London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 30日 ( 1 )


2008年 06月 30日

品切れ

いつも思うのだが、イギリスのスーパーでは品物の一部が品切れになっていることが多い。特にうちの近くのM&Sでは顕著。

昨日も食料品を買いだしついでに、日本へのお土産を買おうと思っていたら、目当てのお土産のあった棚の部分が見事に空。ということで、お土産買えなかった。その代わり、前回買い物に来たときに売り切れで買えなかったものが入荷しており、逆にそちらが買えた。また、数回連続で売り切れが続き、もしやもう廃盤になったのかと思っていたら、ひょっこり出てくることもある。

人気があるから品切れになるのか、人気がないからなのかはよく分からないが、このスーパーでは、棚のところどころが品切れですかすかになっているのをいつもみる。しかも数日後でも、ほぼ全く同じ状態のこともしばしば。特に保存のきく食料品にこの傾向が顕著だと思う。なんでだろう。

ちなみに特に欧州旅行中に、欲しいなと思ったが、またどこかで買えるから今は買わないでおこうと思って一度見送ったものを、その後買えた試しがほとんどない。従って、本当にいいな・欲しいなと思ったらその場で買うのが、どうやら旅行中の買い物の鉄則なのだが、うちの近くのM&Sでは、日常的にこの法則が当てはまるようだ。

日本ではどうだったかな。こんなことなかったような気がする。スーパーで棚がすかすかになっている光景は、あまり馴染みがない。流通や在庫の方法が違うんだろうな。あるいは、単にうちの近くのM&Sの在庫調整があまりに下手なのかもしれない。
[PR]

by kototora | 2008-06-30 14:05 | life in London