London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 31日

StartMac #2 Boot Camp領域のパーティション変更とVolumeWorks

StartMac

MacBook到着日にいきなりWin領域を作ったのは前回ご報告しましたが、FAT32最大容量の32GBしかwindowsに割り当てませんでした。

しかし、これではいささか小さすぎると判断し、パーティションを切り直すことにしました。目標は、NTFSで6~70GB程度のWindows領域を作ること。しかも、できたら面倒くさいwindowsのactivationをしないでパーティションを変更したい。まずはwindowsのconvertコマンドでNTFSに変更しました。これはあっという間に変更終了。

で、どうやってパーティションサイズを変更すべきかとぐぐってみると、VolumeWorksというソフトがこのような作業に対応しているとのこと。早速4000円払って購入してインストールしてみました。インストールは問題なし。イメージファイルを作ってDVDから起動させなくてはならないので、そのダウンロードにやや時間がかかりましたが、まあ許容範囲かな。

で、VolumeWorksから起動してパーティション変更をしようとすると、windowsが壊れる恐れありとの警告が出るのですが、このソフトで変更するのはWin領域ではなくMac領域なので大丈夫だろうと思い、そのままMac領域を二つに分割しました。

で、一連の作業はあっさり終わったのですが、再起動するとWindowsが立ち上がらない!

。。。警告通り壊れました。

しょうがないので、Boot CampでWindows領域をいったん削除し、再度トライ。今回も32GBでBoot Campのパーティションを作成(ただしNTFS)。普通にうまくいき、VolumeWorksを再度走らせてみたら。。。

windows、やっぱし壊れました。

なんだよー。やり方が悪いのかもしれないけど、壊れるようじゃ使えないじゃん。ということで、VolumeWorksを使うのをあきらめました。

ぶつぶつ文句を言いながら、再度windows領域をBoot Campで削除し、今度はMacとwin領域を半々にするよう選択して、いざフォーマット。。。と思ったら、

ファイルの関係でMac領域をHDDの半分にまで縮小できないとのこと。

なぜ!!何度も再起動したりVolumeWorksやBoot Campなど大きなソフトをインストールしてしまったからかなあ。。。理由はよく分かりませんが、とにかく八方ふさがりになってしまった。

しょうがないので、奥の手、というか最終手段を使いました。

HDDのリフォーマットとOS Xの再インストール。

はあ。MacBook到着の翌日にいきなりこれかよーとぶつぶつ言いながら、一連の作業を淡々とこなす。1時間ちょっとで再びキレイなHDDになりました。

早速Boot Campを入れ直して、すぐにパーティションを切ると、無事半分に分割できました。ただし、windowsも全部入れ直し、Parallelsも再インストール。これも淡々と作業しました。

ということで、一晩がかりでようやく思ったようなパーティション構成になりましたが、これまでに費やした時間と4000円を誰か返して欲しい!!はあ。ま、最初にパーティション構成を熟考しなかった自分が悪いんですけどね。

ちなみに、Windowsを最初にインストールしたときには電話でのactivationが必要でしたが、昨日作業した際には2回もwindowsをインストールし直したのですが(Parallels上のインストールを入れると4回!)、いずれも電話する必要がありませんでした。なんでだろー。。。よく分かりません。

さて、ようやくアプリケーションソフトの導入に入ります。大学からOffice2007とOffice2004 for Macの利用許可を取ったので、とりあえず両方入れてみようかと思っていますが、win版のほうのOffice2003と2007との互換性がちょっと不安。もしかしたらOffice2003にするかも。
[PR]

by kototora | 2007-05-31 15:27 | StartMac


<< 6月になってしまった      StartMac #1 Boo... >>