London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 16日

MacBook Air

Here it is!!!

追記:

仕事しながらF5を連打して、Keynoteをライブで見てしまった。MacBook Air発表されましたね。重さ、薄さは申し分なし。これで5時間バッテリーが持つのも良いかも。タッチパッドのギミックなどもなかなか。ただし、値段は高い。イギリスでは£1,199から。あと、CPUはMacBook(ノーマル)のほうが速いし、HDDが1.8インチなのでHDD容量もMacBook(ノーマル)のほうが大きい。もう一つ付け加えると、拡張性は低いし(USBが一個のみ)、バッテリーもHDDも自分では換えられなさそう。あ、二つ付け加えちゃった。いずれにせよ、サブノートとしてはそれでも良いのかもしれないけど。。。

冷静に考えると、仮にお金があったとしても、私はMacBook Airは買わないかも。

長年一部ファンから?切望されていた軽量Macノートとしては、とてもよい出来なのかもしれない。Gizmode(米)にアップされた写真を見ると、本当に薄っぺらいマシンだ。すごい。デザインも悪くないと思う。写真を見る限り、現行のiPod nanoとの共通点が多いデザインのように見える。

でも、Winマシンを含めたノートパソコンとしてみたときには、それほど魅力があるとは思えなかった。これだったら、同じぐらい小型軽量で(薄さはともかくも)、同じぐらいバッテリーの持ちが良く、同じくらい強力なマシンがいまでもあると思うし(本当にあるのかどうかは良く分かりませんが)、この先もっと良いものがすぐに出てきそう。それほど技術的に最先端という印象でもなかった。あと、個人的には薄いことも大切だが、面積が小さいのも大切。12インチぐらいがサブノートとしてはちょうど良いように思う。ThinkPadのXシリーズの新型がもし出たら、MacBook Airと比較してみたいと思った。

なんかちょっと残念なのと同時に、MacBookユーザーとしてはなんとなくほっとした。個人的には、MacBook Proの12インチ(光学ドライブなし)が出たら相当ぐらぐら揺れたと思う。

以上、MacBook Airの発表を見た第一印象でした。ま、実物を見ると印象が変わるのかもしれないけど。
[PR]

by kototora | 2008-01-16 03:11 | StartMac


<< 新製品発表会&同期会?欠席します      1/4の重み >>