2007年 12月 14日

お祓いが必要だ!

先日来何度か報告してきたWork permitとビザ延長の申請に関して、個人的な目標であったクリスマス前の完了が不可能なことが、本日正式に判明した。

今朝Home Officeに問い合わせたところ、私のWork permitはどんなに早くても来週後半にしか発送できないだろうとのこと。とすると、来週中に到着するのがきわめて難しくなった。しかも、私の職場は来週金曜(21日)から1/2までクローズするので、郵便で到着する予定のWork permitを確認できるのはおそらく年明け。

さらに、Work permit申請と並行して、ビザ延長の窓口申請の予約をしようとクロイドンの窓口に電話したところ(本来はWork permitが到着してからすべきものなんだが)、年内は窓口申請は満杯で年明けからしか受け付けないとのこと。現在のビザが年末に切れるので、これでは間に合わない。

ということで、もはや郵送でのビザ延長申請、しかもWork permitの取得を待たずにビザ延長申請を提出するしかないとのことなので、週末か来週早々にパスポートと関係書類をHome Officeに送付することとなった。郵送申請は最低でも4週間はかかる。これで年末年始に予定していたスイス訪問もバングラデシュ訪問もキャンセル。ああぁ。。。

しかも、不運はこれでは終わらなかった。

バングラデシュ行きの航空券をキャンセルしようとしたら、なんとこのチケットがnon-refundable, non-changeableだと判明した!つまり、キャンセル=全損となる。思い出したくもないが、£1200(26万円!)をどぶに捨てることになってしまった!!

。。。はあ。

以前も書いたと思うが、昨年は良いことがほとんどなかった。ロンドンの就職が決まったりそれなりに良いこともあったのだが、精神的には昨年の春先以降ぼろぼろだった。

今年になって、少しは良いことがあればよいなと思っていたのだが、年始早々に妙な子供じみた言いがかりをつけられたことから、悪い一年を予感させるスタートになってしまった。その後、6月には仕事で大きな壁にぶつかり、そこから這い上がろうといまだにもがいているし、秋にもいやなできごとがあった。もちろん、MacBookのモニターに当選したり良いこともいくつかあったのだが、いま振り返ると、昨年に引き続き悪いことのほうが多い一年だった。

とはいえ、これまでは精神的に辛い出来事ばかりだったので、なんとか耐えることができた。これでも精神的にはそれなりに強いほうだと思っている。といっても、かなりこのブログで愚痴ってしまったが。でも、ついに物理的な(金銭的な)ダメージを受けてしまった。。。

これで悪いことは終わりにして欲しい。本当に終わりになって欲しい。神頼みとかしないほうだが、お祓いしてもらったほうが良いのかもしれない。もっとも、悪いことを終わりにするためには、自分自身の努力が必要なことはよくわかっている。

頑張らねば。頑張って、来年は良い年にするんだ!負けるもんか。
[PR]

by kototora | 2007-12-14 05:30 | life in London


<< さらにお祓いが必要だ!      格差社会とStewardship >>