London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 04日

Coxのジャム

連休中日の今日は曇り空。早朝から昨日の仕事の遅れを取り戻すべく頑張っていたが、先ほどから一休み。

で、先日買っておいたリンゴでも食べようと袋を取り出して一口かじってみたら。。。いまいち美味しくない。さすがにリンゴの季節もそろそろ終わり。でも、私が愛して止まないイギリスのリンゴCoxを売っていたので、この冬最後のCoxを堪能しようと思って買ったのだが、どうも普通に食べるには酸っぱすぎる。

ちなみにCoxは、もともと甘さの中に酸味や渋み?などが入り交じった複雑な味が魅力のリンゴで、もしや人工的かと思われるぐらい甘みだけが強い昨今のリンゴに比べると、かなり自然な味わい。

これまでは、このCoxを買ったら生でどんどん食べていたので、ジャムなどにする余裕はなかったのだが、この酸っぱいリンゴを9個も食べるのはさすがに辛そう。

ということで、超久々にジャム造り。といっても、リンゴをてきとーに切って砂糖をたっぷりかけ、水少々と一緒に煮るだけ。Coxは日本のリンゴに比べるとかなり小振りなので、普通のジャム瓶で二つ半になった。防腐剤など入っていないので保存には冷凍必須なのだが、我が家の冷凍庫は極小。二瓶程度でちょうどよかった。一人暮らしだし。

これからお昼ご飯だが、当然、トーストに作りたてのジャム。楽しみだ!

追記:一言感想 - Yum!!
[PR]

by kototora | 2008-05-04 20:27 | life in London


<< AVG Free 8.0の不具合?      三連休 >>