2005年 01月 06日 ( 2 )


2005年 01月 06日

ギター侍?

年末年始に日本でテレビをザッピングしていて、これまでネット上の文字でしか見たことの無かったものを見ることが出来ました。その一つが「冬ソナ」。これは日本での日記に実況中継?をしましたので、これ以上語る必要なないと思います。

もう一つが「ギター侍」。最近、ネットで「・・・・。斬り!」という表現を見ることがしばしばあり、ジュネーブにいるときから、芸人さんで「ギター侍」を名乗ってこういった芸風の方がいることだけは知っていました。で、大晦日にぱちぱちチャンネルを変えていたところ、NHKでいきなり大声でわめいている人が。妻と二人で固まってしまいました。

あれ、何ですか?

暗い目でわめき散らす人を見て、面白いんですか?私には何を言っているのかよくわからず、呆然と見ていたら、紅白の会場の人たちはなんだか楽しそう。。。しかも、もう一人女性でわめく人が隣にいて、わめくだけではなくこちらは下品。

はあ。。。

なんだかいやなものを見た気がします。しかも、その後の深夜テレビでもこのお二方、別々にいろんなところで見ましたので、おそらくいま売れている芸人さんだと思います。でもねえ。。。

私はコメディ大好きですが、ばかばかしくても多少なりともウィットに富んだ笑いがすき。ですので、BBCのコメディドラマ、大好きです。Only fools and horsesはロンドン在住時に楽しみにしていた番組ですし、いまだに好きです。同じ笑いでもかくも違うのか。

ちなみに、このギター侍さん。知人(女性)にそっくり。あーた失礼だわね、とその女性から言われそうですが、その点だけでぷぷぷぷ、と笑ってしまった自分がちょっと悲しい。もひとつちなみに、takamaruさんおすすめのマツケンサンバ、見れませんでした。渋谷のHMVでマツケンサンバの練習用DVDが流れていて、そのまえでしばし呆然と固まったのですが、本物は結局見れず。ま、怖いもの見たさって感じだったので、特にこれでよかったと思いますが。

日本人ながら日本って不思議。なお、このギター侍さん。来年の今頃には「あの人はいま」に出ていると思いますが、皆さんはどう思われますか?
[PR]

by kototora | 2005-01-06 14:57 | life in Japan
2005年 01月 06日

引越早まる

スイスに帰国早々、いろいろと交渉した結果、引越の予定が今月末から半ばに大幅変更の可能性大。やばいやばい。それってあと10日ちょっと?引越屋も手配していないし、必要な電化製品も買っていない。できるんだろうか。妻はすでにちょっとあきらめムード。でもやらないと。ちなみに、これからやらなくちゃいけないこと。

・引越屋の手配:休暇前に一社見積もりをしてみたのですが、出してきた金額が驚きの3100CHF(25万円以上)。しかも、梱包と開封を頼むと1000CHF追加。車で10分の場所ですよ?我が家は大型家具や家電ってほとんどないんですよ?本は多いけど。あまりに高すぎなので、他の会社と交渉中。妻の同僚の方で800CHF(6万円)で引越したとの情報も入手し、今週中に引越の見積をお願いしました。さて、どうなるか。

・電化製品の購入:必要なのは、冷蔵庫、皿洗い機、電磁調理器&オーブンの巨大家電3点。あとは小さなものとしてライト数点。今日仕事を抜けてとりあえず電気屋に行く予定。しかし、引っ越し先のアパートはコンセントが古いタイプらしく、特に調理器と洗濯機のコンセントは最近では普通には取り扱っていない5穴タイプのものだと現在の住民の方がおっしゃっていた。どうなることやら。

・電気屋の手配:こちらの引越屋さんは電化製品のセットアップはしないそうなので、すでに持っている洗濯・乾燥機と衛星テレビ、さらにライトのセットアップに電気屋を手配しないと。これが高いんだよなあ。おそらく数万円取られると思うんですが、自分でするだけのテクも時間もないので、しょうがない。

・諸手続&ご挨拶:郵便局、電気・ガス・水道の名義変更、電話(固定と地上の両方、あとADSLも)の住所変更、お世話になっている方々へのご挨拶(含む大家)

まだまだありそう。しかも今週末はロンドンにロイヤルバレエを見に行く予定。はは。頑張ります。
[PR]

by kototora | 2005-01-06 14:31 | life in Geneva