London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 26日

熾烈なポスト争奪戦

この夏以降、私の所属している某国際機関の某部署は激動に見舞われています。まず、部署の親分である「部長」が夏のある日突然「消え」ました。実際、前の週までは一緒に普通に働いていたのですが、翌週になったら突然、何の前触れも無く去っていきました。それまで使っていた部屋も週末に来て片付けたとみえ、私物はすっかりなくなっていました。なんと、腹心の部下たちにも何も知らせずに。あとでセクハラで辞めさせられたとか、政治的な駆け引きに負けて去って行ったとかいろんな噂が流れましたが、真相はまさに闇の中です。

で、その後次の「部長」がきまるまでのしばらくの間、部長不在のまま我々は日々の業務をこなしているのですが、今度は部長より一つ下のチームリーダー(日本風に言うと課長?)達の間でなにやら不穏な動き。皆さん人間的にも仕事上でもとっても良い人たちで、私も一緒に働いていてとても気持ちの良いチームだったのですが、リーダー達が何かあるたびに衝突するようになってきました。

どうやら、現在空席の「部長」の椅子をめぐって、チームリーダー同士で様々なアピール、水面下の駆け引きや足の引っ張り合い、等々を繰り広げているらしいのです。彼らにとってみると部長に昇進する千載一遇のチャンス。頑張りたくなるのも分かるのですが、もうちょっと穏やかに。。。と平和主義者の私は思います。

ちなみに、国際機関の空席の争奪戦は熾烈で、一つの空席に対して全世界から数百の応募があるそうです。しかも大学教授から軍人さん、さらにバーのマダムに至るまで多種多様な人が応募して来るそうで、選考にはものすごく時間がかかるのが普通です。だいたい半年はかかるんじゃないかと思います。とすると、あとしばらくはこの状態が続くのか。。。早くはっきりして、元の気持ちの良いチームに戻って欲しいと思います。

以前、国際機関に入る前に、ある人から「国際機関は魑魅魍魎の巣窟だから気をつけるように」というアドバイスをいただきましたが、まさにそれを体験している気分。怖いところなんですよ、国際機関って。
[PR]

by kototora | 2004-10-26 18:35 | work


<< どなたかアイディアを!      「黄金の丘」を見た >>