London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 20日

渋谷は高齢者の街

パリで飛行機に乗り遅れた私のスーツケースは、火曜日の深夜11時半過ぎに無事到着。中身も無事。よかった。

スーツケースが届くまではまさに身一つで、着替えもない有様。ロンドンから飛行機を乗り継いで長時間の移動の後だったので、是非是非シャワーを浴びたかったが、持っているものはパソコンと書類のみ。。。ということで、実家に到着してすぐ、最寄りの渋谷へ下着などの調達に行って来た。

で、びっくりした。平日昼間の渋谷は、なんとご老人が多いことか。渋谷は若者の街だと思っていたけど、実はご老人もいる街なんだな。特に、食料品の買い物をしている方多いようで、東急東横店の地下なんて、一番空いてそうな平日昼間なのにご老人で大混雑。駅の近くの商店街にもいっぱい。

渋谷の街は、若者がデートや宴会で訪れるばかりではなく、実はいろんな年齢層にアピールできる場所なのかも知れない。そういえば、私の両親も高齢者の仲間入りをして久しいが、彼らも日常的に渋谷まで歩いて買い物に行っている。そんな方が意外に多いんだろうな。渋谷の周りには古い住宅街も多いし。

ちょっと渋谷が好きになった。

しかーし、Book 1stのビルが取り壊されており、渋谷に専門書を多く扱う大型書店がなくなってしまった。かつての大盛堂書店は、駅前の小さなお店だけになってしまったし。ちなみに、Book 1stは駅の近くに規模を縮小してオープンしているらしいが、専門書はあまりないだろうな。実に不便だ。この点はなんとかして欲しい。
[PR]

by kototora | 2008-03-20 05:30 | life in Japan


<< 花粉症とPasmo、携帯電話など      無事到着? >>