London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2005年 01月 02日 ( 2 )


2005年 01月 02日

離日直前

明日日本を発ちます。あっという間だった2週間ちょっと。お陰様で日本の年末年始を堪能しました。仕事全く進まず。やばし。ま、帰ってから頑張ります。ということで、次回はジュネーブから。ではでは。
[PR]

by kototora | 2005-01-02 21:04 | life in Japan
2005年 01月 02日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

大雪の大晦日から一転して穏やかなお正月でしたね。私の今年のお正月の朝はゆっくりで、お昼過ぎにお屠蘇とおせちをいただきました。しかし、お屠蘇は何度飲んでも好きになれません。なんであんなにまずいんだろ。。。

その後、妻のご兄弟と一緒に祖母のところに年賀のご挨拶。祖母(私の子供達にとってはひいおばあちゃん)は多少足腰が弱っているもののお元気で、いまは湯島にお住いです。いつも通り祖母の住まいに向かっていたところ、湯島近辺で大量の人たちが。。。忘れていました。湯島天神があることを。すごい人、人、人。子供連れが異様に多いのが特徴でした。最後はやはり学問の神様に神頼み、なんですかね。湯島天神の前の小道に大量の親子連れが長蛇の列でお参りの順番を待っていらっしゃいました。カメラを忘れたのが残念。屋台や行列を写真に撮りたかったなあ。ちなみに、学問の神様には最近あまりお世話になっていない我々。論文の神様はいないのかなあ。。。だったら是非お参りしたいのですが。

夕方からは妻のご兄弟たちを交えて小日向の妻の実家で酒盛り。贅沢にもドン・ペリニヨン(1996年)をいただきました。ドンペリって私は数回目の初心者ですが、けっこう固めで重め、ハードなシャンパンだと感じています。そうでもないですか?個人的にはもう少しフルーティで軽快なほうが好き。飲んだことはないけど、興味があるのはクリスタル。これも高いですねえ。贅沢すぎかも。ちなみに、大晦日の夜にはモエのロゼのミニボトルを明けましたが、こちらは軽快でなかなかでした。もしかして舌が安物に慣れてしまっているのかもしれません。

さて、明日2日は日本滞在最後の日。代官山に移動して私の実家でお年賀の会です。たしかこちらでもドンペリを開けると言っていたような。。。しかも、妻の実家→私の実家→妻の実家と何故かドンペリが飛び交っていた様子で、私の両親達はドンペリブームだったようです。そのおこぼれに預かっている我々。いいんだろうか。

さて、年末年始に異様に面白いネタ多数あり。ご紹介したいのですが時間がなさそう。忘れないようにタイトルだけ書いておきます。「バカ親子交番に行く」「エノテカ広尾」「丸の内ミレナリオ」「年越し蕎麦」「孫と祖父母と。。。」「テレビ」
[PR]

by kototora | 2005-01-02 02:29 | life in Japan