2008年 04月 02日

Terminal 5

ヒースローのTerminal 5がオープンして一週間ほどが過ぎたが、いまだに混乱しているらしい。そんなことを昨日ランチを食べながら同僚と話していたら、なんと同僚のうち二人もその被害にあったとのこと。

一人は、朝一番の便でミラノに行くはずだったが、そのフライトがキャンセル。別便に振り替えてもらうために長蛇の列に並んでなんとか飛ぶことが出来たらしいが、数時間並ぶ羽目になり、ミラノ着は同日夕方だったとか。もう一人は、ロンドンへ帰国の際にTerminal 5に到着したが、チェックインした荷物は「当然」届かなかったらしい。しかも、その便のチェックイン荷物の大半は(全て?)そもそも積んでおらず、別便でGatwick経由で自宅に届けられたとか。

鳴り物入りでオープンしたTerminal 5だが、問題噴出。そんなところが、いかにもBAらしい。というか、イギリスらしい。と、傍観できているが、仮に自分がこの問題に巻き込まれたら、こんな呑気にしていられないだろうな。そういえば、プロジェクトマネジメントの視点から、いかにTerminal 5建築プロジェクトが素晴らしいかを力説していた研究者が居たが、彼がいまどのようにこの状況を捉えているのか、興味深い。
[PR]

by kototora | 2008-04-02 14:58 | life in London


<< Subprime      夏時間 >>