カテゴリ:myself( 47 )


2006年 05月 27日

イワシの手開き

昨日、いろんな意味で衝撃の展開。うわー。。。どうしよ。内容はとてもここでは公表できませんが、困った。ものすごーーーーく悩む。でも、ちょっと嬉しかったりもする。へへ。

ところで、先週、今週とフェルネの市場に行き、新鮮な野菜とお魚を買いました。そこで一つご報告。

先週、生まれて初めて魚をさばきました。といっても小さなイワシを20匹ほど。私は魚は大好きなんですが、生臭いのは嫌い。魚を調理した後の台所が魚臭くなるもの嫌い。ということで、家で魚を調理するのは切り身ぐらいでしたが、あまりに新鮮そうなイワシだったので、思い切って?魚をさばくことを決意?しました。

当然、イワシをさばくなんてどうやるのか知りませんでしたので、ネットで調べちゃいました。方法は至ってシンプルで、手開きというらしい。具体的には、頭を落としてお腹のあたりに切れ目を入れたら、あとは手でぐいぐい内臓を取り、さらにぐいぐい開いて背骨も手で取るというシンプルなもの。

フェルネのお魚は鮮度抜群なので、思ったほど臭くなく小一時間で処理完了。背骨は軽く小麦粉を振ってすぐにフライにしました。カリカリに揚がった骨は超美味。ビールのおつまみに最高ですね。今日も調子に乗って2kgほど購入。いまからさばかないと。

がんばりまーす。

そうそう、今日はフェルネだけではなく、自宅近くのBudeのマーケットにも行って、新鮮な果物や野菜を買い込みました。買い物しすぎ。疲れました。
[PR]

by kototora | 2006-05-27 19:01 | myself
2006年 04月 27日

asthma

今年はジュネーブに来て初めて花粉症が発症して目と鼻が辛い日々を送っており、ようやく小康状態になってきたと思っていたら、先週末からひどい咳が止まらなくなり、息苦しさも。特に夜寝れないぐらいの咳とwheezingで、これはもしやと思って昨日自宅近くのクリニックに行ってみたら。。。

アレルギー性の喘息と診断されてしまった。ということで、昨晩から吸入器のお世話になる羽目に。。。しくしく。

ま、極めてマイルドな喘息だという診断だったので、早く治したいもんだ。はあ。

ちなみに、今年のジュネーブは花粉症及びアレルギーが非常にひどいとの医師のお話でした。なんでも、寒い冬からいきなり暖かくなったりしたことが原因ではなかろうかとのこと。

しかし、息苦しいってことがあんなに辛いとは思ってもみなかった。近年の花粉症やアレルギー症の増加で喘息も増加しているらしい。皆さんも気をつけてください。
[PR]

by kototora | 2006-04-27 03:52 | myself
2006年 03月 29日

お知らせ

突然ですが、つい先日、これまで勤務していた某・国際機関を退職致しました。私の将来のキャリアについてはしばらく前から悩んでいたのですが、ちょうど契約の切れ目でしたし、他のチャンスらしきものも見えつつあったので、思い切って決断しました。ま、実は退職にあたっては、このような表向きの理由の他にもいろいろとドロドロしたこともあったのですが、そんなことはここでは絶対に触れられません~ 本当は触れても良いと思うのですが、国際機関を目指している若い人たちを幻滅させるようなことがいろいろとありまして。。。あはは。いや、笑い事じゃないぐらいいろいろとあったのですが、まあ終わったことです。飛ぶ鳥跡を濁さず。笑い飛ばしちゃうしかないですね。あはは。

ということで、現在はジュネーブの自宅に戻り、疲れを癒しつつ(?実はそれほど疲れていませんので、単に休暇をとっている感じ)、次のステップに向けていろいろと準備中です。ちなみに、「次のステップ」はまだ未定です。いちおうプランはあるのですが、その通り物事が進むかどうかはまだ分かりません。うまくいくといいなー。ともあれ、これから慎重にいろいろ進めたいと思います。

なお、仕事上お世話になった方や個人的に親しい方にはすでに退職のご挨拶をしたはずなのですが、一部連絡し忘れている方、ごめんなさい。この場を借りてご挨拶を。

皆さま、某・国際機関在職中はいろいろとお世話になりました。今後も同じ分野で活動しようと思っていますので、ご指導ご鞭撻のほどどうぞ宜しくお願い致します。

堅苦しい挨拶はこれぐらいにして、ブログのタイトルを変えないといけませんね。追って考えます。ブログの存続自体もちょっと考えるかもしれませんが、どちらかというと自分のための記録ですから、おそらくはこのまま細々と継続すると思います。というか、これまで精神的にも物理的にもばたばたしていてブログの更新ができませんでしたが、今後は以前のペースに戻ると思います。

ということで、ご連絡でした。今後とも宜しくお願いします。

追記:今日は祖母の告別式でした。参列できませんでしたので、ジュネーブから、合掌。
[PR]

by kototora | 2006-03-29 18:19 | myself
2006年 03月 23日

ますます佳境に

いろんな意味でますます佳境に入っています。超やばいっす。何が? いや、いろいろと。

ということで、ブログ更新する気分ではありません。すみません。ともあれ、生きています。あ、とりあえず先週末に神戸からジュネーブに戻りました。

ふう、来週にはもう少し事態が好転する。。。といいなあ。

とりあえず~
[PR]

by kototora | 2006-03-23 01:04 | myself
2006年 03月 04日

もしかして?

もしかして、もしかしたのか??
いやいや、まだまだはっきりしていない。慎重に慎重に慎重に。。。

すんません。意味不明で。

祖母はいま頑張っているようです。私の両親帰国まであと3日。なんとか頑張って欲しい。
[PR]

by kototora | 2006-03-04 02:08 | myself
2006年 03月 01日

とりあえず元気です

一昨日日本に戻ってきました。帰国早々いろんな意味で佳境に突入しており、とてもブログをアップする状況ではありませんが、とりあえず元気ですのでご心配なく。あ、ちょっと風邪引いちゃいましたが。

いずれにせよ、追ってスイス帰省の話など、いろいろご報告できると思いますので、しばしのお待ちを。メールのお返事なども非常に非常に滞っていますが、必ずお返事しますので、こちらもしばしお待ちいただけたら幸いです。

以上、すみませんがよろしく。。。

一つだけ状況報告。もう4~5年会っていない祖母の体調が先週末から急変して、現在かなり危険な状態とのこと。できれば快復して欲しいのですが現時点では意識がなく、体力も弱っているので治療らしい治療も提供できないらしい。なんせあと数年で3桁の大台に届こうかという超高齢なので、これが祖母の最期の時間だとしたら静かに看取ってあげたいと叔父・叔母たちは判断した模様。あるいは自然の回復力に賭けたのか。いずれにせよ、現在イタリア旅行中の両親も、旅行の予定を無理矢理切り上げて帰国することに決定したそうです。私もお見舞いに行きたいのですが、かなーり遠くなのでなかなかすぐにはいけそうにありません。。。

この祖母といえば、私がまだ小さい頃、夏になると祖母の家に帰省していろいろ遊んでもらうのが好きだったのを思い出す。暑い夏と優しい笑顔は懐かしい思い出です。現在、いろんな意味でぐちゃぐちゃな状態の私ですが、あんな純粋で楽しい夏の日があったものだとしばし感慨深く思い出しました。

いま、たまたま時差ぼけでつけていた深夜テレビで、Four Weddings and a Funeralをやっています。大好きな映画の一つ。特にFuneralの詩の朗読のシーンは印象的。なんだか暗示的なのかもしれませんが。。。いや、希望は強く持とう。

しかし、このまま見続けると今晩は図らずも徹夜だなあ。今回も時差ぼけきつそうです。
[PR]

by kototora | 2006-03-01 03:13 | myself
2005年 09月 20日

jet lag

昨日からの体調不良、やや持ち直しつつあるもののまだまだって感じ。ところで、昨晩は自宅でメールとかしていたらなんか元気になり、早く寝ようと思っていたんですが結局夜更かし。今日はまた職場で眠い眠い。

これってもしや、仕事がイヤで逃避行動?ではなく(。。。ないと思いたい!)、単なる時差ぼけかも。ま、疲れから来る体調不良もあると思うんですが。あぁ、週末が待ち遠しい。

ということで、仕事の効率相変わらず悪し。はあ。頑張ります。
[PR]

by kototora | 2005-09-20 12:32 | myself
2005年 02月 25日

業務連絡その2

予告していました今週末の東京訪問ですが、諸般の事情で取りやめることにしました。すみません。で、次回の東京訪問は3月12日(土)、13日(日)の予定です。

ちなみに、今週末はアパートに篭って仕事です~
[PR]

by kototora | 2005-02-25 17:07 | myself
2005年 02月 25日

業務連絡

ふと思い立ってhotmailのアカウントを作りました。

kototora@hotmail.com

個人的なご連絡希望の方、こちらまで宜しくお願いします。仏子さん、もし宜しければこのアドレス宛に情報お願いします。
[PR]

by kototora | 2005-02-25 07:39 | myself
2005年 01月 26日

一身上の重大なお知らせ

皆さん、鼻かぜを引いたあげくにティッシュを忘れて重要な会議に出席した経験ありますか?私は今日まさにその状態でした。ずずっとすするわけにもいかず(汚くてごめんなさい)、自然に引っ込むのを待つ?しかない、あー辛かった。けっこうシニアな人たちが激論を戦わしているなか、ひたすら耐える私。会議の後半は涙目でした。情けない。

それはともかく、一身上の重大なお知らせがあります。

実は私、来週末からしばらく単身赴任します。

ジュネーブには同じ機関で働いている妻と子供たちが残り、私だけが遥か海の向こうに行きます。昨日、新しい契約書が完成して航空券を予約しました。2/6にジュネーブを発ち、途中一回乗り継いで10数時間飛行機に乗って翌2/7に新しい赴任地に到着する予定です。

このような単身赴任は国際機関に働く夫婦には避けては通れないものと分かっていましたし、今回の異動ももちろんかなり前から分かっていたのですが、現実を目の前にしてなんだか呆然としています。というか、異動までのあと10日間にしなくちゃいけない膨大な作業量を前に愕然としています。

しかし、やはり家族と離れるのは寂しい。子供達もまだまだ小さいし手間がかかるので妻の負担が非常に大きくなるのも辛い。単身赴任は実はこれが初めてではないのですが(前回はやはり私だけがカリフォルニアの某大学に)、何度目でも寂しいし辛い。しかも、ほとんど知らない土地への赴任。ちなみにいちおう昇進なのですが、相変わらず超・不安定な短期契約。さらに、いろんな意味で大変な状況。ううううう(涙)。

ふぅ。。。前を向いて、頑張ります。

ま、ジュネーブの我が家の引越が異動前にとりあえず完了し、新居での家族の生活がある程度は軌道に乗りそうなのが唯一の救いかも。実は、今回の引越は私の単身赴任を見越して決断しました。だって、便利な場所でのアパート暮らしの方が、おそらく妻と子供達3人の生活はより楽だし安全だろうから。。。hopefully。

ともあれ、異動後はこのブログのタイトルもちょこっと変わると思いますが、内容は。。。あまり変わらないでしょう。今まで通り日常のどーでも良いことをぼちぼち綴ろうと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。また、ジュネーブにはなるべく頻繁に帰ってくるつもりですので(といっても数ヶ月に一度ですが)、そのときに凝縮したジュネーブ情報をお伝えできると思います。

ご参考までに新しい赴任地は、なんと、

神戸@日本。

あぁ、これで勤務先がばれるなあ。神戸にある国際機関なんてそうそうあるもんじゃないし。分かった方も、そっとしておいてくださいね。あと頑張って探さないように(笑)。

ということで、どなたか神戸生活情報please!関西には住んだことが無く土地勘ゼロ。唯一分かっていることは、勤務地の場所が神戸市内で、オフィスの最寄りの繁華街が三宮(三ノ宮?)だってこと。ちなみに、神戸には5~6年以上前に一度だけ、仕事で2時間ほど滞在したことがあるだけで、ほぼ何も知りません。ま、唯一言葉が通じることが救いでしょうか。あ、でも関西弁かあ。言葉もちょっと不安。

いずれにせよ、今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]

by kototora | 2005-01-26 09:52 | myself