2006年 12月 10日 ( 1 )


2006年 12月 10日

ブッシュドノエル vs ミンスパイ

今日になっても私のフラットの暖房のつく気配はありません。昨晩、またレセプションに問い合わせたら、復旧の見込みはまだないとか。。。でも、暖房のパネルの下のパイプはほのかに暖かいので、もしやこの暖房停止で空気が入っただけなんじゃないかと思うんですが、いずれにせよメンテの人が日曜でお休みなので、今日一杯は暖房無し決定です。とはいえ、暖房なしでも比較的暖かいこのフラット、相変わらずTシャツで過ごしています。はは。

今週末のロンドンはとっても良い天気。昨日は近くのスーパーに買い出しに行き、その帰りにまた近所の高級家具屋を冷やかしで覗いたんですが、あまりの人混みに早々に退散。そのまわりにいくつかある高級ブティックも人だらけ。クリスマスショッピングモード全開のロンドンSW3エリアです。今日も良い天気なんですが、今日は一日仕事の予定。腰の重さと戦いつつ、早くドラフトを仕上げなくては。

ところで、いつも通勤時に通るパン屋にブッシュドノエルが出ていました。あぁ、チャンピオン(フランスのスーパー)のバタークリームたっぷりのブッシュドノエルが食べたい。体にも歯にも悪いと分かりつつ、なんか美味しかったんだよなあ。特にバニラとカフェがmy favorite。ちなみにこのロンドンのパン屋は高級系なので、もっとお上品な味なんだろうと思います。当然生クリームなんでしょうね。それはそれで美味しそうですが、だったら普通のケーキと変わんない。ということで、あのチャンピオンのバタークリーム味を思い出しつつ前を通り過ぎるだけで、購入には至っていません。ま、一人でケーキ食べるのも寂しいし。

イギリスのクリスマスのお菓子と言えば、ミンスパイ。すでに職場で二度もお目に掛かり、一度などはわざわざお裾分けまで。。。実は、大きらいなんですよ。甘すぎに加えてスパイスの味がきついし、食感ももはもはして、全く美味しいと思えない。でも、こっちの人は皆さん大好きみたいですね。

こないだも誰かが持ってきたミンスパイを、皆さん競うように奪い取っていく様をぼーっと眺めていたら、遠慮しているのかと思われたらしく、わざわざデスクまで持ってきてくれやがりました。いらないって言ったのに、もうすぐ無くなっちゃうからと言って立ち去ったCさん。実に余計なお世話なんですよ。。。はあ。

しょうがないので一口食べてみて、予想通りの味にがっくり。有名ブランドのミンスパイだったんですが、やっぱしミンスパイは所詮ミンスパイ。それ以上食べる気が起きず、しばらくたってまわりに誰もいないのを確認して紙に包んでそっとゴミ箱へ。。。ごめんなさーい。でも、本当に美味しくないので、次回からは固辞しようと思います。ちなみに、ずしっと重いミンスパイですから、ゴミ箱に入れたさいに、ごとっと大きな音がしておたおたしてしまいました。ははは。。。

そういえば、クリスマス・プディングなる爆弾?もこの国にはありましたね。ロンドンのレストランはここ数年でずいぶん変わり、おそらく世界でも有数の美食の街になったと思うのですが、昔の味音痴のイギリスの伝統が息づいていることを実感させられるクリスマスのお菓子たちです。

追記:さっきいきなりメンテの人がやって来て、パイプの空気を抜いて暖房復活しました!休日出勤でクレーム対応をしているとか。よかった~。やっぱしクレームはするべきものかも。
[PR]

by kototora | 2006-12-10 19:53 | life in London