2007年 07月 25日 ( 2 )


2007年 07月 25日

がっかりだ!

今回の日本滞在中にがっかりしたこと。どれも食事関連です。

1) まずは、渋谷を徘徊していた時に、突然suger boostしたくなり(日本語訳>甘いものが無性に食べたくなり)、名前忘れたけど、公園通り近くのシブーストの名店に(ブールミッシュ?)行こうと探すも見つからずにがっかり。私の記憶ではパルコの前の道を入ったところの中二階だったけど、そんな店は見当たらず。わざわざ人に聞く気もなかったので、釈然としないまま移動。潰れちゃったのかなあ。

2) ということで、ケーキ屋を求めて渋谷から移動。本当は南麻布のPaper Moonに行きたかったけど、ちょっと遠くて断念。その代わりに、恵比寿駅近くのルエル・ドゥ・ドゥリエールに。私の理解ではこの二つのケーキ屋は同系列のはず。なので、同じミルクレープが売られ、ミルフィーユやモンブランなどほぼ同じ外見のケーキが売られている。これだ!と思い、懐かしいPaper Moonのケーキを手軽に味わおうと入ってみたら。。。

全然違うじゃん。外見こそ似ているけど、Paper Moonの濃厚なクリームの味わいが全くなく、普通のケーキ。ごくごく普通のケーキ。別にすごく美味しいわけではなかった。あぁぁぁぁ、悔しい。だったら、無理してでもPaper Moonに行くべきだった。がっかりだ!!

3) 最後のがっかりは、東京ミッドタウンに行ったときのこと。事前に知人から「芦屋タカトラ」のシュークリームが美味しいとの情報を聞き、購入して実家で食べてみることに。友人たちに会う前にオリジナルのシュークリームを購入し、ランチにお付き合いいただいた友人たちにも美味しいらしいと宣伝してうち2名に買わせてしまったが、食べてみたら。。。すっごくがっかりだ!!!

シュー皮もクリームも茫洋としていまいち。妙に大きな外見と、チョコで完全にコーティングされたものなどアレンジされすぎたシュークリームがどこどこ並んでいるのを見て、一抹の不安を抱いていたのだが、不安が現実に。これは、実にいまいち。薦めてしまったS君、Yさん、ごめんなさい。そういえば、関西在住時に全く美味しいケーキ屋さんにめぐり合わなかったけど、もしやケーキは関西ダメなのか?

ちなみに、シュー皮に関しては、渋谷東急本店前のパン屋Vironで何気なく買った小さなシュー(砂糖がちょっとついているだけで中身は空洞のまま。フランスでは良くあるお菓子だけど、名前忘れた)は美味だったなあ。買って帰った時はけっこうおなか一杯だったけど、両親も一緒に美味しいとあっという間に完食してしまった。こういったシュー皮を作れるようになってからシュークリームを売って欲しい。

4) もうひとつおまけのがっかり。上記のVironはバゲットで有名らしいので、シュー皮のお菓子と一緒にバゲットも購入してみました。でも、イマイチだったなあ。味ももちもち感もすべてうーんって感じ。これだったら、代官山パントリーの丸い天然酵母のパンのほうがずっと美味しい。フランスの粉をつかっているという触れ込みだけど、焼き方が悪いのか、表面のぱりっとした感じと中のもちもちした感じのどちらもがいまいちだった。がっかりだ!

参考までに、私にとってのバゲットの最高峰は、実はロンドンのパン屋Aubaineのバゲット。ここの焼きたてバゲットに美味しいオリーブオイルをつけて食べると、それだけで天国にいけます。実は現在の住まいから徒歩2分ほどのところにあるし、毎朝毎夕お店の前を通っているんだけど、このバゲットを買うのは私にとっては贅沢。先日両親が来た時には、おかげ様でこのバゲットを堪能しました。あと、ランチも一度したけど、パスタがなかなか美味でした。おすすめです。
[PR]

by kototora | 2007-07-25 19:32 | life in Japan
2007年 07月 25日

スコール

雨季特有の激しいスコールに見舞われている某途上国です。

昨日、無事シンガポール経由で戻ってきました。シンガポール航空のサービスはなかなか良かった。途中、後方から小さな悲鳴があがるほど揺れたりもしたけど、食事はまあまあ美味しかったし、映画もまあまあ。トランジットのシンガポールでは麺屋さんでなかなか美味しい麺と竹筒ご飯をいただけたし。

機内では映画観まくり。特に、シンガポール~某途上国間でShrek 3が見れたので満足。前作、前々作同様面白いんだけど、ちょっとギャグが滑っている感もあり、もしや米国在住じゃないと本気では楽しめないのではないかと思われる部分もあり、で、60点ぐらいかな。あと、半分寝ながら切れ切れにSpiderman 3を見たけど、こっちはひたすらアクションのみでちょいイマイチでした。

そうそう、ハリポタ最新作を東京で観たけど、こっちも大人のアクションが主体になっており、なんか一作目、二作目の頃からすると全く違うものになっていた。最新作は意外に子供たちが活躍しない映画で、大人たちにフォーカスされた話のように感じた。ちなみに、ハリーの初恋の相手?の中国人は。。。ううむ。なぜ彼女?って感じの女の子だった。もうちと可愛い女の子がいたろうに。。。ぶつぶつ。ま、それはともかく、ハリーも筋骨隆々?の大人になってしまっているし、面影はあるもののこいつ誰?っていう出演者も多く、いろんな意味でかなり無理のある配役のように思えました。次回以降も同じ配役でするとしたら、けっこう厳しいかも。ちなみに、ハリー、ちょっと背が低いかも。

今回の移動で最も印象に残った事は、成田空港第一ターミナルがすごく綺麗になったこと。お店もけっこう充実しているし、チェックインカウンターも最新式でなんかすごかった。お店はもしかして第二ターミナルよりも良いかも。あと、搭乗口間際までショップがあって日本土産が買えるのは日本らしいサービスだと感心しました。思わず「白い恋人」とか買ってしまった。はは。こういった駄菓子ってたまに食べると美味しいんだよなあ。

あ、スコールちょっと小ぶりになった。

スコールといえば、私の留守中に私のプロジェクトが大きく動いている模様。怒涛のようにいろんなメールが送られてくる。相当先に進んでしまっている部分もあるようで、メールの文面を見ても理解できない。完全に出遅れている感あり。今週末にはロンドンに戻るけど、catch upが大変そうだ。
[PR]

by kototora | 2007-07-25 18:34 | life in Dhaka