London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2006年 01月 06日 ( 1 )


2006年 01月 06日

NAPAPIJRI

今年のスイスはクリスマス前でもどのスキー場も充分な雪があるとのことで、家族はドライバーの日本からの到着を首を長くして待っていた様子でした。ということで、ジュネーブ到着後に早速どこにいくかと相談したのですが、ジュネーブから一時間程度の近場で良さそうなところからMegeveに決定。

Megeveはこれまで一度もいったことも無いスキー場でした。というのも、もう少し行けばシャモニだし、シャモニまで行けば絶品の和食屋「さつき」があるので、必然的にシャモニに。ただし、Megeveといえば高級ブティックなどがあるらしいとか、アヌシーの超エキセントリックな三つ星レストランのシェフMarc Veyratのお店もあることなどは聞いており、もともと興味のあったところなので、別の楽しみも期待できそう。

ということで、シャモニに行くいつもの高速に乗り、シャモニのちょっと手前で降りて山道を15分ほど走るとMegeveに到着。お目当てのスキー場はMegeveのちょっと手前のはずが最初は標識を見落としてしまい、町中に迷い込んでしまいました。Megeveの町はけっこうアップダウンがあって複雑な感じ。おそらく、ちょっと車を停めてささっとショッピングする感じではなく、宿泊してゆっくりうろうろしたいような感じでした。ということで、日帰りの我々はスキーに集中するということで町からちょっと戻ったリフト乗り場を見つけて早速上に上がってみたところ。。。最高!天気にも恵まれたのですが、モンブランが実にきれいに見えました。ということで、このブログのロゴ画像もMegeveから撮ったモンブラン山頂に変更しました。

ところで、Megeveで気付いたこと。「NAPAPIJRI」というロゴが胸のところにどーんと書いてあるけっこう格好良いウエアを着ている人が多いこと。しかも、皮っぽい素材やジーンズっぽい素材などあまりスキーウエアっぽくない感じもあって、非常に目立ってました。

ということで、早速調べてみたらロゴのまんま、NAPAPIJRIというイタリアのブランドだったんですね。その後いったリヨンでもシャモニでもショップに入っていろいろ見てみたんですが、ウエアは高いっす。安いもので200Euroぐらい、高いものは900Euroを超えるもの(皮っぽいやつね)まで。あと、格好いいんだけど、かなーり派手なので流行が終わったら着れないんじゃないかとか、頭からかぶるスタイルなので着にくいんじゃないかとか考えてしまって、結局フリースっぽい?タオルっぽい?インナーを買うに留まりました。これはこれでなかなか良い感じ:)スキー場で目立ちたい人、おすすめですよ。日本では原宿にショップがあるみたい。
[PR]

by kototora | 2006-01-06 22:46 | gourmet & travel