London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 31日

ブリュッセルから

というわけで、ブリュッセルに来てます。

昨日はなんとか大学の100周年記念ランチに並んでありついたのですが、味はちょっといまいちだったかなあ。私はホロホロ鳥を食べたのですが、鳥自体はなかなか美味しかったものの、付け合わせの野菜がいまいち。ま、これで1.5ポンドだから贅沢を言っちゃいかんいかん。盛りつけしてくれる人も100年前の衣装?を着てサーヴしており、雰囲気はなかなかでした。

ランチの後は、ぎりぎりまで仕事をしてEurostarに飛び乗り、ブリュッセルへ。途中、何か問題が発生したとかで、トンネル内で(海底で!)しばらく停止したのがとってもやーんだったのですが、すぐに問題とやらが解決できたとかで、無事トンネルを抜けてブリュッセルには10分遅れで到着しました。電車のよいところは乗ってから降りるまでノンストップで仕事に集中できるところかな。昨日も約3時間みっちり仕事できました。

で、タクシーでホテルに到着たのが夜7時半で、8時から11時半まで今日の会議の参加者の皆さんとディナー。私は初参加だったのですが、他の参加者の皆さんは旧知の仲の人ばかりで、一人浮いていたかも。しかも私以外全員白人。ま、予想はしていたんですがね。。。ちと辛い。あと、皆さんその分野では世界的に有名な教授ばかりなので、その点もかなーり辛かったのですが、仕事に関係した有意義な話も聞けて収穫あり。

今日は、昼過ぎまではその会議で、その後アポイントが二件あり、それらが終わったら夜のEurostarでロンドンに戻ります。おそらくまた飛び乗りかも。なお、アポが入ったのは同行している上司の方で、私はその後ろからくっついていくだけ。鞄持ち?うは。そうかも。

そのアポのうち一件は、なんと私の大学院時代の恩師!上司と友達とは知らなかった。彼と会うのは。。。もしや5年ぶりぐらいかなあ。いや、もしや彼が日本に呼ばれてきたときに一緒にディナーして以来かも。とすると、10年ぶりぐらい?あるいはジュネーブで会った。。?あまりに前なのであんまり覚えてないかも。彼には、某国際機関に入る際にreference letterを書いてもらったり、本当にお世話になっているので、久々に会えるのはとっても嬉しい。

しかし狭い世界だ。年末に日本でお会いした方が、私の大先輩の飲み友達だったことが雑談の中で判明してお互いにびっくりしたりしたし。

さて、そろそろ動かねば。では~
[PR]

by kototora | 2007-01-31 14:09 | work


<< 春到来?      100周年 >>