2007年 01月 16日

清らかな心

またまた途上国のお話。

先日、いつもとても頑張ってくれているお手伝いさんに、日本からお土産を買って帰りました。といっても、グリコのアーモンドチョコ一箱、安い髪用のピンと和風の小さな鏡。全部で1000円にも満たない程度の、本当にささやかなお土産でした。

で、つまらない物だけど。。。といって渡したら、彼女がえらく感激してくれ、こんなものはダッカでは手に入らないものだと、涙をぽろぽろこぼし始めました。さらに、せっかくのお土産のチョコをうちの娘にもあげようと、箱を開けようとするではありませんか。慌てて箱を開けようとするのを止め、自分で楽しんでと言いました。

なんか長く忘れていたことを思い出してくれた、とても素敵な経験でした。いろんなことに感謝し、その気持ちを忘れちゃいけないと思いました。あぁ、途上国っていいなと思えた瞬間でした。

実は、その前に成田空港で諸般の事情でかなりいやな気持ちを味わい、なんだかそれを引きずっていたのですが、彼女の気持ちで心が洗われたように思いました。

とはいえ、途上国には危険もつきもの。いろんなところで大変で、身近にも強盗にあって重傷を負った話などが伝わってきます。気をつけて欲しい。
[PR]

by kototora | 2007-01-16 04:58 | life in Dhaka


<< Reference Manag...      ブログを続けるということ >>