London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 05日 ( 1 )


2006年 04月 05日

甘納豆の不思議

皆さん、甘納豆って年に何回食べますか?

実は、甘納豆は私には超・甘すぎで、あんまり好きではありません。また好き嫌い以前に、日本にいたときにはたまーに、おそらく数年に一度見かける程度のもので、全く縁遠い食べ物だったのですが。。。

この甘納豆、なぜかジュネーブではよくお目にかかります。というか、いろんな方からお土産などでもらうことが多いんです。なんででしょ?和風で日持ちして値段の割には小さいので、もしや海外在住者への手みやげとして最適なんでしょうか?普段は甘納豆なんて見向きもしない日本の家族からも、手みやげとして甘納豆をもらうことが多いように思います。

でもねえ。。。

いくら海外に住んでいるからとはいえ、あまり好きでないものはやはり好きではありません。しかも、ジュネーブの家族4人の中で甘納豆が好きなのは一人もいないんですよねえ。。。普通の納豆だったら皆の大好物なんですけどね。

ということで、ありがたくいただいた甘納豆は、開封されるものもたまにはありますが、そのまま保管されるものが多いんです。甘納豆ファンの方とせっかくジュネーブまで甘納豆を持ってきていただいた皆さん、すみません。実は、昨日も冷蔵庫の奥から、いただいた箱のまま数ヶ月以上放置され、冷蔵庫内の結露の犠牲になった甘納豆の箱(未開封)の救出に失敗し、そのままゴミ箱行きとなりました。。。

あーもったいない。

インターネットが普及し、流通も10年前、20年前と比べると格段に普及した今日、海外在住者へのお土産ってけっこう難しいものだと思います。それは分かるんですが。。。もう少しなんとかならないのかと思う今日この頃です。

ご参考までに、少なくとも我が家の家族が大喜びする日本からのお土産ベスト5は以下の通りです。
  1)おにぎりや寿司(成田空港で調達可能。寿司は残念ながら押し寿司系)
  2)和菓子(特に桜餅や草餅などの生菓子。こちらも成田空港第2だったら調達可能)
  3)西京漬や粕漬けの切り身の魚(魚久など)
  4)具が豪華なカップ麺(例えば一風堂のカップ麺など。セブンイレブンで入手可能)
  5)日本の週刊誌

なお、このリストにはない、裏の人気お土産としては、和牛(ただし違法)なんてのもありますが。。。はは。

ちなみに、今回の私の日本からジュネーブへの帰国便の荷物で一番家族受けのよかったものは。。。なんと「米」。やっぱし日本の5kg3000円もする高級米は、普段食べている1kg 0.5Euroの激安の米(イタリア産)とは違いますねえ。美味。日本在住時にも食べたことのない高級米を、同じく荷物に入れた錦松梅と一緒に食べると、至福の一時ですね。

ご参考までに、このお米ですけど、日本から合計で4袋、20kgほど送ったのですが、もちろん農政事務所で許可をとった正規の輸出品ですのでご心配なく。また、所属していた国際機関がこの米を含む荷物の郵送費を負担してくれたからこそできた贅沢なんですけどね。いやー、ありがたい。

しかし、家族や知人にお土産に米持ってきてとは頼めないですよね。今後も、ありがたく甘納豆を受け取ろうと思います。はは。

追記:甘納豆って、実は我が家の人気土産物第二位の和菓子に属するものなんですよね。。。書いた後でちょっとした矛盾発見。人の好みって難しいですよね~(←ごまかしてます)
[PR]

by kototora | 2006-04-05 04:04 | life in Geneva