London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2008年 03月 20日 ( 3 )


2008年 03月 20日

なぜ手を添える?

東京で買い物をしていて気づいたこと。

いつから、会計をした店員さんがおつりを出す際に、お金を渡す手とは反対側の手を添えるようになったんだ?

最初に気づいたとき、会計をしてくれた店員の若いおにいちゃんに手を握られるのではないかと思って、あっけにとられてしまった。そうしたら、次のお店のお姉さんでも同じ。こちらは、ちょとキレイな方だったのでどきどきしてしまったのだが、まあそんなことはどうでもよいことだな。いずれにせよ、ほぼ3回に1回ぐらいは手を添えない、いわゆる普通のおつりの渡し方をしてくれるが、かなりの確率で手を添えられる。

おそらく、釣り銭を落とさないようにという「気遣い」のつもりかもしれないが、それはさすがにtoo muchではないか?

あと、お札のおつりをすごい勢いで数えるのも、いつからそうなったんだろう。これはしばらく前から気づいていたが、急いでいるときは早くしてくれと叫びたくなるし、急いでないときも、そんなばか丁寧に客の鼻先でおつりを広げるまでもなかろうといつも思う。

これは本当に「サービス」なのか?

以前、カリフォルニア・Palo Altoに住みはじめたときに、どのお店に入っても、店員さんが満面の笑みとともに、Hi How ya doin?とか、What's up?とか聞いてきたのに違和感を感じたのに似ている。おまえはいつから友達になったんかと。もっとも、しばらくするとそれに慣れてしまい、ニューヨークに出張した際には、店員さんのあまりの不愛想さに驚いたものだった。

いまは、そんなにフレンドリーではなく、挨拶もせいぜい「hi」程度、お札も釣り銭も普通にぐいっと手渡すロンドンに慣れたので、カリフォルニアに行ったら違和感を感じるんだろうな。ということは、日本にしばらくいると、釣り銭を渡すときに両手が出てくるのに慣れるかも。でも、いまはダメだ。違和感感じまくり。
[PR]

by kototora | 2008-03-20 23:07 | life in Japan
2008年 03月 20日

花粉症とPasmo、携帯電話など

花粉症、予想通り再発した。目が痛いし、鼻がむずむず。これでは仕事に支障があるので、大嫌いなマスクをすべきかどうか迷っていたところ、私の父親も花粉症で、彼が処方してもらった花粉症薬を一つもらって飲んでみたら効果絶大。来日期間中はこれで乗り切れそう。よかった。

しばらく日本を離れていると、いろんなものが新しくなっていて新鮮。昨日は地下鉄の移動だったので、パスネットを購入しようとしたら、廃止になったらしい。そのかわりに登場したのがタッチ式の「Pasmo」というものだったので、早速購入。これ、どうやらJRでも使えるらしい。便利になったものだ。

ちなみに、JRでは、同じようなタッチ式のカードをSuicaと呼ぶらしく、これも地下鉄、JRともに利用可能とか。では、SuicaとPasmoの違いは何?ぐぐってみると、機能としては多少の違いがあるものの、ほぼ一緒の様子。なんで名前を統一しないのか。会社が違うから?ユーザーにとっては、単に分かりにくいだけなんだが。

あと、Pasmo購入にデポジットが必要なのは分からんでもないが、デポジット部分が使えないのは、ちと解せない。ロンドンのOysterのようにデポジットも使えるようにした方が、解約時の手続きなどが不要なのでずっと現実的だと思うのだが。それとも、何か他の目的があるのか?

分かりにくいと言えば、携帯の契約が非常に難解。両親が重い腰をあげて携帯を買おうかと検討しているらしいので、家にあったカタログを見ると訳分からない。特に、ソフトバンクの「頭金」「月賦」は理解に苦しむ。携帯ごときになぜ「月賦」?それってローン??基本的な回線使用料=「月賦」なのか、それともハードの購入のみのための「月賦」なのかも、いまだに理解できていない。しかも、一括払いだと7万円とか書いてあるし。iPhoneよりも高価なハードを皆さん使っているのか?あぁ、よく分からない。いずれにせよ、もっと分かりやすくして欲しい。

なお、ソフトバンクではプリペイドのSIMカードを扱うようになったらしい。これは便利かも。海外の3G携帯に入れれば(SIM free化してあるもの限定だが)、日本の携帯として使える。ちなみに、私の英国vodafoneの携帯は普通に日本でも使えるがローミング費用がやはり高いので、ローカルな携帯が手軽に入手可能なのはなかなか良いな。

しかし、リチャージの度に最低でも3000円必要で、しかも60日しか有効ではないって短すぎ・高すぎではないか?英国vodafoneはたしか90日だし、5ポンドのtop-upも可能なので、もっと安くで長く使えるはず。スイスOrangeはもっと長く使えたような記憶あり。この点は改善して欲しい。
[PR]

by kototora | 2008-03-20 06:56 | life in Japan
2008年 03月 20日

渋谷は高齢者の街

パリで飛行機に乗り遅れた私のスーツケースは、火曜日の深夜11時半過ぎに無事到着。中身も無事。よかった。

スーツケースが届くまではまさに身一つで、着替えもない有様。ロンドンから飛行機を乗り継いで長時間の移動の後だったので、是非是非シャワーを浴びたかったが、持っているものはパソコンと書類のみ。。。ということで、実家に到着してすぐ、最寄りの渋谷へ下着などの調達に行って来た。

で、びっくりした。平日昼間の渋谷は、なんとご老人が多いことか。渋谷は若者の街だと思っていたけど、実はご老人もいる街なんだな。特に、食料品の買い物をしている方多いようで、東急東横店の地下なんて、一番空いてそうな平日昼間なのにご老人で大混雑。駅の近くの商店街にもいっぱい。

渋谷の街は、若者がデートや宴会で訪れるばかりではなく、実はいろんな年齢層にアピールできる場所なのかも知れない。そういえば、私の両親も高齢者の仲間入りをして久しいが、彼らも日常的に渋谷まで歩いて買い物に行っている。そんな方が意外に多いんだろうな。渋谷の周りには古い住宅街も多いし。

ちょっと渋谷が好きになった。

しかーし、Book 1stのビルが取り壊されており、渋谷に専門書を多く扱う大型書店がなくなってしまった。かつての大盛堂書店は、駅前の小さなお店だけになってしまったし。ちなみに、Book 1stは駅の近くに規模を縮小してオープンしているらしいが、専門書はあまりないだろうな。実に不便だ。この点はなんとかして欲しい。
[PR]

by kototora | 2008-03-20 05:30 | life in Japan