London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 24日

スーツケースもらいました

先日の日本への往復の際に、買って一年にも満たないセミハードタイプのスーツケースが壊れました。プラスチックっぽいやつ(ポリカーボネイトだと思う)で、割れないのが売りだったらしいのですが、あっさり表面がばっきり割れました。

で、たしか保証期間があったはずと思い、日本滞在時に、購入した渋谷ロフトに持ち込んだのですが、スーツケースの保証は基本的にありませんとのこと。そうだったかなーと半信半疑だったのですが、メーカーにまで問い合わせてくれたので、本当なんでしょう。なお、メーカーとしては本来割れるはずがないので、特別に有償での交換に応じるとの話だったのですが、飛行機での移動時に壊されたので、エアライン経由でクレームしたほうが良いだろうと判断してそのお申し出は断り、壊れたままロンドンに持って帰りました。

ということで、BAにクレームしたところ、あっさり無償交換という話になり、昨日新しいスーツケースが届きました。で、ちょっと気づいたことあり。

1.BAの対応が変わった。以前、別のスーツケース(リモア)が壊れたときには、壊れた現物をメーカーに送ったうえで新品と引き換えになると言われたのですが、今回は壊れたスーツケースを引き取るとかという話は一切なく、いまも手元に壊れたスーツケースあります。

2.今回いただいたスーツケースは、なんと壊れたのと同じブランドでした。全然知らなかったのですが、英国のブランドだったのですね。ちなみに、Antlerという会社。で、送られてきたスーツケースには、でかでかと「7 year guarantee」と書いてありました!なんだーやっぱし保証あったんじゃないかなあ。ま、良いのですが。

ちなみに壊れたのは中型のスーツケースだったのですが、電話で交渉して、以前から買うべきか悩んでいたCarry-onタイプのスーツケースをもらいました。ちょっと嬉しい。なお、壊れたスーツケースは、不要な洋服などを入れるケースとして余生を送ることになると思います。
[PR]

by kototora | 2007-08-24 13:50 | life in London


<< 3連休だ!      国際機関時代の給料 >>