London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧


2004年 10月 31日

10月が終わってしまった!

わーん、10月が終わってしまった。いろんなことが大幅に遅れ気味。仕事上では、すでにlaunchしているはずのとあるプロジェクトはまだ企画段階。金曜もその打ち合わせだったが、なかなか先に進まなくていらいら。動けよ、そこの外人。口ばっかじゃなく!とか、よく分かっていないのにいらん口を挟むな!!とか言いたいけど、にこやかに対応。でもお腹の中は地獄谷のよう。。。はあ。ストレス溜まるなあ。それにしても、目先の締め切りが多すぎ。明日月曜も一つ締め切りがあり、今日はその作業。

しかも、仕事以外でやっていることも火の車。自分で10月末に締め切りを設定していたとある研究も10%ぐらいしか完成していない。すぐにでも作って相談しなくちゃいけないとある研究のプロポーザルに至っては、一行も!書いていない。あーやばいやばい。

秋風の吹く外を見ると、無性にブルックナーの8番を聞きたくなる。やっぱりクナッパーツブッシュでしょう。私が生まれる遙か前(?でもないか)の1962年録音だけど、超名盤。これもブログで紹介しないと。。。でも、しっとりひたっている精神状態ではなく、iTuneから流れるストーンズとかThe Jam、T.Rexとかを聞いて無理矢理自分を鼓舞して、仕事しまーす。
[PR]

by kototora | 2004-10-31 16:25 | work
2004年 10月 31日

冬時間になりました

おはようございます。本日から冬時間になりました。1時間時計を遅らせますので、日本との時差は7時間(夏時間)から8時間になりました。ということで、今日は1時間得したことになります。ラッキー。

昨日は久々の晴天。ネコにやられた布団を庭で水洗いして干したらとりあえず乾きました。もちろん、そんなことでは獣臭はとれず、来週クリーニングに出す予定。でも、今度は愛用のソファに粗相の集中砲火を浴びています。昨晩から2回目。はあ。。。日本から運んできたちょっとだけ思い出のあるカウチだったのですが、下の娘とネコの度重なる粗相で、もはや壊滅状態。。。ううむ。どうしたもんか。

ネコの粗相で汚れたソファの再生方法なんてないですよねえ。。。

追記:ネットで粗相の処理方法について調べたら、ファブリーズが良いとの情報を見つけた。しかも、P&G製なのでもしやと思ってP&Gフランスのサイトをみたらこちらでも売っているのを発見。早速日曜も午前だけ開いているスーパーChampionに直行し、ファブリーズ買ってきました。一本の半分ぐらいをソファに噴霧。さてどうなるんでしょう。。。家中ファブリーズの臭いで充満。ま、おしっこ臭いより良いかも。
[PR]

by kototora | 2004-10-31 15:11 | life in Geneva
2004年 10月 30日

とんかつ!

先日ブログサーフをしていて見つけた美味しいとんかつの作り方byためしてガッテン。早速やってみました。yum! どなたか忘れましたが、情報どうも有り難うございます!海外で、しかも自分で肉厚のトンカツが作れるとは感激。やっぱり電気フライヤーを買うべきか。。。要検討かも。
[PR]

by kototora | 2004-10-30 15:22 | gourmet & travel
2004年 10月 30日

君たちはなぜ並ぶ?

rinkomatsuさんとコメントのやりとりをしていて思い出したことなんですが、代官山に行くたびに気になっていることが一つ。並木橋の交差点から八幡通りを代官山に向かってすぐの橋のあたりに、若い男の子がいつも並んでいるのをご存じですか?もしかしたら、すでに流行が終わって「かつて並んでいた」という表現が適切なのかもしれませんが、どうなんでしょうか。知り合いの美容師さんに聞いたら、ある洋服屋さんの限定モノのTシャツのために並んでいるとか。もう一つ、シェ・リュイの近くに和風を売りにした洋服屋さんがありますが、そこもたまに行列ができています(ここも超有名店と聞きました)。

並木橋のほうは知りませんが、シェ・リュイの近くの和風のお店は実家からすぐなので、外国人へのおみやげ用に小物でも、と入ってみてびっくり。単に紺色でワンポイントのTシャツが5000円、変なジーンズが2万円!でした(記憶違いでなければ)。

代官山にくる若者達は特に流行好き、洋服好きなんだとは思いますが、この風景は果たして海外で見られるのでしょうか?NYやロンドンの若者達が5000円もするTシャツで行列?うーん。あまり聞いたことがありません。あえて言うなら、パリのルイ・ヴィトンで観光客が行列していることぐらいでしょうか。。。あ、これも日本人ですね。

君たちはなぜ洋服にそれほどの情熱、エネルギー、お金をかけているんですか?その情熱をちょっとでも他のことに向けたら、もっともっと素敵になれると思うんですが。。。

以上、おやじになりかけの戯れ言でした。でも、私も日本でサラリーマンをしていたころ、見分不相応なゼニアのスーツとか買っていたなあ。反省。
[PR]

by kototora | 2004-10-30 04:51 | life in Japan
2004年 10月 29日

お祝いの会 in Tokyo - 途中経過ご報告

先日のブログで皆様に都内のオシャレな高級和食屋さんを聞いたところ、早速harumisanさんrinkomatsuさんから大変有益な情報を頂戴しました。どうも有り難うございます!早速いただいた情報を元にさらに検討したいところなのですが、仕事が忙しくてまだできてません。私も週末にでもネットで情報収集をして再度候補などをアップしたいと思いますので、しばしお待ちを!

それにしても、東京はチョイスが多くてよいですよね。NYやロンドン、パリなど海外の大都市でも、レストランに関しては東京ほどチョイスがあってクオリティが高い街はそうそうないと思います。もしや世界一かも。でも、値段と店の態度が高飛車なのも世界一ですよね。そこが残念。

しかし、お二人のおすすめの「分とく山」良さそうですねえ。パーティ抜きでも一度行ってみたいところです。広尾にあったんですか。近くだったのに。。。一ヶ月待ちだったら、いまから予約すると年末は大丈夫ですね。パーティでも個人的にも検討したいと思います。

なお、rinkomatsuさんおすすめの本格料亭も良いのですが、お祝いするのは70歳を超えた義父。おそらく、本格料亭は会議やら接待やら?(学者に接待があるのか。。?)で何度も訪問しているはずですので、今回は見送りたいと思います。本格料亭といえば、箱根の「強羅花壇」を思い出します。むかーし仕事で!行ったことがあります。いまでも健在のようですね。あのエントランスからはじまる雰囲気はまさに別世界だったのを思い出します。。。

おっと仕事仕事。ではまた!
[PR]

by kototora | 2004-10-29 17:26 | gourmet & travel
2004年 10月 29日

国連と危機管理

先ほど、パキスタンのイスラマバードのホテルで爆発騒ぎがあり、5人の方が負傷したという報道がありました。米国の外交官をねらったテロという説もありましたが、パキスタン当局はどうやら否定した模様です。今晩、このホテルに偶然妻の上司が出張で宿泊していたそうです。上司には幸い怪我はなく、安全な場所に避難されたそうです。

国際機関に勤務していますと、大なり小なりこういった危険と隣り合わせにあります。昨年のイラク・バグダッドの国連爆破事件は記憶に新しい惨事ですが、紛争国や危険地帯での勤務も多い国際公務員には、常にこういったリスクに直面する可能性があると言っても過言ではないと思います。ということで、国連ではセキュリティ・トレーニングの受講を義務づけられており、これを終了していないと出張に出れないと言われたので、私も今年始めに受講しました。このトレーニングは、どうしたらリスクを回避できるか、という点に特に重きをおいていたように思います。例えば、危険地帯の一人歩きはしないとか、ホテルでも地上階には絶対宿泊してはいけない、などもトレーニングの中で学びました。

いま、日本人の若者がイラクで生死の危機に直面しています。なんとか助かって欲しいと心の底から思っているのですが、一方でご自分で危機管理を充分にされていたのか疑問です。ラマダンの真っ最中、宿泊地も確保できていない、しかも半ズボン・Tシャツでイラク入りしたというのは、あまりに非常識です。先日のイラクで拘束された3人組の方々や、銃撃戦のさなかのべツレヘムの聖誕教会に突然現れた日本人カップルもそうですが、紛争地帯は最も避けるべき場所だというごくごく基本的なことを忘れていませんか?

これまでもイラクでは何人もの外国人が拘束されてひどい目にあってきましたが、観光客というのは今回が初めてではないかと思います(違うかもしれませんが)。ベツレヘムのカップルも「地球の歩き方」を持っていたバックパッカーだったと記憶しています。そんな観光客は日本人しかいないんじゃないかと思います。そんな日本人で良いのか、我々はいま一度しっかりと考える必要があると、私は思います。
[PR]

by kototora | 2004-10-29 04:57 | work
2004年 10月 28日

物欲の日々:iPod Photoと電車男

b0020299_6181465.jpgiPodの新型出ましたね!60GBでカラー表示。欲しいなあ。我が家のiPodは第三世代の15GB版。長距離ドライブには欠かせないアイテムの一つです。でも、購入当初はなぜか私のPC(ThinkPad)と同期できず、異様に苦労したのは良い思い出です。あまりにうまく行かないのでネットを調べたら、「うまく同期できることはまれなので、同期前に祈るべし」との書き込みを見て脱力しました。結局、2週間ほど同梱されていたFirewireケーブルと格闘しましたが、最後のトライでUSBケーブルを買ったらあっさり解決。これ以外にも、車のシガーソケットからの電源供給ケーブルを購入したのですが、我が家の車のシガーソケットとは形が合わず、日本に一時帰国したときにオートバックスでアダプタを見つけて買ったりと、購入当初はいろいろと苦労しましたが、現在はそれも全て解決して愛用。いいですよね。iPod。

追記:いろいろネットなどみてふと思ったんですが、音楽&写真→動画ですよね。しかも、映画一本だいたい2GBぐらいなので、もし動画が見れるようになったらもっと楽しそう。。。ジョブズどうしたぁ!ま、でもあの液晶じゃあ小さすぎるかも。ううむ、難しい。

b0020299_6414925.jpg次は、電車男。夏前にネットで「まとめサイト」を見て面白いと思いましたが、本になったんですね。でも、あのやりとりのおもしろさが再現できたのか。。。興味深いですね。あと、まとめサイトの解説?合いの手?が面白かったのですが、それは本でも生かされているんでしょうか。ちなみに、個人的には前半の出会いからベノアのあたりが一番面白かったのですが、後半になるとだんだんちょっとうそっぽいなあ、と思いながら読んでいました。特に、告白の時に彼女が「頑張って」と励ましたあたりは、かなり???でした。男性としては情けないですし、女性としてもそんな言葉をかけるんでしょうかねえ。。。ううむ。最近の若いもんはわからんのぉ(←おやじ)。

新潟の地震で大変だったり、イラクで日本人の方が拘束されたり、アラファトが倒れたりと大変な時に呑気なブログで失礼しました!
[PR]

by kototora | 2004-10-28 07:11 | miscellaneous
2004年 10月 28日

訪問御礼&トラの粗相

昨日はブログ開設以来初めて一日のアクセス数が100人を超え、なんと121人もの方にアクセスしていただきました。どうも有り難うございます!先週までは一日あたりのアクセス数が10~20の間を行ったり来たりしていましたから、ほぼ10倍?!いったい、どうなったんだあぁぁぁ。おそらく、yahoo効果ではないかと思いますが、瞬間風速ではなく、末永くおつきあいいただけたらと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

。。。と書いたところで、二階から妻のヘルプの叫びが。何かと思ったら、クローゼットに置いてあった布団の山にトラがうんち&おしっこをしてました。くっさー。。。被害は甚大。布団二組どろどろになり、クリーニング直行。もう一つの古い布団にもおしっこがかなりかかってしまい、こちらはゴミ箱直行。。。ああ、もったいない。横にあった妻のワンピースにもおしっこがはねていましたので、こちらもクリーニング直行。二人がかりで30分以上かかって片づけました。いま家中が消毒剤のAjaxの匂いで充満。くさいくさい。

こらっトラ。だめじゃん。今日はヤワ餌(ソフトタイプの高級餌)抜きなんだの!
[PR]

by kototora | 2004-10-28 04:54 | cats
2004年 10月 27日

白金・四の橋商店街

我々は現在ジュネーブに住んでいますが、都内港区白金に我が家を残して渡欧しました。皆さん、白金ってどういう場所をイメージされますか?オシャレ?シロカネーゼがいそうな場所??ぷぷぷぷ。

実は、港区には「白金」と「白金台」があり、プラチナ通りと呼ばれている外苑西通りがあるのは、「白金台」です。ということで、おしゃれなシロカネーゼと呼ばれている人たち(?そんな人は見たことがないんですが)が徘徊しているのは、主に白金台だと思われます。では、白金ってどんな場所でしょう。実は白金も捨てたもんじゃなく、一部地域はけっこうオシャレです。簡単に図示しますと、
        白金台
     
  白金2丁目  4丁目  6丁目
___________________
←田町      通称バス通り     →恵比寿
___________________

  白金1丁目  3丁目  5丁目

        南麻布

このような位置関係になっているのですが、白金台に近い、白金2、4,6丁目は高級マンションや豪邸が建ち並ぶ高級住宅街です(某新興宗教法人の巨大な建物もありますが)。それに対して、白金1,3、5丁目は、よく言えば下町風情を残した庶民的な町。っていうかごちゃごちゃした田舎町です。

で、我が家は。。。白金3丁目。そう、下町のど真ん中です。その中でも、下町らしさを色濃く残した商店街、「四の橋商店街」からすぐのところですので、今日は四の橋商店街をご紹介します。

明治通り「四の橋」交差点から我が家での通称「泪橋」を渡ると(高級住宅街の南麻布と下町の境目の橋なので)、四の橋商店街の入り口です。そこから上の地図にある通称「バス通り」に至る数百メートルが四の橋商店街です。では、どんなところかというと、

b0020299_7494349.jpgb0020299_752859.jpg









こんな感じです。寂れた商店街って感じですよね。我が家が6年前に引っ越してきて最初に面食らったのは、週末になると商店街の真ん中でおばちゃんしか着れそうにない下着の露店がでること。しかも、どこからわいて出たのか(失礼!)けっこうおばちゃん、おばあちゃんが下着を買っている!ここはどこ?。。。間違っても、シロカネーゼは買わないと思います(笑)。ともあれ、「四の橋商店街」、なかなか捨てたもんじゃありませんので、お勧めのお店などご紹介します。では、明治通り側から順番に。

・四の橋交差点のすぐのおそば屋さん:普通の街のおそば屋さんだが、けっこう美味しい。名前忘れちゃいました。ごめんなさい。田中屋?ちがったかなあ。
・「鳥亭」:宮崎(熊本?)の地鶏料理専門店。本格的な地鶏や馬刺などが楽しめる店。安くて美味しい居酒屋だったので、よく通いました。これも四の橋交差点からすぐ。
・「ラシェット・ブランシュ」:有名フレンチ。三田「コート・ドール」出身のご主人とマダム(おそらく奥様)のお二人が中心となって切り盛りする本格的なフレンチレストラン。ここも良く通いました。でも、子供不可だったのがちょっとねえ。。。「鳥亭」の斜め前。
・「ラビラント」:これも有名フレンチ。丸ビルにも支店を出しましたね。ワインリストの豊富さと本格フレンチで以前から有名でしたが、この庶民的な四の橋商店街にはちょっとミスマッチかも。だって、目の前は持ち帰り寿司屋さんですからねえ。けっこう勝負かけているカップルとかがいる横で、地元の家族連れがいて、目の前は持ち帰り寿司屋さん。。。面白い取り合わせです。
・「鈴木屋」:妻も私もモツ系はちょっと苦手なので実は一度も利用したことがなかったが、モツ屋さんとしては超有名とか。我が家のイメージは、夕方から地元のおやじ達と家族連れがわいわい集まる地元の店。
・パンの「キムラヤ」:上の右側の写真にその勇姿が見えますね。昔ながらのパン屋さん。焼きそばパンやクリームサンドなど、昔ながらの調理パンが美味。よく夕方行ってサービスしてもらってました。
・スーパー「ホームマート」:白金から白金台、さらに高輪方面からも買い物客が訪れるスーパー。すぐ近くには「丸正」、ちょい先には「ピーコック」や「肉のハナマサ」があるスーパー激戦区?だが、我が家一押し。何よりも安いことと、我が家から近いこと。店の前の焼き鳥屋台が夕方になると良い匂いを漂わせている。
・「のんほお」:お持ち帰り中心の本格餃子屋さん。中国人のご主人と奥様が手作りで作る餃子はなかなか美味。まだやっているのかなあ。
・「玻璃白金」:オサレ系中華。途中でレモンを搾る杏仁豆腐が美味。

さらに、四の橋商店街の周辺には、我が家一押しのとんかつ屋「大五」は商店街からすぐ(バス通りを白金高輪駅方面にちょっといったところ)、芸能人も訪れる怖いおばちゃんで有名な焼き肉「金竜山」も徒歩5分程度でした。あと、高輪のクロワッサンで有名な「カイザー」もすぐ。良い場所だったなあ。。。

現時点ではあまり東京に帰って住みたいとは思いませんが、いろんな意味で不便なジュネーブに暮らしていると、この白金の生活が夢のようです。ということで、一時帰国のさいには四の橋商店街散策は我が家では欠かせない行事?です。

是非皆さんも一度いらしてください。場所は、地下鉄「白金高輪」駅から徒歩5分ちょっと。渋谷や田町、広尾からバスも通っています。あと、広尾からのんびりお散歩がてら歩いても良いかもしれません。途中南麻布の「ペーパームーン」で美味しいケーキでお茶などしつつ。。。

追記:よく間違われるのですが、白金は「シロガネ」ではなく「シロカネ」と読みますので、ご参考まで。
[PR]

by kototora | 2004-10-27 08:56 | life in Japan
2004年 10月 27日

どなたかアイディアを!

今度の年末か来年の3月頃に日本に一時帰国する予定です。一時帰国時に、とある親族のお祝い会をする予定で、いま会場を探しています。でも、長く東京を離れているので、なかなか思いつきません。どなたか、以下の条件に合致するようなお店ご存じないですか?

・和食、あるいは和風無国籍のレストラン
・おしゃれ
・味は超一級。高齢者に対するお祝いなので、量より質
・予算上限無し
・人数は10人(個室が望ましい)
・場所は都内中心だったらどこでも可(山手線の内側)
・ホテルの中のお店はできたら避けたい

洋食だったらすぐに思いつくのですが、和食はあまり知りません。洋食でいうと、例えば南麻布のAppia(イタリアン)、三田のコート・ドール(フレンチ)、いまは亡き天現寺のアロマ・フレスカ(イタリアン)などがイメージなんですが。。。どなたか、お心当たりがありましたら、是非教えてください!宜しくお願いします。
[PR]

by kototora | 2004-10-27 03:18 | gourmet & travel