2007年 11月 25日

Leopardインストール

先日StartMacモニターのご褒美?として送っていただいた新OSのLeopardですが、忙しくてしばらく放置していたのですが、昨日ちょうどデータのバックアップを取ったので、良い機会だと思ってインストールしてみました。

インストールを上書きかクリーンインストールのどちらにすべきかちょっと迷ったのですが、もともとWindows領域とのパーティションを少し動かしたかったので、Win領域はクリーンインストールすることになるはず。だったら全部キレイにしちゃおうという単純な理由でクリーンインストールを選択しました。

インストールは至極簡単。ThinkPadで仕事をしつつ横で放置していたら小一時間もかからずに完了したと思います。Leopardはまだ使い始めたばかりなので感想などないのですが、最初に立ち上げた際の「ようこそ」画面にはびっくりした。これが毎回あると五月蠅そうだなと思ったのですが、最初だけみたいですね、やっぱし。でもびっくり。

で、次にBoot Campを立ち上げてパーティションをいったん削除してまっさらな状態にしてから、再度Windows用のパーティションを切り、Windowsをインストールしました。さらにそれぞれの領域にOfficeやら必要なソフトをインストールし、バックアップしていたデータを元に戻しました。全部で半日ぐらいかかったかもしれないけど、特に問題はなく完了。

あ、そうそうBoot Campは以前はドライバディスクを作らなくてはならなかったのですが、今回は必要なくて楽ちんでした。でも、Windowsをインストールしたあとで、ドライバをどうやってインストールするのかわからず、ぐぐってしまいました。方法は、ここで書くまでもないと思いますが、WindowsをインストールしたあとにLeopardのディスクを挿入することで自動的にドライバがインストールされるんですね。よくできているなあ。。。感心する前に説明書を読めといわれそうですが。はは。

ということで、いまはLeopardで動いているWindowsからの投稿です。今のところ快適。Apple社さま、有難うございました。
[PR]

by kototora | 2007-11-25 15:22 | StartMac


<< 腰痛再発      ミシュランガイド >>