London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 28日

冬時間とiPod Touch

今日から冬時間。日本との時差は9時間になりました。

昨日は、プチ和食ブームの続きでなぜかお餅が無性に食べたくなり、ピカデリーまでお餅の買出し。ついでに、みりんと納豆も。贅沢だ!ちょっと嬉しい。帰りのバスの窓から見たGreen Parkの木々が黄色に染まり、きれいだった。

そうそう、和食材買出しツアー?の帰りに、遅ればせながら初めてiPod Touchを触りました。うちの近くのデパート四階の家電売り場にふらっと立ち寄ったら、片隅にさりげなく置いてありました。で、いろいろいじってみたんですが、私的にはちと問題あり。

私のiPodの使い方は、職場で集中するときに音量を小さめにして流すのと、移動中。前者の職場で使う場合は全く問題なし。iPod Touchは想像していたよりも大きく、たしかにつるつるの板って感じだけど、職場ではどうせ卓上に置いているので関係なし。どちらかというと、iPodが重要なのではなく、ヘッドフォンで音を遮断するのが目的です。この外音を遮断するという意味では、友人が購入したBose in-ear headphonesと聞き比べてあまりのかすかすした音に衝撃を受けた数年来愛用しているShure E2cですが、良い働きをしてくれます。

問題は移動中で、私はiPodを聴きながらiPodに触れることが多いのです。まずは曲を飛ばすこと。だいたいシャッフルで聴いているのですが、そのときの気分で聴きたくない曲はどんどん飛ばして聴いています。あと、音量の調節。曲によっては音量が大きかったり小さかったりするし(iTunesである程度調節できたと思いますが、それでも大小あり)、外の音を聞きたくなったりすることもある。

こういった場合、ホイールのiPodだとポケットにいれたままで手探りで動作可能。でも、iPod Touchはまず無理だと思う。音量に関しては、ヘッドフォン側で調節するようなリモコンを買えばよいのかもしれないので、百歩譲ってOKだと思うのですが、曲を飛ばすたびにiPodを取り出さなきゃいけないのは超不便。ま、慣れればよいのかもしれないけど、指先でホイールを探し出してくるっと回して音量調節し、ぽちっと押して曲を替えるって便利な機能だったんだな。

ううむ。ネットへのアクセスは超魅力的なんだけど、仮にiPhoneあるいはiPod Touchを購入したとしても、いま使っているiPod nano (1st gen)は手放せないのかもしれない。。。だったらいらないのかも?
[PR]

by kototora | 2007-10-28 16:05 | life in London


<< StartMac修了式      無言歌集 >>