London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 01日

Intellectual property right for a virus??

鳥インフルのウイルスにも知財権? インドネシアの主張に困惑

Yahooより抜粋(オリジナルは産経新聞らしい)

「新型インフルエンザのワクチン開発をめぐり、インドネシアなど途上国側が提供したウイルスに「知的財産権」を認めてほしいと主張、ワクチンを研究・開発している先進国側に困惑が広がっている。7月31日からシンガポールで始まった“医薬品の南北問題”を討議する世界保健機関(WHO)の専門家会議の行方次第では、インドネシアがWHOへのウイルスの検体提供を再び拒む事態が懸念されている。」

インドネシア政府ちょっと待て、と言いたいけど、何か重要な背景があるんだろうか。どうも巨大製薬企業の影が政府の後ろにちらちらと見えているように思える。単に、ワクチン製造に欠かせないウイルスを一企業が独占し、それに対して政府に対価を支払うっていう話ではないかと思うんだが。。。違うかな。

そもそも、ウイルスを国の資源と考えてしまうと、ウイルスの売買がビジネスになったりしないのかなあ。それって感染症の多い途上国にしてみれば美味しい話だが、貧しい人たちがウイルス提供のために敢えて感染するなんてことも出てきそうで、想像するだけでぞっとする。

あぁ、明らかに愚行だ。なんとかしてほしい。国際社会にとってみれば由々しき問題だ。
[PR]

by kototora | 2007-08-01 17:03 | miscellaneous


<< StartMac #11 iT...      バカンスぼけ >>