2004年 10月 02日 ( 1 )


2004年 10月 02日

コートダジュールでウニの群生とタコを見る - 今年の夏の思い出(3)

昨日に引き続き今年の夏の思い出第三弾。

今日はコートダジュール(正確にはプロバンスになるのかも?)の海の思い出です。実は、妻も私も「ビーチリゾートマニア」です。これまでもきれいなビーチを求めて、フィリピン・パマリカン、タイ・サムイ島やプーケット、ギリシャ・ミコノス、スペイン・マヨルカなどに行っています。夏になると、「ビーチ行きたーい」が合い言葉?になっています。

その我が家が今年「はまった」のが南仏の海です。ポイントは三つ。1)美味しい、2)近い、3)きれい。1)美味しいは容易にご想像いただけると思います。だって、フランスですよ。南仏ですよ。当然美味しいものはいっぱいです。2)近いは、車で行けること、とも言えると思います。だって、ビーチに行くときってけっこういろんなものを持っていきますよね。シュノーケルやら砂遊びの道具、浮き輪なんかを鞄に入れるとけっこうな量になります。車だったらぽーんと放り込んでそのまま行って帰れます。楽ですよね。

b0020299_13445174.jpgで、3)きれい。これは実はあまり期待していなかったのですが、意外や意外、きれいでした!こんな感じ。コートダジュールの海は、透明度はかなりあって変な匂いもなく、さらに魚がとっても多いのが特徴だと思います。例えば、同じ地中海でもギリシャ・ミコノス島は水の透明度は抜群なのですが、なぜか魚が少なくてつまらなかったのと比較すると大違いでした。しかも、なんと波打ち際近くでぱちゃぱちゃして気づいたのですが、水深2mぐらいの浅瀬でタコが泳いでました!その周りにはウニの群生!うわー。寿司屋に売り飛ばして一儲け。。。考えちゃいましたが、なんの道具も持っていなかったので、しばし鑑賞するにとどまりました。しかし、ふと気づくと本格的な銛を持っている人たちがビーチにちらほら。もしやプロの漁師さん??そんなところでした。

ということで、我が家が訪問した地中海のビーチのご紹介です。

ニース:砂利ビーチ。海はそれほどきれいではないかも。プロムナードのビーチはもしや各ホテルとか海の家が仕切っているのかもしれません。個人的には泳ぐよりも散歩がおすすめ。
 
カーニュ・シュル・メール:砂利ビーチ。でもけっこう広いので無料の公共ビーチや駐車場探しは楽。

アンティーブ:砂ビーチ。港の横にちょろっとビーチがある感じで小さい。でも、入り江なので波はそれほど高くないかも。あと公共ビーチのように見えたので、場所代を払う必要がないと思います。駐車場はけっこうあるのもgood。

ジュアンレパン:砂ビーチ。ビーチのほぼ全体を海の家が占拠しており、場所代が必要かも。ただし、公共ビーチもごくわずかだがあり。村の雰囲気は小さな場所に店やらホテルがごちゃっとある感じで湘南のよう。駐車場探しがちょっと大変。

カンヌ:砂ビーチ。駐車場は映画祭会場の下がおすすめ。ビーチ自体港の横にちょこっとある感じではそれほど大きくないかも。

フレジュス(カンヌからサントロペの間):村のメインビーチはかなり大規模で普通。それよりも、村はずれの小さな入り江が最高。魚の量、水の透明度も非常に高い。我々がタコを見たのもここ。上の写真もここです。なお、海の家はおろか、何もない!トイレもないんじゃないかと思います。地元の人のためのビーチって感じ。

おまけのイタリア・ポルトフィーノ近く:透明度はそれほどでもない。海の家は無い。

なお我々の印象では、イタリアからニース、カーニュ・シュル・メールに至るまでずっと砂利のビーチで、アンティーブから少なくともサントロペまでは砂のビーチになるように思います。砂利ビーチって結構足が痛くなりません?私は個人的には砂の方がずっと好きです。

地中海のビーチ。来年も通うことになると思います。
[PR]

by kototora | 2004-10-02 14:08 | gourmet & travel