London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:life in London( 237 )


2008年 08月 12日

Holy moly!

昨日のロンドンのニュースは、オリンピック一色だった。400m自由形女子で英国のRebecca Adlingtonが金メダルをとったが、英国の女性が競泳で金メダルをとったのは、なんと48年ぶりだったらしい。また、銅メダルも英国のJoanne Jacksonだったのでさらに盛り上がったようで、昨日はこのレースの模様が繰り返し放映されていた。非英国人の私はすぐに見飽きてしまったが、レース内容は、最後のタッチの差での大逆転というすごいレースだった。

なお、この実況をしていたアナウンサーと解説者が、最後は絶叫していたのが、なんとなく日本の実況を見ているようだった。あぁ、こちらでも興奮すると叫ぶんだな。ちなみに、表題は解説者が興奮して言った言葉。古風だな。

以前も書いたように思うが、私は日本のスポーツ放送が大嫌いだ。古館某の影響なのか、妙に意味のない言葉を羅列するアナウンサー、ただうるさい解説者、それに応援だか解説だかでなぜかぞろぞろと登場するタレントたちと、繰り返しかかるテーマソングという呼ばれている貧相な歌。あまりに無駄が多すぎて本来のスポーツをじっくり見ることができない。おそらく、このオリンピックも、同じようなんだろうと思う。日本にいなくて良かったと思える瞬間だ。

オリンピックも他のスポーツも真剣勝負だと思う。そこに、タレントや変な歌はいらない。昔は普通にスポーツを放送していたと思うが、いつの間にか低俗な娯楽番組になってしまった。そんなスポーツ中継を楽しめるのかな。大いに疑問だ。その点、海外の放送はスポーツを中継していると思う。BBCでは、本職のアナウンサーと解説者に加え、オリンピックのメダリストたちが解説に色を添えている程度。これが本来のスポーツ中継ではないか。

オリンピック関連でもう一つ。

今朝、早朝に起きて仕事をしつつBBCをつけてたら、体操男子の団体戦だったので、そのまま見ていた。たしか4種目を終えた頃だったと思うが、3位につけていた日本の選手たちをカメラが捉えたのだが、妙に沈んでいたのが印象的だった。BBCの解説者も同じように感じたようで、「君たちは少なくとも銅メダルが取れそうなので、もっと明るくしなくちゃ」と言っていた。

結局、日本は銀メダルをとることができ、最後に選手たちから笑みがこぼれたが、満面の笑みという感じではなかった。ほぼ完璧すぎた中国は問題外として、それ以外の国を退けての銀メダルはすごいなと思ったが、さっきyahooのニュースを見て少し驚いた。日本は金メダルを期待されていたようだ。

でも、本気でそう思っていたのかな。中国との力の差は歴然だった。これはオリンピック開催前から分かり切っていたのではないか。少なくとも、BBCの解説者によると、中国の金メダルは最初からほぼ確定で、それ以外の国は拮抗していると。素人目には、この解説がきわめて的を得ていたように思える。なのに、日本では、日本が金メダルをとると予想していた?どこにそんな根拠があったのだろう。同じことが、柔道でも見られたのではないかと思う。

あぁ、まただ。少しでも強いと勝つのが当然と騒ぎ、妙な期待をする。選手も、金メダル以外は同じとまで発言する。そうなのかな。銀でも銅でもメダルはメダル。もっと謙虚に、もっとスポーツを楽しんでほしいなと思う。もっとも、国を挙げてバックアップをしているはずなので、そんな甘いことだけを言っていられる状況ではないとも思うが。

ちなみに、インターネットのニュースを見て気づいたのだが、「入賞」というのはどういった意味なんだろう。てっきり、「入賞」とはメダルを獲得したことだと思ったら、6位入賞とかと書いてある。8位以内が入賞?10位以内??少なくとも、海外では「入賞」などという表現は使われていないと思う。日本独特のものなのだろうか。
[PR]

by kototora | 2008-08-12 16:07 | life in London
2008年 08月 10日

夏の終わりのオリンピック

ロンドンは涼しい。今日の最高気温は18度だった。明日は22度まで上がる予報だが、来週はやはり20度に届かない日が多いとの予報。また、最低気温が12度とかの予報なので、ジャケット着用かなあ。まだ8月上旬なんだが。

オリンピックが始まった。予想通り、BBCでは英国人選手を中心に放映するので、日本人はほとんど映らない。もしやと思ってJSTVをみてみたが、放映権の関係といういつもの注意書きとともに、静止画のみ。まあしょうがない。

ちなみに、BBC interactiveというのをみれるご家庭では、on demandで好きな競技を観れるらしい。ふつうの放送中に繰り返しred buttonを押せと言っているので、思わず手元のリモコンのred buttonを押しそうになったが、我が家では電源が切れるだけなので、何の意味もなし。

テレビ関連でもう一つ。今年も来週からX factorが始まるらしい。この手のオーディション番組はAmerican Idolとか腐るほどあるが、2年前のX factorが一番おもしろかった。今年はどうだろう。

あ、あと一つ。やはりTop Gearが日本でロケをしていた。新潟から千葉まで競争したり、なぜか力士を乗せて車の批評をしたり。ざざっとしか見ていないが、せっかくの日本ロケだったが、実はそれほど面白くなかった。。。と思う。彼らも年をとったのかな。
[PR]

by kototora | 2008-08-10 10:03 | life in London
2008年 08月 08日

Nokia 6210 Navigator

注文していた新しい携帯が届いた。これ↓

b0020299_1222222.jpg

昨晩は、いろいろと設定をしてすっかり時間を食ってしまった。もっともまだ設定完了していないが。この携帯、なんとGPSとカーナビのような機能を内蔵しているのが売りとか。少なくとも、地図情報が充実しているらしく、さらにカメラの性能も悪くないみたい。

ま、そういった付属機能も良いのだが、3G対応で無料でアップグレードできる機種の中で、なんとなく一番良さそうだったからこれにした。

とりあえず、今使っているSIMカードを入れると基本設定はあっという間に完了。楽ちん。次にgmailの設定をしたのだが、残念ながら以前使っていたSony Ericssonの携帯と同様に、日本語はすべて

□□□

と表示される。これはしょうがないのかな、と思ってなんとなくぐぐってみると、なんとNokia携帯(S60 3rd Editionプラットフォームの携帯)用のフリーの日本語フォントを見つけた。

+J for S60 by 管理工学研究所
http://plusj.kthree.co.jp/

このリンク先からは、日本語入力用のソフトウエア(シェアウエア)のダウンロードが可能だが、私は別に日本語を書けなくても良く、単にgmailに届いた日本語メールを読めればよい。ということで、まずはこのソフトと一緒にダウンロード可能なフリーの日本語フォントをインストールしてみたら。。。

読めた!完璧。日本語がすべてきちんと表示される。これは良いものを見つけた。

Nokiaの携帯は、ずーっと以前に使っており、なんとなく使いにくかったし、バッテリーがすぐにダメになったのであまり信用していなかったが、これは良いな。私の使っていたSony Ericssonの携帯には、こういった拡張性はなかったと思う。同じSymbianだと思うのだが。

さて、おまけのGPS機能だが、いまだ使えず。どうやら地図情報をダウンロードしなくてはならないようだが、欧州のデータは1.4GBもあるらしい。ちなみに、デフォルトのメモリ容量は1.2GB。。。どうやってインストールしろと?あぁ、microSDを買えってことですね。むむむ。

ちなみに、入力はスライド式の10キー。やはりqwertyではないので入力しづらいが、まあ許せるかな。少なくとも、iPhoneよりも入力しやすい、と思う。スライド機構は別にスライドしなくても良いかなって感じ。あまりそのメリットを感じない。

ということで、新しいおもちゃでしばらく遊べそうだ。なお、アンロックするかは検討中。以前の携帯は確か40ポンドかかった。そこまで投資すべきなのかどうか。。。ま、急ぎではないので、じっくり検討しようと思う。
[PR]

by kototora | 2008-08-08 12:27 | life in London
2008年 08月 06日

upgrade

あと一年は現在の大学に籍があることになったので、ちょうど契約の切れる携帯の契約を1年間だけ更新した。本当は、契約をうち切ってpay-as-you-talkにすべきか悩んだのだが、2年間使ってきた携帯の調子が悪くなってきたので、契約更新の際にタダで携帯を支給してくれるサービスに乗っかり、おもわず契約更新してしまった。はは。新しい携帯は早ければ今週中に到着するはず。ちょっと楽しみ。

昨日は、初めて夕ご飯を食べた!と思ったら、朝ご飯のパンが切れていたことに、今朝気づいた。ううむ。あとでパン買いに行かないと。食生活のリズムが戻るにはもう少し時間がかかるのかも。

ちなみに、昨日までは、代官山パントリーの天然酵母パンを食べていた。やっぱり格別に美味しい。なお、クロワッサンと丸パン(正式名忘れた)の両方を密輸?したのだが、代官山で食べるときはどちらも甲乙つけがたいぐらい美味だが、油分が多いせいか、こちらで食べたクロワッサンは少し味が落ちたように感じた。その一方で、丸パンは一週間近くたってもおいしさを保っていたので、次回からは丸パンを買って帰ろう。

なんだか昨日の午後から頭痛がひどい。いろいろと疲れが出てきたのかな。。。ま、とりあえず目先の締め切りはないので、少し休養モードで仕事をしようと思う。
[PR]

by kototora | 2008-08-06 15:52 | life in London
2008年 08月 05日

夕ご飯が食べたい

昨日から本格的に仕事復帰。とはいえ、まだまだ回復モードなので、どちらかというと軽めの仕事。なお、昨日、来年1年分の契約手続きをした。緊縮財政が加速した感はあるものの、とりあえず安心。

同僚が購入して半年にもならないMacBookを壊したらしい。なんでも、水をこぼしてしまったとか。水ごときで壊れるとはあまり思えないのだが残念ながら起動せず。しょうがないのでApple Storeに持ち込んだら、水をこぼしたのがあっさりバレてしまい、保証は使えないと冷たくいわれたとか。ま、それはしょうがないとは思うが、修理に400ポンド(85,000円!)かかると言われて切れ、壊れたまま引き取り、帰りにSamsungの安いノートPCを400ポンドちょっとで購入したとのこと。

ちなみに、その同僚は、MacBookを買う前に使っていたVaioも、たしか何かをこぼして壊した経験あり。Note PC crusherとのあだ名を付けられて苦笑いをしていた矢先、飲みかけのコーヒーを新品のSamsungのPCのすぐ近くにぶちまけ、ご本人も含め、その場にいた数人が凍り付いた。。。が、PCには数滴飛んだ程度だったので、すぐに全員大爆笑。気をつけようね。

なお、私も久々にMacBook復帰。3月以降ThinkPadを使っていたが、大きめのHDD容量が必要なので、久々に大きくてずしりと重いMacBookで仕事を再開した。重いなあ。。。

あ、肝心の表題のことを書くのを忘れていた。ロンドンに帰国して数日がたつが、まだ一度も夕ご飯を食べていない。正確には、帰国当日は半分眠りながらお弁当をいただいたが、それ以降、夕食の時間には時差ぼけで眠りこけており、いっさい食べていない。今日は、夕方に人と会う約束があるので、寝ちゃわないようがんばり、なんとか夕食を食べてから寝たいものだ。

あと、日曜になかなか美味しいレストラン?を友人にご紹介していただいた。その記事はまた改めて書きたい。
[PR]

by kototora | 2008-08-05 13:44 | life in London
2008年 08月 03日

Dot2Dot

相変わらず夕方に急激に眠くなり、頑張っておきようとしていたのだが寝てしまい、起きたら深夜1時少し前だった。日本時間でいうと、深夜2時ごろに寝て朝8時半に起床。規則正しい生活が続いている。。。はは。

ところで、ロンドン帰国時に気づいたこと二つ。

Landing cardがもしかして変わったのかも。英国入国の際には、これまでは白いLanding cardを書かされていたのだが、BAの機内で配られたカードはデザインと記入する内容がかなり変わったものだった。青字でHome Officeとびしっと上に書いてあるやつ。ずーっと同じカードだったが、とうとう変わったんだなと思っていたが、ヒースローのイミグレでは相変わらず古い白いカードが山積みされていた。で、イミグレの担当官に聞こうと思ってすっかり忘れて出てしまった。古いカードはいつまで使えるのかな。実は、家にストックがかなりあり、それを使っていたのだが。。。

ヒースローのterminal 5は従来のターミナルより遠方にあると思う(わが家のほうからみると)。実際、日本帰国時に予約した白タクが来ず、普通のタクシーで空港に行ったのだが、普通は40ポンド台のはずだったのに、50ポンド以上かかってしまった。

ということで、ヒースローで重い荷物を転がしてどうやって帰ろうかと考えていたところ、taxi informationという表示が目に飛び込んできた。とりあえず値段でも聞いてみようと、半分冷やかしで窓口のおにいちゃんにSouth Kensingtonまでいくらって聞いてみたら、20ポンドとのこと。またぁ、って冗談だと思ったら真顔で本当だと。

話を聞くと、乗り合いバスだけど、door-to-doorでロンドン中心部だったらどこでも行くらしい。これは良いと早速予約をしたら、20分待てとのこと。よくわかんないけど、とりあえず横のM&Sでジュースとか果物を買い、ベンチで待っていたら20分後に出発となった。

本来は乗り合いだけど、今回はなんと私だけ。ほかの客がこないか20分待ち、それでもこなかったら出発する仕組みらしい。ということで、格安で帰宅できた。これはお勧めかも。なお、現在はヒースロー~ロンドン中心部の往復サービスのみ行っているとのこと。webは以下のとおり。


http://www.dot2.com/

[PR]

by kototora | 2008-08-03 09:31 | life in London
2008年 07月 02日

外貨両替(続報)

昨日、外貨両替について書いたら、早速情報を教えていただいた。けいこさん、有り難うございます。

いただいた情報によれば、どうやら、City Forexというディーラーが良いらしい。早速彼らのウェブをみてみたら、以下のような比較表もあってたしかに良さそう。日本円に関しては、City ForexとM&Sのサイトから比較してみた。

Euro Sell (Rates as of 9:08 1 Jul)
City Forex 1.2300
M&S 1.2171
High St Bank 1.2037
Post Office 1.2017

Japanese Yen Sell
City Forex 203.1936
M&S 199.734

ただし、最大の問題が一つ。この企業のオフィスはシティにしかないので、少しでも安いレートのために地下鉄に乗って両替に行かなくちゃいけない。これだと、どっちが安くなるのか分からなくなってしまうな。。。しかも、シティまで行く余裕はない。ということで、今回はM&Sにしようかな。ただ、今後のために覚えておいて良い情報かも。

さて、仕事だ。実に厳しい状況が続いている。いま、3つほど仕事を抱えており、どれも今週中に片をつけなくてはならないものばかり。一つは終盤に差し掛かっており、もう一つは半分ぐらい出来ているが、最後の一つ(ちなみに最も重要と思われる仕事)ははじめたばかり。今日、200ページ以上の関連文献を2つも見つけてしまったのでプリントアウトしたが、金曜までにこれを読んで考えてまとめるのは相当厳しいなあ。

あ、ちなみに帰国中に実施する仕事の準備は、上記の抱えている仕事には入っていない。本来の予定だと、6月中旬のヤマを超えたら、出発までの3週間で、帰国中の仕事の準備をしっかりしてから帰国するはずだったのだが、おそらく帰国便のなかでスタートになるんだろうな。はあ。。。

いずれにせよ、今日も寝れないな。あぁ、しっかり寝たい。
[PR]

by kototora | 2008-07-02 05:26 | life in London
2008年 07月 01日

ポンドから円への外貨両替

英国在住の方、あるいは外貨両替に詳しい方に質問です。

少額ですが、英ポンド(現金)を日本円に両替したいと思っています。その際、どこで両替するのが一番レートが良いかご存じですか?ご存じでしたら、是非お教えください。

なお、外貨両替できる場所としては、以下の4カ所が想定できる。
 ・ロンドン市内(M&SとかPost Officeなど?)で両替
 ・ヒースロー空港内で両替
 ・成田空港内で両替
 ・都内(東京三菱銀行など?)で両替

一般的に、空港での両替はレートが極めて悪く、緊急時とか特殊な通貨以外は使うべきではないと聞いたことがある。また、ロンドン市内では、意外にも?M&SとPost Officeの両替が良いという話をよく聞く。でも、本当に銀行よりも良いのだろうか。あと、ポンド→円の両替の場合、英国内で両替するのと日本国内で両替するのはどちらがお得なのか。。。よく分からない。

ちなみに、日本で銀行ATMを使って、英ポンド建て口座から日本円を引き出せばよいことなのだが、実はそうもいかない。先日帰国した際に、たしか2万円ほどをNatWestの口座から下ろそうとして下ろせなかったばかりか、この結果口座を一時的に凍結されてしまっていたことが、ロンドンに戻ってから分かった。どうやら、海外で高額の引き落とし=カード盗難かも、と疑われたようだ。いや、2万円ってそんな高額じゃないんだが。

ということで、今回のように少しまとまったお金(といっても10万円程度なのだが)を英ポンド口座から日本の口座に移したい場合、現金で行うべきであろうと判断した。あ、もちろん海外送金しても良いのだが、為替手数料と送金手数料を考えると、おそらく現金で運んでしまったほうがお得であろうと判断したのだが、実際はどうなんだろう。
[PR]

by kototora | 2008-07-01 11:08 | life in London
2008年 06月 30日

品切れ

いつも思うのだが、イギリスのスーパーでは品物の一部が品切れになっていることが多い。特にうちの近くのM&Sでは顕著。

昨日も食料品を買いだしついでに、日本へのお土産を買おうと思っていたら、目当てのお土産のあった棚の部分が見事に空。ということで、お土産買えなかった。その代わり、前回買い物に来たときに売り切れで買えなかったものが入荷しており、逆にそちらが買えた。また、数回連続で売り切れが続き、もしやもう廃盤になったのかと思っていたら、ひょっこり出てくることもある。

人気があるから品切れになるのか、人気がないからなのかはよく分からないが、このスーパーでは、棚のところどころが品切れですかすかになっているのをいつもみる。しかも数日後でも、ほぼ全く同じ状態のこともしばしば。特に保存のきく食料品にこの傾向が顕著だと思う。なんでだろう。

ちなみに特に欧州旅行中に、欲しいなと思ったが、またどこかで買えるから今は買わないでおこうと思って一度見送ったものを、その後買えた試しがほとんどない。従って、本当にいいな・欲しいなと思ったらその場で買うのが、どうやら旅行中の買い物の鉄則なのだが、うちの近くのM&Sでは、日常的にこの法則が当てはまるようだ。

日本ではどうだったかな。こんなことなかったような気がする。スーパーで棚がすかすかになっている光景は、あまり馴染みがない。流通や在庫の方法が違うんだろうな。あるいは、単にうちの近くのM&Sの在庫調整があまりに下手なのかもしれない。
[PR]

by kototora | 2008-06-30 14:05 | life in London
2008年 06月 29日

深夜2時の空腹

いま深夜2時。相変わらず仕事中。まさにエンドレス。

そんななか、夕食後すでに6時間以上がたち、小腹が空いてきたので、台所に行ったみたものの、食べるものがない。。。いや、正確には食べたいものがない。

帰国前なので、食料品の貯蔵がかなり少なくなっているのも事実だし、忙しくて昨日は買い物に行けなかったので、生鮮食料品も少な目。でも、食べようと思えば食べられるものはある。たとえば、昨晩はお米を炊いたので、ご飯とそのときに作ったおかずの残りもある。サラダも少しだったら作れる。M&Sの絶品のチョコチップクッキーも冷やしてあるし(ちなみに、このクッキーは冷やして食べるのが吉)、パンとコーヒーを切らしたことはない。

あぁ、でもどれも食べたいと思えない。お腹は空いているのに。

理由は分かっている。最近、味のバラエティが極端に減っている。ずっと忙しかったりお金がなかったりで早く安くできるものばかり作って食べているので、レパートリーはかなり限定される。それでもいろいろ工夫してきたのだが、これが数ヶ月も続いたので、飽きたんだな。

外食はもちろんしてないし、敢えて言うならば、職場でまずいサンドイッチを食べるのが、唯一違う味に触れるチャンスかもしれないが、それも同じようなものばかりで、こっちはずいぶん前にすでに飽きている。

なんだろう。何が食べたいのかな。何か違う味のものが食べたい。あぁ、よく分かんないけど、お腹空いた!どうしてくれよう。空腹と疲れでふらふらしてきたので、仮眠でもするかな。
[PR]

by kototora | 2008-06-29 10:06 | life in London