London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 10日

メッカ巡礼と出稼ぎ労働者

ダッカの朝は町中に響き渡るコーランのアナウンスで始まり、夕方もやはりコーランの響きで一日が終わります。このコーラン、非常に単純な旋律を少々アレンジしたもので、聞き慣れるとなかなか心地よい。言葉は当然よく分かりませんが、私には「んにゃ~」と始まるように聞こえるのもユーモラスで良い感じです。宗教的に不謹慎な発言、失礼しました。

このコーラン、どうやらテープではなく、毎日お坊さん?がマイクに向かって絶唱している様子で、毎回少しずつ異なります。時折無理な転調をする方がいるようですが、個人的には無理なアレンジをするよりも、オーソドックスに厳かに歌うコーランが好きです。

そう、バングラデシュ国民の多くがムスリムなんですが、ハードコアなムスリムは少ないらしく、キリスト教徒や仏教徒とうまく共存している珍しいケースとか。

先日、そのムスリムの国の一端を見ることが出来ました。クリスマス前にダッカ空港で搭乗待ちをしていたとき、どう見ても白いバスタオルを体に巻き付けただけの男性たちがぞろぞろ歩いているのに出くわして、ぎょっとしました。

バスタオルはホテルなどでよく見る大きめのもので、上半身と下半身をそれぞれ一枚ずつ使っているようでしたが、当然体全体を隠せるわけはなく、おなかとかがもろ見え。。。あまり嬉しくないなあ。ベトナムのアオザイの生腰はちょっと嬉しかった記憶があるのですが、毛むくじゃらのおやぢ達の生腹は。。。no thanksかも。

そのときはなぜこんな格好をしていらっしゃるのか分からなかったのですが、帰国時に、岩波新書の「メッカ」という本がすごいから読んでみたらと親族から勧められたので、早速購入して読んでみたところ謎が解けました。あのバスタオル軍団はメッカ巡礼の方々だったんですね。この本にまさに同じ格好をした人たちの写真が何枚も。

メッカ巡礼はムスリムの方々には一大イベントらしいのですが、そういえば生腹のおやぢ達が紅葉して、もとい高揚している様子が思い出されました。社会勉強になるなあ。しかし変換ミスとはいえ、「おやぢ達の紅葉」は可笑しい。思わず残してしまった。はは。

ところで、ダッカ空港で非常に目に付く一団が必ず何組かいます。彼らの特徴は、

・全員が若い男性、20~30人の大集団
・ほぼ全員が同じTシャツを着て同じ帽子をかぶっている
・手には必ず色紙を数枚閉じたようなしょぼいファイル?を持っている

年末に搭乗したダッカからKLまでのフライトで彼らの一団と一緒になってしまったのですが、さらにユニークな特徴あり。

・全員飛行機に乗るのが初めての様子で、トイレの開け方が分からなかったり、landingした瞬間に立ち上がって荷物を持って移動しようとしたりする人多数。
・なぜか固まって行動することがお好みらしく、半端じゃなくみんなでべったりくっついて動き回っている様は、見慣れるとちょっと可笑しい。
・しかも、我先に移動しようとする傾向があり、飛行機の狭い通路に数人がスタックしてしまい、じたばた。

この人達、何者なのかはまだ分かりませんが、バングラデシュから海外への出稼ぎ労働者達なんじゃないかと思います。おそらくどこかの人材派遣会社の手配による集団海外出稼ぎ軍団。。?違うかなあ。どなたかご存じの方がいらしたら教えてください。
[PR]

by kototora | 2007-01-10 20:56 | gourmet & travel


<< サイレントチェロ      行列と発展途上国 >>