2007年 12月 02日 ( 2 )


2007年 12月 02日

方向性の変化とその先にあるもの(2)

先ほどの投稿にも書きましたが、これからしばらく山篭り?する予定です。ということで、このブログの更新頻度はしばらく落ちると思います。いつもいらしていただいている皆さま、数日に一度は更新すると思いますので、気が向いたらお付き合いいただけたらと思います。

ところで、先日このブログのタイトルを変えてから、また読者層が変わったように思う。ブログをはじめた当初はジュネーブやフランス在住の方々と国際機関勤務の方々が中心で、その後神戸に赴任したときは日本国内の読者の方が増えた。ロンドンで働き始めてからは、やはりイギリスの読者の方が増え、逆に国際機関関連のアクセスは激減した。あと、Start Macモニターをしたので、その期間中はマック関連の読者の方々が増えた。

で、先日のタイトル変更からは、大学からのアクセスが多くなっているように思う。ま、当然といえば当然かもしれないけど。それにしても、ブログ名にアクセス傾向が敏感に反応するのは面白いな。

このアクセスの解析、なかなか面白い。

時折、相手のわかるアクセスがある。あくまで推測ではあるものの、この地域、企業や団体、大学からのアクセスはあの人だなと思えることがある。違うかもしれないけど。特に、普段ほとんど連絡していない友人(元友人?)からと思われるアクセスは、なんだか特に嬉しい。だったら直接連絡しろよと思うけど、なかなか踏ん切りがつかない。連絡の途絶えてしまった友人たちとはいつかまた連絡をとりたいとは思っているのだが。。。すみません、引っ込み思案で。

ブログはMixiなどのSNSと違って顔の見えないメディアだと理解しているのだが、ある程度の「繋がり」が見えてくるものだと、最近思うようになってきた。これも長く続けていたからかな。個人的には、SNSのように繋がっている線がはっきりしたものよりも、ブログのように繋がりが曖昧でぼんやりしたほうが心地よい。もともと「繋がる」ことが目的なのではなく、「書き留める」ことが目的だからかもしれない。

いずれにせよ、今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by kototora | 2007-12-02 18:19 | miscellaneous
2007年 12月 02日

方向性の変化とその先にあるもの

現在いくつかの研究プロジェクトを抱えているのだが、そのうちのメインの研究が頓挫中。

この研究は3年計画で行っているもので、自分の中ではかなり大きな研究。長期戦なのでどちらかというと後手後手に回りがちではあるものの、ほかのプロジェクトをこなしつつ徐々に進めていたことは進めていたのだが、どうも研究の方向性が自分の中でしっくりしなくなってきてしまった。

この研究、これまでにもかなり紆余曲折しており、今年の6月末に最初の計画から研究内容を大幅に変更したのだが、このままではさらに変更しそうな気配あり。6月末の変更でこれまで茫洋としてた研究内容がある程度絞れてきたと思っていたのだが、未だに茫洋としており収拾がつかない。

あぁ、もっと地に足のついた研究がしたい。地道にデータ収集をして解析するタイプの研究が性に合っているのだが、今やろうとしているのはすごくマクロでqualitativeな研究。プロジェクトとしては嫌いじゃないけど、研究としては難しい。言葉遊びが多くなってしまうし。

しかも、この研究に関して年明け早々に学内で発表をする予定になっており、もはや一刻の猶予もない状況。さあ、どうする?

こういったときは、とにかく美味しいものを食べる。。。もとい!ひたすら読んで考察するしかない。あと、時間がないのでひたすら読んで考察しつつ、発表の骨子(=研究の骨子)を再度書きはじめなくては。
[PR]

by kototora | 2007-12-02 17:46 | myself