2008年 07月 29日 ( 1 )


2008年 07月 29日

あとわずか

離日まであと2日となった。やり残したことが多々あるのだが、今回は時間切れの模様。また秋には帰国しないといけない事態になってしまったが、今回はいろいろと個人的なことも処理しなくてはならず、これが限界だったと思う。いずれにせよ、酷暑の東京を動き回り、いろんな方々にお会いし、貴重な情報や暖かいお言葉を頂戴した。どうも有り難うございました。

なお、「個人的なこと」はここでは書けぬが、自分のことだけを考えて自分勝手に生きていく人もいるということを学んだ。そういった生き方を否定するつもりはさらさらないが、私は、周りの人たちを傷つけまくるような、そんな生き方はしたくない。そういった自分勝手な生き方をすると、いずれこっぴどく痛い目に遭うと私は信じている。これまでも、これからも、自分自身と周りに正直に、かつ周りへの気配りを忘れずに生きていきたいと思う。不器用な生き方だと分かっているし損ばかりしているが、それでも、そうやって生きていくことで、いつも胸を張っていられると信じている。

そんなことはともかくも、明後日の帰国までは、追い込みで2つほど書類を作成しなくてはならない。今晩がまさに山場、正念場だ。なんとか今晩中に形にして、明日中に発送しなくてはならない。頑張らねば。暖かく見守ってくださる方々への恩返しも含め、いま出来ることを精一杯やっていきたいと思う。

******

なお、このブログの使命はあとわずかだと思っている。まだしばらくは続けたい。でも、近々筆を置きたいと思う。ジュネーブから始まり、日本、ロンドンと居住地や職を変えても書き続けてきたが、そろそろ終わりにしたいと感じている。

これまでは日記なぞ書いたこともなく、マメに日記をつける人なんて信じられないと思っていたが、自分でも意外だったが、実は私は日記をつけることが嫌いじゃないことが分かった。意外に続けられるものだと分かったし、続けることが楽しいと感じている。しかし、このブログで話せることや、話したいことは、正直もうあまり無い。

このブログはあくまで独り言なので、特に誰かに向かって発信するものではない。実は、本来の目的は少し異なっていたのだが、いつの間にか独り言になってしまっていた。そんな独り言を綴っているにもかかわらず、毎日いろんな方々にアクセスしていただいている。いつも有り難うございます。ご覧いただいている方々に対しては、感謝の気持ちと同時に、実は少し不思議にも思っている。こんな独り言を見てもつまらないんじゃないかと。ま、たまにレストラン情報などもあるので、それを目当てにしていらっしゃる方も多いのではないかと思うが。

ただし、いろんな方にアクセスしていただくことで、一人じゃないんだなと勇気づけられたことも多々あった。また、たまにコメントをいただくことで、「会話」を楽しむことが出来たし、ブログがきっかけとなって、いろんな方と知り合うことができた。

従って、このブログを終了しても、ほぼ間違いなく別の場所で別の日記でも始めることになるだろう。ただ、ジュネーブから始まり、ロンドンまできた私の一連の旅は、いったん区切りをつけるべき時が来たようだ。

そんなことを、ここ数日ぼんやりと考えていた。

ともかく、まだしばらくはここで書き綴ろうと思うし、終了と移転?を決めたら、そのときに改めて皆さんにはご連絡したいと思っているので、それまでは今まで通り宜しくお願いします。ではまた。
[PR]

by kototora | 2008-07-29 20:36 | life in Japan