2004年 10月 22日

ランチ!

今日は、私が勤務している某国際機関でのランチについてご紹介します。

まず、カフェテリア。職場のメインダイニングであるカフェテリアはかなり大きく、座席数はおそらく400席以上はあると思います。食事は、大きく分けて次の5つのコーナーでセルフサービスで提供されています。

1)ホットミール:毎日日替わりで4~5種類のメインディッシュが提供されます。よくあるメニューは、牛肉やラム肉、鶏肉のソテー、魚のフライ、煮込み料理、ソーセージなどでしょうか。また、時々ケバブが出たり、これからの季節はジビエ料理(鹿とかイノシシ、ウサギなどの獣料理)が出ることもあります。これらのメインを注文したら係りの人がよそってくれますので、それを受け取って、茹で野菜、フレンチフライ、米などのサイドディッシュを取ります。サイドディッシュは自分で取って良いので、皆さん大盛りに取っています。メインとサイドディッシュを二種類とって、だいたい10~14CHF(800~1200円)です。

2)サラダバー:いわゆる普通のサラダバー。生野菜の他に、果物や茹で野菜、さらにアンチョビや鶏肉のゆでたものなどもあります。また、スープもサラダバーの横にあります。このサラダバーは従量制?重量制?で、取った量だけお金を払います。普通のお皿に山盛り取って、だいたい5~7CHF(400~600円)です。

3)パスタ:パスタは麺とソースをそれぞれ選ぶと、その場で麺をよそってソースをかけてくれます。だいたい、麺は普通の細麺とペンネで、あとラザニアがあったりすることもあります。ソースはごくごく普通のトマトベースのソース、クリームソースなど3種類程度。異様なほど山盛りに盛りつけてくれて、8CHF(700円)ぐらいです。

4)ピザ:ピザ用の焼き窯がカフェテリア内にあり、注文を受けてから生地にトッピングして焼いてくれます。ハムやツナ、ミックスなど5種類程度いつもあります。直径20cm程度のピザ一枚が8CHF(700円)ぐらいです。

5)グリル:魚や肉、エビなどを注文してからグリルしてくれます。値段はかなり高く、グリルとサイドディッシュをとると、15~20CHF(1300~1700円)になります。

これらの食事は全てトレイにのせてレジまで運び、そこで清算します。なお、ケーキや果物などのデザート、あと飲み物もいろいろありますので、それらを選んで取ることもできます。飲み物にワインやビールがあるのは、さすがヨーロッパって感じですね。清算が終わると、なぜか無料のパンが山盛りあるので欲しければとり、必要に応じてパセリやレモン、チーズ、ケチャップや醤油などをかけ(これも無料)、さらに欲しければ水を給水器からとって、空いている席を探して、いただきまーす。

そうそう、セルフサービスじゃなくて給仕してくれるレストランもセルフの隣にあります。味は全く一緒ですが、多少豪華に綺麗に盛りつけてくれます。たしかセットメニューで20~30CHFだったような。。。やっぱり高いのとウエイターの数が少ないので待たされることが多いことから、ほとんど利用したことはありません。

次は、カフェ。カフェも良くありがちなセルフサービスで、最初に注文してお金を払ってから受け取りの場所でコーヒーや紅茶を受け取る方式です。このカフェではお昼時にサンドイッチも売っています。フランスパンにハムやツナなどが挟んであるサンドイッチは、フランスパン半分で4CHF程度、フランスパン1本で6CHF程度です。あと、クロワッサンやブラウニー、サラダなども売っています。ちなみにコーヒーは1.6CHF、カプチーノが2CHFです。

これが我が国際機関が提供しているランチです。カフェテリアは最初は面白くて食べていたのですが、お金がかかるのと味に飽きてしまって、最近は週に一度行くかどうかって感じです。カフェは忙しいときにたまにサンドイッチを買います。こちらは二週間に一回程度。私のお気に入りはハムのサンド。妻はツナかちょっと高級なピタパンサンド(シュードスサンドって名前です。どうゆう意味なんだろ。。。値段は7CHF)がお気に入りです。

これらのランチの場所以外に、フィリピン人職員が中心となって自主的に組織しているフィリピン・ランチのデリバリーサービスもあります。これは、登録した人にメールで日替わりのメニューが送られてきて、欲しいなと思ったメニューのある時は前日までに注文すると当日に持ってきてくれるというサービスです。かなり大きめのランチボックスに山盛りのお米とおかずが入って10CHFです。このフィリピン・ランチはメニューに当たりはずれがあり、フィリピン風トンカツや豚の角煮、さらにフィリピン風のソーセージなどは大変美味しく、我々はいつもランチ用ではなく、夕ご飯用に買って帰ります。つまり、お昼頃に受け取りますが、そのまま車に入れてしまって持ち帰ります。手抜き夕ご飯ですね。ダメだったのが豚足の料理。脂がきつすぎてとても全部は食べられませんでした。あと、「Tempura」(天ぷら)というメニューもありますが、実際は「エビフライ」だったりします。

実は今日はフィリピン風豚の角煮を三個買って持ち帰ったので、夕ご飯としてとっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした~。

ちなみに、私のランチで一番多いのは。。。昼抜き!たいてい家から果物(いまの季節はリンゴですね)とかビスケット、チョコなどを持っていきますので、それらをつまんで空腹を抑えて仕事仕事。やっぱり英語ネイティブの人と違って読むのも書くのも時間がかかりますから、その分ランチの時間を極力抑えているって感じです。ま、時々同僚やら友達からお誘いがあるので、そのときは喜んでご一緒しますが、特に用事がないときはほとんどオフィスで何かつまみながら仕事していることが多いですね。たまにブログ書いたりネットサーフしたりもしてますが。。。

ランチで一番欲しいのが日本のお弁当とかおにぎりですね。ジュネーブでは、「うちとみ」さんなどの日本食材店でお弁当をちょこっと販売していますが、絶対量が少ないですし、わざわざオフィスから車とかバスで買いに行く気がしません。和食弁当のデリバリーをしたら絶対受けると思うんですが。。。ジュネーブの国際機関だけで日本人は100人以上勤務していますから、固定客がつけば絶対商売になると思います。仕事辞めてお弁当屋さんしようかなぁ。
[PR]

by kototora | 2004-10-22 05:22 | work


<< 祝yahoo登録!!      久々の太陽 >>