London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2007年 05月 30日 ( 2 )


2007年 05月 30日

StartMac #1 Boot CampとParallels Desktop for Mac

StartMac

昨日、遠路はるばるやってきたMacBookの初期セットアップを終え、しばらくネットに接続してその感触を楽しんでいたのですが、ふと思い立って、Boot Campを探してみることにしました。

。。。が、見つからなかった!これってOSに付属しているものだと思っていたのですが、どう探してもない。もっとも、Mac OSに慣れてないので、探し方が悪かったのかもしれませんが。

ということで、ネットからダウンロード。しばらくどうしようかと迷っていたのですが、パーティションを切ったりする関係上、いろいろデータや他のソフトを突っ込む前にインストールすべきだと判断しました。

インストールは至極簡単。インストラクション通りに進んでいくと、あっさりWindows XPのインストールまで行きました。Windows XPのインストールはいつもの通り。事前に作ってくれるドライバも自動でびしびしインストールしてくれて、ほんの1時間程度でインストールは全て完了しました。

あ、そういえば一つ迷ったことあり。Win領域をFAT32にするかNTFSにするかで悩んだのですが、ぐぐった結果、FAT32にしないとMac側からWin領域を読めないとか。ということで、FAT32でフォーマットしたのですが、これ、本当なのかな。だって、VistaはたしかNTFSのみのはず。とすると、VistaではMac側からWin領域が見れない??

もう一つ。インストール後に気づいたのですが、Win側からMac領域って見れないんですか?Win側は最大の32GBフォーマットしてみたのですが、どう考えてもデータ領域には少ない。とすると、データはMac領域に置くしかない。でも、Winから見れないと。。。どうなるだろ?それとも、Mac領域でさらにパーティションを切らないとダメなのかなあ。。。よく分からん。あとでぐぐってみますが、どなたか詳しい方がいらしたら教えてください。

ここまで順調だったので、調子に乗ってParallels Desktop for Macも導入することにしました。ネットで$79の英語版を購入し、ダウンロード、インストールまでは簡単。で、設定になったところでちょっとだけつまずきました。

まずは、Boot Camp領域を仮想PCとして設定する方法がいまいち分からず、ちょっとうろうろ。でもぐぐってすぐに解決しました。「カスタム」を選択するんですね。ふむ。

次に、インストール途中にWindows XPのreactivationをするかというpop-upが出たので、すると答えようとしても、なかなかカーソルが効かない。「コントロール」+「alt」キーでカーソルを有効化しても、なかなか言うことを聞いてくれないので、一度設定画面をシャットダウンし、再度Parallelsを起動して設定し直したらうまくいきました。ふい。

また、Parallels上のWindowsのアクティべーションは、やはり電話をしなくてはならず、長ったらしいコードを電話機で入力し、OEM版だったので、入手経路や利用場所などを詰問され、さらに長ったらしいコードを口頭で聞きつつ入力するという面倒くさい作業を行うことで、ようやく設定が完了しました。

ということで、早速導入したWindows関連のソフト2本ですが、まだデータを扱っていないので、起動関連のみの感想としては、Boot Campが至極快適・スピードも充分なのに対して、ParallelsはWinの起動に時間がかかる感じ。あと、ちょっと遅いかも。もしかしたら、Boot Campだけで良かったかも。。。ま、両方使ってみましょう。

ちなみに、仕事関連のデータは、やはりWindowsを使うことに決めています。Officeやその他のソフトのMac・Win間の互換性をチェックしても良いとは思うのですが、ちょっといまは余裕なし。とにかく早くMacBookに移行するには、これが一番と判断しました。あと、仕事で日常的に使っているSPSSもSTATAも学内で入手可能なのはwin版のみなので、これもwinで仕事をする理由の一つです。なお、Officeはいまから学内で許可をもらい注文するので、インストール・MacBookへの完全移行は早くても今週末かな。

それに対して、MP3や写真関連のデータはせっかくなのでMac側で処理することに。やっぱりiTunesもネイティブが良いだろうし、画像や動画は定評のあるMacで処理してみたい。こちらはすぐにでも移行できるんですが、まだ時間なし。

ちょっと悩んでいるのがメール。いま使っているThunderbirdを非常に気に入っているので、その環境とメール履歴をそっくり移行したい。とすると、一番簡単なのはwin領域にThunderbirdをインストールし、いつものようにMozBackupでまとめてどーんと移行すること。やっぱりこれかなあ。それとも、Mac標準のMailなるソフトを使っても良いけど、バックアップとThunderbirdとのデータの共有ができるのか調べてみないと。

ということで、MacとWinをうまく一台のMacBookで共有しつつ、使っていこうと思っています。しかし、モニター機材が届いたその日のうちにWindowsを入れた「悪い」モニターは私が最初かもなあ。。。ははは。
[PR]

by kototora | 2007-05-30 12:25 | StartMac
2007年 05月 30日

キタ!

StartMac

黒いMacBookキタ。壊れてやしないかと心配したけど、完全な状態で到着。嬉しいなあ。

早速セットアップして、MacBookから投稿中。なーんにもしなくてもネットにつながってしまったのはすごいかも。なお、AirMac Extremeは日本で待機中なため、有線接続。

なんだかキーの操作に慣れなくて四苦八苦中。しかし、スタート時の「ジャーン」は昔ながらで懐かしかった。それにしても、指の跡がびしびしつく。こりゃケースも必要かな。

さて、時間を見つけてまずはbootcampでwindows環境のセットアップかな。
[PR]

by kototora | 2007-05-30 01:24 | StartMac