2007年 06月 13日 ( 1 )


2007年 06月 13日

あと一踏ん張り

仕事がとにかくやばい。

昨日はレポートの締め切りだったのだが、一昨日夕方、提出の24時間前になってからmethodologyの大きな欠陥に気づく。それもとびっきり大きなやつ。

これまでに費やした数ヶ月が全て無駄になるのかと呆然。あまりのことに体が震えていたような気がした。でも、とりあえず落ち着けと自分に言い聞かせ、あと24時間で何をすべきか考える。そのときに取ったノートはいま見てもひどい。ぐちゃぐちゃ。

これまでの成果と、本来出すべきだった成果とのgapを検証する。テーマは一緒だけど、方向性を完全に取り違えてしまった。でも、これまでの成果を組み直すことと、さらなるデータと考察を加えることで、何とかなるかも知れない。。。

そう思って、再度literature reviewを敢行し、夜8時に怒濤のタイトル・abstractチェックをスタートした。1万余の文献をreference managerに取り込む間に取ったノートもひどい。でも、ちょっとだけ光が見えてきたと感じたのか、多少はまともかな。

そこから、4000件ばかりのliteratureのabstractに目を通し、使えそうな文献をpickup。その時点で明け方になっていた。そこから、書きかけのレポートを完全にスクラップして組み直した。この作業は、本当は朝には終わらせなきゃと思っていたのだが、ドラフトし終わったのがすでに昼12時を回っていた(提出期限まで5時間)。ドラフトしたと言っても、Discussionなど弱すぎの部分もあるし、Theoretical analysisに至ってはゼロ。

でも、もう時間切れ。そこから重い腰を上げて着替え、職場に向かう。あとはひたすら推敲、推敲、推敲。あまりの議論の弱さに呆然としつつ、それでも大きな間違いに気づく前のバージョンよりもまだまともだと自分に言い聞かせ、作業を淡々と進める。結局締め切り時間ぎりぎりになんとか滑り込みで提出。

あぁ、qualityが非常に不安。なんせ、実質24時間で書いたものなので、そりゃやばいでしょ。どうしたもんだか。

さて、これから来週にはこのレポートをふまえたプレゼンをしなくちゃいけない。残り時間は6日間。充分に議論できなかったパートを見直し、PowerPointを作らなきゃ。まだまだ波乱がありそう。

そんな感じで先週後半からまさにノンストップ。まともに寝てないし、まともに食べてない。

特に一昨日と昨日はひどかった。もちろん全く寝なかったし、考えてみたら月曜のランチにサンドイッチを食べて以来、昨日火曜の夕食としてパスタを茹でて食べるまで、まともなものを何も食べなかった。ひたすらコーヒーやジュースなどの液体を流し込み、時折バナナやオレンジなどを眠気覚ましに食べてはまた液体を飲み、を繰り返して仕事をしていた。体壊しそうだ。でも、あと一踏ん張りだ。
[PR]

by kototora | 2007-06-13 10:58 | work