London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ

2004年 10月 19日 ( 2 )


2004年 10月 19日

祖父母からの(ちょっと困っちゃう)誕生日プレゼント②

さて、先ほどの続きです。上の娘Aに届いたちょっと困っちゃう誕生日プレゼントのお話。

10月18日のAの誕生日にあたって、数ヶ月前から祖父母からの問い合わせもあり、ずっとA本人にプレゼントが何が良いか聞いていたのですが、本人は驚くべきことに思いつかない様子。最近の子ってモノが満ちあふれているので、あまり欲しいものって無いんですかねえ。。。私が小さい頃なんて、誕生日やクリスマスに好きなものをもらえると考えるだけでうきうきして山盛りリクエストして親を困らせていましたが。ということで、しょうがないので祖父母達には洋服+ちょっとした小物をお願いしました。で、送られてきたものは、以下の通りでした。

祖父母1:電子辞書、セーター、本
祖父母2:フリース、ジーンズ、お菓子

豪華な誕生日プレゼントですよね。本人もすごく満足していました。あ、ちなみに我々からは外遊びの器具とブーツをプレゼントしました。

では、何が困っちゃったのかというと。。。祖父母1からのプレゼントのセーター。英国王室御用達のトレンチコートで有名な高級ブランド。。。なにも隠すことはないですね、バーバリーのセーターでした。子供には豪華すぎるプレゼントですよね。なんだー良いじゃないかとお思いかもしれませんが、声を大にして言いたい。

デザインがダサい!!!(死語かも)

単なるトラッディなセーターならまだしも、妙におばさんくさいベージュ色の本体に首周りが異様にファンシーな雰囲気で紐なんかがぴろぴろ垂れており、それになぜかタートルネックになると思われる布が中途半端についている不思議な、でも古くさいデザインのセーターでした。

ちなみに、この祖父母1は夏休みにこちらに来たときにやはり子供達に洋服を買ってきたのですが、このときAに買ってきたのは、

足首ぐらいまでのロングのグレーのワンピース。丸くて白い襟と胸のあたりに飾りの黒いボタンが縦に二列ついており、極めつけは、今時見たことのないちょうちん袖(半袖)。。。もしや召使い?

すみませんが、もう一回声を大にして言いたい。

ダッサーーーー!!!!!(再び死語にて失礼)

こんなんでもラルフローレンですからねえ(たしか)。ちなみに、もっと衝撃だったのはAが祖父母の前で嬉しそうにこのワンピを来ていたこと。。。ま、じじばばっ子ですからしょうがないかもしれませんが。そうそう、祖父母1がこちらに滞在中にAの学校の二学期が始まったのですが、祖父母1は学校にもこのワンピを着て行って欲しかった様子で、前日まで「明日はあのワンピースね」と祖父母1とAとで話していてこっちはくらくらしていたのですが、幸い本人が直前になってはたと気づいたのか、普通のジーンズとTシャツで登校して親としてはほっとしました。祖父母1は残念だったかもしれませんが。その後、このワンピースは当然クローゼットの奥深くにしまい込まれ、一度もお目にかかっていません。

どうやったらこんな洋服を選べるのでしょうか。祖父母ってブランドモノが良いと思っているようで、高級ブランドの子供服を良く買ってきます。普段、我々はあんな高いもの誰が買うんだろうと冷ややかに見ているのですが、こんな身近にいたとは。。。灯台もと暗しでした。

ちなみに、これは祖父母1だけの問題ではなく、祖父母2も昔はブランドモノ大好きでした。特にこちらは、自宅(代官山)近くのイタリア直輸入のショップとかで高級、でもちょっとダサいセーターなんかをやはり送ってきて困っていました。

で、実は両祖父母には「子供服はGAPかユニクロで」というリクエストを毎回出しています。祖父母2はこの厳しい試練をなんとかクリアしてGAPにたどり着いたようで、最近は毎回GAPの実用的で可愛く、かつお手頃な価格の洋服が送られてくるようになりました。今回ももちろんGAPでした。祖父母1は残念ながらまだこの試練をクリアできておらず、デパートをさまよったあげくに高級ブランドの子供服コーナーに吸い込まれてしまっているようです。

頑張れ、祖父母1!!早く試練をクリアしてください。お願いします。本当にお願いします。
[PR]

by kototora | 2004-10-19 09:02 | children
2004年 10月 19日

祖父母からの(ちょっと困っちゃう)誕生日プレゼント①

昨日10月18日は上の娘Aの11回目の誕生日でした。本人はとってもエキサイト。。。と言いたいところですが、あまりこういったことで弾けない性格のAですから、なんだかとっても淡々としていました。とはいえ、普段は朝起こしても起きてこないのに、昨日だけは自分から起きてきました。彼女なりに嬉しいんでしょうね。

A、おめでと。一生に一度しか経験できない11歳を思いっきり楽しんでね。

夜はAのリクエストで和食屋に。昨日はジュネーブでは珍しい創作日本料理の店「芝田」(022-740-3730)に行きました。この店はご夫婦二人で切り盛りされているお店で、職人気質のご主人が創意工夫をされた美味しい日本料理を食べさせてくれるところです。明るく元気な奥様(スイス人?フランス人かも)のお人柄からか、カジュアルなアットホームな雰囲気は◎、味は一級。かなり好きなお店なんですが、残念ながらお値段が超一級です。ということで、たまの贅沢に利用しています。

昨日は前菜としてしめ鯖や北海道のどんどん焼き風?炒めなどを食べたあと、沖縄の豚の角煮「ラフテー」やカレイの唐揚げ甘酢あんかけなどをメインでいただきました。美味しかったー。特にしめ鯖が最高でしたね。お酒は「久保田」か「美少年」か悩んだのですが、昨日は妻の強い希望で?「美少年」になりました。こちらも美味しくいただきました。ういー。ごちそうさまでした。

帰宅後に日曜のうちに妻が作っていたブラウニーに生クリームとイチゴ、フランボワーズなどで飾り付けてもちろんロウソクを立てて「happy birthday to you」をしました。で、プレゼント開封となりました。ふう、やっと今日の本題、ちょっと困っちゃうプレゼントの話ですが、長くなりましたので、続きは次回に。
[PR]

by kototora | 2004-10-19 08:51 | children