2005年 09月 01日 ( 1 )


2005年 09月 01日

Departure

本日、私の同僚が新しい職場に向けて旅立ちました。彼女とは私の赴任以来ずっと同じチームで働いてきましたし、最後の数ヶ月はオフィスもシェアしていましたので、今朝がらんとした彼女の席を見て、改めて彼女の旅立ちを実感しました。。。寂しいなあ。

彼女は私にとっては現在の職場の良き先輩(年下ですが)、同僚であり仲間でした。非常におっとりしてマイペースな方でしたが、しっかりとした仕事を出来る方でしたので安心して仕事をシェアできましたし、住まいが比較的近かったこともあり、単身赴任の私の食事にも本当によくつきあっていただきました。

ただ大変残念なことに、まだまだ若い彼女にとっての良いメンター(指導者)に、この職場では恵まれず、彼女のポテンシャルを充分に生かせないまま、充分に育てられないままに去ることになってしまいました。私も彼女のメンターとなるには若すぎ、経験なさすぎでしたので、彼女の力になれなかったことが悔やまれます。

彼女の新しい職場は日本国内の某大学のとある研究所ですが、世界的にも有名なところですので、今度こそは優秀なメンターに巡り会えたらいいなと思います。また、彼女の優秀さを証明するかのように、この職場を離れると決まった瞬間からいろんな良い話が舞い込んできたようですので、これからの彼女に大いに期待しています。

ともあれ、Good luck in your new job, Nさん!

もっとも、彼女とはこれからも一緒に仕事するんですよね。一番美味しいという噂のある国際機関とのコンサル契約を、さすが彼女ですね、早速結ぶことにほぼ成功したので、これからも宜しくお願いしまーす:)

追記:今朝出勤したら、私のデスクの上に見慣れない湿布薬があるんですが、これは彼女の置きみやげ、なのかなあ。。?むむむ。もしや、老人扱いされてる?(泣)
[PR]

by kototora | 2005-09-01 09:21 | work