発酵したブドウジュースなのですが、次第にアルコールがきつくなっていきます。で、発酵し尽くす前に飲める量から判断して、そのうち3本を買い占めました。しめて7ユーロぐらいだったと思います。相変わらず安いなあ。
b0020299_1720848.jpg

早速家で飲んでみましたが、相変わらず美味。超エンジョイしてます。

ワイン屋さんによれば、今週ももしかしたら入荷するかもしれないけど、もうほぼ終わりだろうとのこと。最後に滑り込みで飲めてラッキーでした。

しかも、このフェルネの生ワインに出会うのは、私にとってはもしや今回が最後かもしれないので、ジュネーブの秋の味覚を感慨深くかみしめて、堪能しています。


追記:先週末に行ったレストランでは、ウサギやノロ鹿のメニューがでていました。ジビエじゃないですか!もうそんな季節なんだなあ。。。
[PR]

by kototora | 2006-10-09 17:26 | life in Geneva
2006年 10月 06日

world university rankings

EducationGuardian.co.uk より。ふむふむ。。。

http://education.guardian.co.uk/higher/worldwide/story/0,,1888151,00.html

Cambridge and Oxford have edged closer to Harvard in the latest world university rankings, securing second and third places respectively in a list dominated by US institutions.
The 2006 world university rankings, published today by the Times Higher Education Supplement (THES), reveal that Oxford and Cambridge are now Harvard's closest competitors after the US institution's lead slipped from 13% last year to just 3% this year.

Last year, Cambridge was in third place and Oxford in fourth, beaten by the Massachusetts Institute of Technology (MIT). This year that was reversed and MIT slipped to 4th spot.

Imperial College London finished in ninth position in the rankings, edging out Princeton and Columbia universities. Beijing University and the Australian National University were the first outside the UK or US to appear on the list, securing the 14th and 16th positions.

Glasgow and Birmingham universities made it into the top 100 for the first time this year, while University College London improved its position from 28th to 25th and King's College rose from 73rd to 46th.

However, the London School of Economics came in at number 17, a slip from its position at number 11 last year, while Bristol also fell from 49th in 2005 to 64th position this year.

Ian Leslie, the pro-vice chancellor for research at Cambridge said: "It is very reassuring that the collegiate systems of Cambridge and Oxford continue to be valued and respected by peers, and that the excellence of teaching and of research at both institutions is reflected in this ranking."

The vice-chancellor Oxford, John Hood, said: "The exceptional talents of Oxford's students and staff are on display daily. This last year has seen many faculty members gaining national and international plaudits for their teaching, scholarship and research, and our motivated students continue to achieve in a number of fields, not just academically.

"Our place amongst the handful of truly world-class universities, despite the financial challenges we face, is testament to the quality and the drive of the members of this university."

The study is based on a survey of more than 3,000 academics and 736 graduate employers, and takes into account a university's student-staff ratio, its ability to attract foreign students and its internationally renowned academics.

The world university rankings 2006

1. Harvard
2: Cambridge
3: Oxford
4: Massachusetts Institute of Technology
5: Yale
6: Stanford
7: California Institute of Technology
8: University of California, Berkeley
9: Imperial College London
10: Princeton
[PR]

by kototora | 2006-10-06 18:54 | life in London
2006年 10月 06日

getting cooler

10月に入って急に涼しくなったロンドンです。

それに伴って、どんどん日照時間が短くなっています。ついこの間まで夕方7時過ぎまで明るかったのに、いまは5時ぐらいにはすでに薄暗くなっています。朝も7時過ぎにようやく明るくなる感じ。あぁ、いよいよロンドンのどよーんとした秋から冬が近づいているのだなと実感してます。

夜が長くなるに伴って睡眠時間も長く。。。やばいやばい。頑張らねば。実際、最近睡眠時間が妙にばらばら。夜9時過ぎに寝てしまって、明け方3時ごろにおきることもしばしば。今朝もそうだったなあ。ううむ。こんな生活を続けていると体壊しそう。

さて、今日の夜から週末にかけては、ジュネーブに帰る予定。といってものんびりする暇は一切なし。いろいろ作業をしなくては。とはいえ、せっかくの秋のジュネーブなので、もしや生ワインが飲めるのではないかとひそかに期待。。。どうなんだろ。

さて、仕事仕事。
[PR]

by kototora | 2006-10-06 17:35 | life in London
2006年 10月 03日

Really back to school!

今朝、職場に着いたら驚いた。入り口に長蛇の列、列、列。

顔見知りの職員の人が入り口に立っていたので、何事かと聞いてみたら、新入生のregistrationだとか。新入生と言っても私の職場はpost-graduateだけなので、教員だか学生だか分からないような人たちばかり。はは。思わず列に並びそうになってしまった。今日は400人以上の新入生が学校を訪れたとか。

で、ランチを食べに同僚達とカフェテリアに行ってみてまたまたびっくり。大量のアジア人が占拠しているじゃないですか!当然彼らは新入生なんですが、彼らの言葉を聞いてみると、中国人のよう。中国人が多いとは聞いていたのですが、これほどとは。。。びっくり。

もう一つびっくりしたのが、新入生達が学校名の入ったカバンを持っていたこと。全員にカバン配ったんですか??すごいなあ。たしかに学費は高いんだが、こんなしょーもないものにお金をかけるぐらいだったら、学費を少しでも安くした方が良いと思うんだが。とはいえ、ちょっとあのカバン欲しいかも。良いPCバッグをもっていないので。。。頼んでみよっかなあ。はは。

ということで、先週までの静かな環境から一転して賑やかになりました。今日から私の所属しているチームにも一人新人さんが入ったし、これからいろいろ忙しくなるかも。
[PR]

by kototora | 2006-10-03 03:17 | life in London
2006年 10月 02日

Taka-Taki?

今日は不安定な天気のロンドンです。激しい雨が降った10分後に青空といった天気の繰り返し。今日は仕事がいろいろあるので家でパソコンに向かっていますので、影響なし。でも、ちと悲しい。。。

それはともかく夕方、気分転換にテレビをつけたら、Japanese horseがどうのと盛んに言っていたので、思わず見ていたら、Deep Impactという馬がフランスの競馬に出たようですね。しかも、競馬場に大量の日本人が押し掛けていることを何度も言っており、日本ではこの馬がヒーローだとの解説も。

ヒーロー??

よくわからん。馬ですよ? 馬がヒーローって????(笑) 

日本人が大量に競馬場に押し掛けているって、もしやこのヒーロー、つーか馬を見るためにわざわざ日本から???うーむ、全くもってわかんないなあ。。。もしや皆さん暇? うわー、刺されるかな。

ま、それはともかくも、騎手のTaka-Takiもまた日本で有名な騎手だとの紹介もされていたのですが。。。

Taka-Takiって誰???

で、ネットニュースを見てようやく分かりました。Yutaka Take(武豊)だったんですね。はは。「しらたき」とか想像してしまった。

肝心のレースですが、大本命だったDeep Impactが最後2頭に抜かれ、3着に終わりましたね。優勝した馬の力強さが印象的でした。それに対して、日本のヒーロー?(笑)Deep Impactはやや線が細い印象だったかなあ。

おそらく、日本では絶対勝つとかまたマスコミが盛り上げまくって大騒ぎしていたんだろうなあ。サッカーやオリンピックの再現だったのではないかと。
[PR]

by kototora | 2006-10-02 04:03 | life in London