2007年 11月 14日

第九

先日の「ネットやめました」のエントリーを見た友人から、切れているようだが大丈夫かとのメール。なんか誤解を招くような表現だったようですが、自分がいかに怠け者かと再認識し、単にその対策をしただけなので、本人はいたってふつー。心配をかけてしまってごめんなさい。でも、その温かい心遣いが嬉しかった。

ところで、昨日の帰宅途中のこと。通勤路沿いに改修工事をしている家があって、そこを通りかかったら、ちょうど職人さんが仕事を終えて路註していた車に工具などを積み込んでいた。私がそこに近づいたときに、その職人さんが口笛で第九の一節を吹き始めた。あの「An die Freude」の盛り上がるところ。

年末だなーと日本人らしく思いつつ、まさに横を通り抜けたときに、口笛がいきなり朗々としたテナーになった。これがまた上手い。声も良いし音程もしっかり。ドイツ語も完璧。思わず立ち止まって振り返ってしばし聴いてしまった。下を向いて作業していたおじさんも私に気づいて、へへって笑ってしまったので、おじさんの独唱会はあっさり終了。いちおう敬意を表してBravo!って言って立ち去りました。

大工が第九。。。あーしょうもない。変換ミスしてくれなければ気づかなかったのに!IMEめ。

あぁ、良い第九が聞きたくなった。実は大工の、いや第九の良いCDを持っていない。どなたかおすすめのCDがあったら教えてください。
[PR]

by kototora | 2007-11-14 13:58 | life in London


<< もしや壊れた。。?      火災報知器 >>