London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2007年 08月 06日 ( 1 )


2007年 08月 06日

StartMac #13 モニターの役割とは

(注:givelnさんのコメントを踏まえ、一部改変しました。元の文章もいちおうしばらく残しておきます)

私は現在MacBookを主にWindowsマシンとして使っています。

実は、MacBookを使っている時間の9割以上はWindowsが立ち上がっている状態です。その理由は単純。私が日常的に使っているソフトのいくつかは、Win版しか持っていないのです。特に大きいのがReference ManagerとSPSSかも。これらなしでは生きていけない?のですが、Win版しかありません。ということで、いまもMacBookで記事を書いていますが、Windowsを利用しています。裏でReference Manager立ち上がっていますから。

しかし、Windowsを主に使っていることに対して、「モニターの意味を考えるとどうかと思う」という趣旨のご意見をいただきました。では、モニターの意味ってなんですか。私にはおっしゃっていることが良く分かりません。私の分かっていることは、私のできる範囲でMacBookを最大限使って、その感想をブログに投稿することです。

さらに言うならば、私の理解ではMacBookのモニターには、ハードウエア、ソフトウエア、さらにサービスの3つの領域が存在しており、それぞれに対してモニターを行うべきだと思います。ということであれば、Windowsを使っていたとしてもハードとサービスの評価は可能ですし、Windowsを使う上でのソフトの評価もできます。確かに、MacOSの評価が疎かになってしまう恐れは多分にありますが、できる範囲ですればよいと思っています。いずれにせよ、Windowsマシンとして90%利用していることは、10%しかモニターできていないのではありません。お間違えのないように!

。。。それにしても、なんか、こういった意見が多いのはなぜなのでしょうか。

私はモニターとして、MacBookを使うことの楽しさや良さ、あとダメな点をざっくばらんに伝えられたら良いなと思っています。私がモニターとしてできることはその程度ですし、おそらくそれ以上のことはApple社からも期待されていないと思います。

そう考えると、モニターの皆さんも読者の方々も、期待値が高すぎませんか?モニターからすばらしい情報を得ようとか、公正なモニター活動を期待しようとか思っていませんか。それってtoo muchだと感じます。少なくとも、私のブログではそんなことは期待されても困ります。単なる個人の戯言を記した「日記」ですから。その点をご理解いただき、気軽に読んでいただけたら幸いです。

ちなみに、信者の方にもApple社にも、あとMacOSを使わないとモニター失格だとおっしゃる方にも怒られそうですが、「漬物石としてMacBookを利用する」とか「MacBook裏面で目玉焼きを作ってみる」って記事があったとしても、私にとっては立派なモニター記事です。うわっ読みてえって思いません?私はぜひ読みたいなぁ。

あと、もうひとつ申し上げたいのですが、実は、私は他のモニターの方々が初期に書かれていたMac大好き、Mac楽しいって記事の、密かなファンでした。だってすっごく楽しそうだったから。私も趣味でコンピュータを使えたら、あんなふうに名前とか付けて楽しめるのになぁと半ばうらやましく思いつつ、そういった記事を楽しく読んでいました。

でも、そういった記事をサクラだとかやらせだとか批判する人がいらっしゃるようです。なんででしょ?よく分かりません。別に事務局の告知をブログにそのまま載せてもかまわないと思いますし、正直そんなことはどうでも良いと思います。だって単なる個人のブログですから。一部の方が疑心暗鬼になっている「サクラ」の存在ですが、本当にサクラの方がいたとしても、別にどうでも良いと思います。所詮営利企業のモニターですから。本当のところはどうだか知りませんが、私にとってはモニター活動は個人活動なので、他の人がどのような活動をしようと私にはそれほど重要ではありません。私のできることを粛々と行う、それだけです。ムービーコンテストも、上手くできたら、これいいでしょって自慢しあって良いと思います。だって完成したら嬉しいじゃないですか。あ、そういえば、コンテストの投票するのを忘れてしまいました。すみません。

でも、「モニター広場」に投稿するのに名前を出せないほどになってしまったのはなぜなんでしょう。そういえば、mixiのMacBookコミュニティが常に喧嘩腰なのがいやですぐに脱退したのですが、それを思い出しました。

皆さん、読む方も書く方ももっと肩の力を抜いて、モニターとして個々人の役割を全うし(私の理解ではMacBookについて感じたことをそのままざっくばらんに伝えること)、それを温かく見守っていただけたらと思います。ま、上記のような実にくだらない中傷に激しく反応した私も反省しなくてはならないと思いますが。

。。。そんなことをつらつらと思った休日の午後。あぁ、仕事しないと。

ところで、私は事務局にはお詫び方々ご連絡しましたが、仕事の都合がつかず、今週末の第二回モニターミーティングにも不参加が決定しました。とってもとっても残念なのですが、皆さんの前向きな意見の交換を期待します。

あ、ちなみにビデオカンファレンスできるのであれば、遠隔で参加可能です。私は今週土曜のモニター会議の時間はロンドンの自宅におり、ネットへのアクセス可能です。もしや使ったことのない内蔵カメラの利用デビューができるかも。事務局様、ご無理のない範囲でご検討いただけたら幸いです。

ご参考までに、モニター同期の中では最も酷使されていると思われる私のMacBookは元気です。契約違反の改造をしてしまいましたが、その後はすでに6カ国、地球一周以上も旅しているうえに、いまは毎日早朝から深夜まで一日20時間以上電源つけっぱなしの状態です。HDDもほぼ満杯。ファンがすごい音を上げてうなり、処理速度が落ちることも何度か経験しましたが、ブルースクリーンや爆弾マークが出ることもなく、期待以上の働きを見せてくれています。なかなか頑張っていると感心しています。
[PR]

by kototora | 2007-08-06 04:17 | StartMac