London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 20日

StartMac #6-2 キーボード換装!(追記)

StartMac

そういえば、先ほどの投稿に書き忘れたのですが、UKキーボードに換装されたMacBookを家で立ち上げてみると、OS Xは問題なく立ち上がったのですが、肝心の?WinXPが立ち上がらなかった!

原因は不明。パーティションは生きていてWindows関連のフォルダも見えるのに、Windowsが立ち上がらない。とりあえずBoot CampからWindowsの再インストールを試みると、いちおうwindowsは稼動するようになったのですが、今度はドライバを入れようとすると、ドライバが入らない。エラー表示がいくつも出て、結局肝心のキーボードやマウスパッドの機能がほとんど使えない状態でインストールが完了。ドライバを再作成しても一緒。だめもとで、バージョンアップしたBoot CampとParallelsをインストールしてドライバを再作成してもだめ。

パソコンの専門家でもなんでもないので途方にくれ、結局新しいBoot Campでパーティションをいったん削除し、再度パーティションを切り直してドライバを再作成し、WinXPとドライバを再インストールしました。これだとうまくいきました。

その後、とりあえず現時点までは両領域とも問題なく稼動しているので、正しい判断だったと思いたいのですが、どうもBoot Camp関連ではトラブルが多い。ベータ版なのでしょうがないとは思うけど、もうちと安定してほしい。これで、XPのインストールは。。。何度やったかわからないぐらい。今秋の正式発表のバージョンではこういったfundamentalなトラブルは、なるべく発生しないでほしいな。

ちなみに、今回のトラブルはWindowsではなくMacOSを使うように、というApple storeの店員の「呪い」かもしれず。。。はは。冗談です。

ちなみに、キーボード換装までデータの移行などをせず、じっと待っていてよかったと思います。そうじゃないと、パーティションの切り直しなどでデータが飛んだ可能性もあったかと、ちょっとぞっとしました。パソコンの改造などはなるべく購入時すぐに行うことは鉄則かも。

以上、追記事項でした。
[PR]

by kototora | 2007-06-20 17:37 | StartMac


<< StartMac #7 A t...      StartMac #6 キーボ... >>