London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 28日

Blades of glory(映画)

妙なノリのコメディ映画。

b0020299_2313455.jpgフィギュアスケートの有力ライバルだった男性選手二人が、とあることでフィギュアスケート界から干されたのだが、男性二人でペアで復帰し、世界選手権?(World Winter Sport game)を目指すという奇想天外な話。

以前から思っていたのだが、フィギュアスケートってかなり異常な世界だと思う。妙にプリンス・プリンセスっぽい格好をした人たちが、妙な振りで踊るようにして滑る。やはりスポーツだからだと思うが、バレエダンサーに比べると美しさは比較にならないし、そのうえコスチュームのダサさときたら言葉にならない。でも、なぜか人気があるのが不思議。トリノオリンピックでの「イナバウアー」騒ぎが良い例で、私にはあの技?のすごさも美しさもまったく理解できなかった。がに股で反ってるだけじゃん。。。違うのかな?

この映画は、そのフィギュアスケートの「異常な」世界を非常にうまく誇張して描いていると思う。主役や敵役のスケートの妙な振りもさることながら、「Stranger than fiction」でも主役だったWill Ferrellが、sex addictでスポーツ選手らしからぬ太目の下っ腹をしているにもかかわらず、女性にすごく人気のあるフィギュアスケーターを演じているところも、フィギュアスケートファンに喧嘩を売っているとしか思えない。さらに、最後に主役二人が競技場の天井を突き抜けて空に飛んでいくところなんて、ほとんどフィギュアスケートに悪意があるとしか思えない演出。そういったところがなんだかたまらなく可笑しかった。

ということで、フィギュアスケート嫌いにお勧めのフィギュアスケート映画。フィギュアスケートファンには。。。どうなんだろ。
[PR]

by kototora | 2008-01-28 05:28 | miscellaneous


<< Classical conce...      Stranger than f... >>