2004年 12月 04日 ( 1 )


2004年 12月 04日

我が家の内覧会スタート

昨日の身元がばれた話、皆さんの琴線に触れたようでアクセス数がいきなり数割アップ。ブログが「裸」なのか「普段着」なのか、あるいは「下着姿」なのかの違いはあるにせよ、ブログの世界と現実の世界との接点については、やはり多くの方が気にかけているところなんですね。私だけではないんだとちょっと安心。

さてさて、今週末から現在の我が家への見学を受け入れます。昨日ポストしたのですが、問い合わせは7件ぐらい。とりあえず日曜に2組見学。我々の役割は、この家を借りたいと申し出た人たちの中から1~2組選び大家に紹介すること。gatekeeperですね。

この選別にあたっては、実は秘密の?条件が二つあり。一つ目は、犬はダメ。これにはちょっと驚いた。庭があるし動物に寛容なヨーロッパでは、ほぼありえない要求。大家はネコを飼っていて我が家のネコもOKだったので、イヌ嫌いネコ好きの人なのか。。?それとも庭が大切だから?よくわからんなあ。もう一つはなんと、アラブ人不可。やばいよなあ。。。なんでも、以前アラブ人の借り手に家を好き放題されて大変だったとか。でもねえ。さすがに広告には書けず、興味があると行って来た人がそちら系の人でないことを祈るしかないって感じですね。

実は、この家に入るとき我々もちょっと苦労したのを思い出す。我々の前の住民はアジアの大陸の某大国出身者だったのだが、芝生の一部を引っぺがして家庭菜園にしちゃったり、ほとんど掃除らしい掃除をしないで引っ越したあげくにゴミを一部放置したり、鍵を一部無くしていたりと、引越のマナー「立つ鳥、跡を濁さず」を全く守らない人たちだった。

もちろん、我々の側からは全て大家にクレームして処置を待つだけだったのだが、前の住民は相当にけちな人たちだったので、プロの掃除屋、庭師を入れることも当初拒否。結局我々の引越が遅れ、さらに引っ越したあとにも前の住民や結局プロの庭師やら掃除の人やらが我が家に時折現れる始末で困りました。しかも、第二次大戦後の両国間の確執なんかを大家に言って、なぜか我々を攻撃していた様子。個人的には、この国の人とも少なくとも不動産がらみ金銭がらみで絶対に関わりたくない。人種差別。。。ではないと思いたいけど、でもあんなイヤな思いはしたくない。

いずれにせよ、今日は家の大掃除。普段は手抜きで居住エリアだけしか掃除しないけど、全体をしないと。はあ。。。大変。日本の帰国の準備(おみやげやクリスマスプレゼントの買い物)も今日しないとなあ。
[PR]

by kototora | 2004-12-04 16:04 | life in Geneva