London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 20日

from Lufthansa

ルフトハンザ機内の無線LANに接続成功しました。なかなか早くて快適です。今回の旅行は行いが良いのか、行きも帰りも長距離フライトの隣がいなくて、2席を独占でき大変大変快適です。これだとビジネスクラスよりも好きかも。

今日のジュネーブは天気がとっても良かったので、機内からモンブランをはじめとしたアルプスの山々がくっきり見えました。レマン湖もとってもきれいにきらきら輝いており、名残惜しさ大爆発でした。あと、私の元・職場も現在のアパートも見えました。次はいつ戻れるかなあ。すでに戻る計画を立てたくなっている私です。

とはいえ、仕事に戻らねば。機内ではちょっとたまった仕事をこなそうと思います。日本についたら職場に直行ですから、その準備も。

ではでは。
[PR]

by kototora | 2005-06-20 21:57 | life in Geneva
2005年 06月 20日

行ってきます

さて、日本に戻ります。ジュネーブは今日も良い天気ですね。あぁ、もっとゆっくりしたかったなあ。

そういえば、ジュネーブに戻ってから花粉症を発症しているような気がします。目がかゆくて鼻水がひたすら出る。。。ずいぶん季節はずれですけど。うーむ。ネコアレルギーかとも思ったのですが、屋外でも症状は変わらず、というか屋外で悪化するような気がしましたので、もしや花粉症ではと疑っています。ま、今日までなので良いんですけどね。

そうそう、ちなみに昨日のレンタルDVD屋さんの戦果は、

The Phantom of the Opera
The Notebook
Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events

でした。ちょいいまいち。また次回に期待しましょう。
[PR]

by kototora | 2005-06-20 13:11 | life in Geneva
2005年 06月 20日

晴天の日曜日 in Geneva

今日のジュネーブは昨日に引き続いて良い天気でしたので、レマン湖畔までランチをしに行きました。一枚目の写真は、湖畔をPresident Wilsonホテルから大噴水に向かってお散歩中のところ。
b0020299_23475655.jpg

今年は例年よりも水がきれいなように思います。実際あまり臭さも感じず、これだったら泳いでもよいかもといった感じ。一枚目の写真をとったあとにヴェルソワ方面に向かってもう一枚ぱちりと。
b0020299_23494930.jpg

こちらは、妻と子供たちがずっとストーキング?していた白鳥の卵から生まれたヒナ。かなり遠くだったのですが、デジカメの望遠のおかげでかなりくっきり見えてちょっと嬉しいかも。母親とぴったり寄り添っていてほほえましい感じ。
b0020299_23534390.jpg


ランチはヒルトンホテルのテラスで冷え冷えのビールと一緒にラムのシチューをいただきました。相当美味でした。野菜も多くて優しい味。子供たちはパスタとハンバーガー、出張疲れの妻はスープとサラダでした。ご馳走様でした。

ランチのあとはまた湖畔に戻って美味しいモカアイスを食べながらパキ埠頭のあたりをぶらぶら散歩して帰りました。久々に家族一緒で良い日曜でした。

さ、明日はまた日本に向かって長旅です。頑張ります。ちょっといまから近くのレンタルDVD屋さんまで行ってきます。
[PR]

by kototora | 2005-06-20 00:01 | life in Geneva
2005年 06月 19日

パーティ in Geneva

今週末は抜けるような晴天のジュネーブです。昨日は午前中はちょっと町中に買い物。今週末のジュネーブはFête de la Musiqueという音楽のお祭りで、町中の方々に舞台が設置されていました。本番は土曜の夜でしたので、私が通り過ぎた午前中はまだまだ静かでした。

お昼過ぎに出張から戻ってきた妻をお迎えに空港に。ちょっと早めに行って下の娘とランチをしつつゆっくり待っていたら、空港でもarrival gateの横で仮設の舞台ができてジャズの演奏をしていました。なかなか粋な演出だなと思っていたら、我々の食事が終わった頃には演奏も終わってました。

夕方からはパーティに飛び入り参加。本来は招待されていなかったのですが、妻の配偶者という身分で参加させていただきました。参加者はジュネーブ勤務の国際機関の日本人職員でしたので、懐かしい顔がいくつも。旧交を暖めつつ、ちょっと就職活動?も。ガーデンパーティで、レマン湖が一望できるすばらしい会場でした。天気も良かったのでゆっくりできました。あー楽しかった。

さて、今日も良い天気。長旅でお疲れの妻と子供達と一緒にごろごろして久々のジュネーブの休日を過ごそうと思います。
[PR]

by kototora | 2005-06-19 16:43 | life in Geneva
2005年 06月 18日

無線LANトラブル

ジュネーブの我が家には超遅いADSLとともに無線LANを導入しています。で、先日セキュリティの設定をしたのですが、現在我が家に滞在中のインターンの子が無線LANにアクセスしたいけど、ネットワークキーなるパスワードを要求されてアクセスできないと言っているという話を聞いており、ジュネーブ滞在中の重要事項の一つとしてこの問題を解決しなくてはと考えていました。

で、早速設定を見てみたのですが、ネットワークキーのメモなんて残していないし、いくつかそれっぽいパスワードをトライしてみたけど全て×。。。と、いろいろいじっているうちに、なんと、インターネットそのものに接続できなくなりました。おおお。

超焦る私。ADSLのルータを初期化すべきかどうか迷いつつ、何度か電源のon/offを繰り返し、設定画面に行ってマニュアル通りになっているかどうか、呪文のような設定をチェックしました。で、苦闘すること2時間。どうしたのか全く分かりませんが、突如インターネット復活しました。ふう。

次に、無線LANにとりかかりました。こちらは無線LANポートを初期化して設定のやり直し。再度呪文のような設定画面を何度も修正し、ThinkPadを横にこちらの設定も何度も変えてみたけど、結局昨晩は無線LAN復活ならず。どうしたもんだろうと思いつつ、眠気に負けてベッドに入ったのですが、時差ぼけですから、3時間ほどで目覚めてしまいました。顔など洗って眠気をとって、再チャレンジ。いろいろいじっているうちに、なぜか?無線LAN再接続に成功しました!!方法不明なので、再現できません。あはは。でもよかった。

ということで、約1日ぶりの無線LAN経由で書き込んでいます。

教訓。もっとネットワークの勉強をしましょう。失礼しました~
[PR]

by kototora | 2005-06-18 11:26 | life in Geneva
2005年 06月 17日

ジュネーブ帰省1日目

昨日、無事ジュネーブに着きました。フライトは順調。特に関空~フランクフルト間のルフトハンザは空いていて楽でした。もちろんエコノミーだったのですが、席二つをつかうことが出来たので、ラッキーでした。今回搭乗した機体は新しいものらしくきれいでしたし、何よりも特徴的だったのが、トイレが地下にまとめてあったことですね。これは初めてでしたねえ。なかなかgoodだったかも。

そうそう、機内の無線LANですが、何度もトライしたのですが接続できませんでした。ルフトハンザのhpは見れるのですが、その先のインターネットに接続する画面(お金が発生するところ)が何度やっても出てこず、結局断念。そういえば、先日アムステルダムで無線LAN接続ができずにテクニカルサポートの女性と15分ぐらいあーでもない、こーでもないと悩んだのを思い出しました。はあ。ま、帰りにも再度トライしてみます。そうそう、ちなみにフランクフルト空港ではT-Mobileというプロバイダが15分2Euroの無線LANを提供しており、これはなかなか便利でした。

今回のお土産は、豚まんと和牛、和菓子におにぎりを密輸しました。あとは、日用雑貨系。そうそう、「梅で元気」も買ってきました。昨日は子供達は早速おにぎりを堪能しました。今日は豚まんかなあ。

さて、今朝は晴天のジュネーブです。午前中は以前の職場にちょっと行って一部で話題のサクラの木を見て(詳細は書けません。。。はは)、そのあとフランスまで食料品&ネコ砂を買い物に行こうと思っています。さて、コーヒー入れて眠気を覚まさなくては!
[PR]

by kototora | 2005-06-17 13:38 | life in Geneva
2005年 06月 15日

出発前日

明日からのジュネーブ帰省?にむけて公私ともに準備を始めました。明日の朝は5時半出発!ちと早いかも。ま、しょうがない。機内でインターネットに接続を試みます。ちょい楽しみ。

では、次回の更新は機内かジュネーブからになります。行ってきます。
[PR]

by kototora | 2005-06-15 17:18 | life in Japan
2005年 06月 15日

さいてーのピラミッド観光(後編)

前回、怪しすぎるパピルス販売所から命からがら?脱出したところまで書きました。今日は後半のピラミッド観光です。

我々が連れ込まれたパピルス販売所からピラミッドまでは車でわずか5分程度。やっと妙な押し売りから解放されたので、ピラミッド観光は平和に過ごしたいと同行した同僚と話していました。願わくば、ピラミッドやスフィンクスにできるだけ近づいてぼーっと見て、写真でも撮って帰ろうと思っていたのですが、ピラミッドのまわりは高い塀に覆われ、容易に見ることは出来ませんでした。で、その塀沿いに馬やラクダがいっぱい群れており、さらに明らかに怪しそうなおじさん達がたむろしていました。。。再度いやーな予感におそわれる私と同僚。

車は予想通りそのおじさんの群れのど真ん中に突入して止まりました。で、運転手と契約していると思われる怪しげなおじさんが歩み寄り、ピラミッドまでの馬かラクダの手配を提案しだしました。値段は我々の言い値で良いとかと言っていますが、明らかに一人50ドルぐらい欲しいみたい。でも、連日の会議で疲れ切っていたうえに、先ほどのパピルス販売所で幻滅していた我々は、馬あるいはラクダに乗ることを断固拒否。

普通、客が拒否したら引き下がるものだと思うのですが、このラクダ屋は違いました。遠路はるばる来たのだから絶対に馬かラクダに乗って行かないと後悔するとか、これまでこの場所で拒否した人はいないとか、いろいろぐちぐち言っていたのですが、それでも拒否し続けたところ、おじさんが最後に切れて激しい口調で何か言って立ち去りました。超感じ悪し。

観光客相手のビジネスを否定するつもりはないのですが、お客様相手だったら、お客様が心地よくなるようなサービスを提供すべきで、押しつけ以外の何者でもない彼ら(パピルス屋とラクダ屋)の行為はサービスとも呼べないものでした。私は同じ途上国でも心地よいサービスを経験したことがありますので、このエジプトの押しつけ行為は、全くいただけないものでした。同行していた同僚も同じ意見でした。

結局ピラミッドまで来て、壁と観光客相手の変な人たちしか見れなかったと、少々悔しかったのですが、あんな変な人たちにお金を渡さなくて良かったと二人で納得して帰路に就きました。

。。。ふと気付くと、車はピラミッドの正面入り口に差しかかっており、なんとそこからスフィンクスとピラミッドが大きく見えるではありませんか!すぐに車を停めさせ、車の中からしばしのピラミッド鑑賞。間近で見ることはできませんでしたが、視野いっぱいにひろがるピラミッドの雄大さだけは感じることができました。よかったよかった。このとき写真を撮ったので、後日アップします。

ということで、これからツアーではなく個人でピラミッド観光に行かれる方。様々な押しつけ行為に遭遇することと思います。それを良しとして受け入れるか、我々のように頑として拒否するかは個人個人の決断によると思いますが、こんなことがあるんだと、心して行かれることをお勧めします。
[PR]

by kototora | 2005-06-15 15:01 | work
2005年 06月 14日

さいてーのピラミッド観光(前編)

現在、妻がカイロに出張中。カイロと言えば私も4月に出張しましたが、同じホテルにステイしているらしい。繁華街からは遠いものの、空港に近くて新しくてきれい。部屋もなかなか豪華でした。あと、隣にショッピングモールがあるので買い物も便利。あ、でも私は最終日にちょろっと寄っただけでしたが。でも、冷房効き過ぎで私は風邪を引いちゃいました。妻はとりあえず大丈夫な様子(たぶん)。よかったよかった。

ということで、すっかり遅くなりましたがカイロ出張のご報告を。というか、最終日の3時間程度の自由時間を使って行った最低・最悪のピラミッド観光のご報告です。

今回のカイロ訪問は会議出席でしたので、初日からずーっとホテルに缶詰で会議続きでしたが、会議の最終日は午前中で終わり、その後全員でランチをしてからディナーのミーティングまでの3時間ちょっとのフリータイムができました。ならば、ピラミッドでしょう。ということで、ホテルのコンシルジェに、ピラミッド観光の手配をお願いしたところ、

「ピラミッドは午後4時で閉まるので、ダメ」

と言われました。たしかに聞いた時点ですでに3時半だったので、間に合いそうもありません。だったら、近くまで行って眺めるだけでも良いと言ったところ、おもむろにそこらに電話をかけまくり、ハイヤー?リムジン?を一台手配してくれました。ピラミッドまでの往復で50ドル程度だったと思います。

で、会議の参加者(フランス人のおじさん)と二人で車に乗り込み、なかなか親切そうなドライバーと雑談しながら市街地を抜けてギザのピラミッドに向かいます。途中、ドライバーがいきなり車を停めて我々の水を購入したあたりから変だなーと思っていたのですが、ピラミッドが間近に近づいたころ、おもむろにとてもよい人がいるから紹介したいと言って車を停めました。

建物を見ると、

「パピルス研究所」

の文字。パピルス???? 言われるままに建物にはいると。。。予想通り、パピルス販売店でした。いかにもお金儲けが好きそうなおばちゃんからパピルスの作り方などを聞きながらふと後ろを見ると、美人のおねいちゃんが二人待ちかまえています。やばい雰囲気だな~と思っていたら、説明後にそのおねいちゃんが一人ずつに張り付いて商品の説明をはじめました。

しかーし、我が家にはなぜかもらい物のパピルスが数枚あり、絶対に飾らないものの一つ。かたくなに拒否し続けていたら、おねいちゃんのご機嫌がどんどん悪くなり、最後はぶすーっとしてました。ごめんなさいね。だっていらないんだもん。

ちなみに、この店の売り文句。

1)政府公認のパピルス製造・販売所
2)営業は今日までで明日から長期休暇にはいるので、今日は特別割引

なんだかなあ。明日もう一度来ますって言ってみたかった。

なんとかこのパピルス販売所から脱出していざピラミッドへ。。。長くなったので続きは後ほど。
[PR]

by kototora | 2005-06-14 13:19 | work
2005年 06月 14日

いのしし注意

今朝、最寄りの阪急の駅まで歩いている途中、ふと気付いたこと。とあるマンションの裏口?の門に、

「イノシシが入るので門をしめてください」

と書いてありました。ここってイノシシいるんですか?
[PR]

by kototora | 2005-06-14 09:42 | life in Japan