London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 30日

初講義終了

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

ダッカから帰ってしばらく体調不良が続き(お腹が壊れてました。。。)、治ったと思ったら研究のプロポーザル作りが急遽スタートし、さらに前々から言われていたlectureの準備をしなくては。。。ということで、ここ一週間ほどまともに寝てません。平均睡眠時間は3時間ぐらいかも。当然ブログに立ち寄る暇もなく、ひたすら文献とにらめっこの生活が続いていました。

私にとってこの大学での初講義ですが、テーマは経済評価(Economic evaluation)に関することで、お客様は医学部の5年生30人ほど。うちの大学の医学部はかなーりレベルの高いところなので学部生と侮るなかれ、と事前に言われていましたので、かなり頑張らないといけないと思っていました。

が、ぎりぎりにならないと本腰の入らない悪い性格がここでも出てしまい、講義前日になってもpowerpointはまだ半分ぐらいしかできてませんでした。2時間の講義なので、スライドは40枚程度が適当なんですが、昨日の夕方の時点で20枚ぐらいだったかなあ。別件で、夕方5時ぐらいに私の上司と話していたときに講義の話になって、明日の朝10時の講義のスライドまだできてないんですよーあははって笑いながら言ったら、瞳孔開きまくって、のけぞっていらっしゃいました。。。はは。すんません。

ともかく、そこから本気で本腰を入れてスライド40枚をなんとか完成させたのが夜10時ぐらい。2時間ほど仮眠を取って、全体の調整やら内容の微修正、さらに予行演習を一回してみたら、すでに朝になっていました。

ということで、ほぼぶっつけ本番で講義スタート。内容は昔からよく知っていることなので、まあ問題はなかったのですが、相手が医学部生なので、あまり興味なさそう。そりゃそうだよなー。医者になろうって子達が経済評価なんて興味ないだろうなあ。。。でも必修科目なのでしょうがないんだろうなあと内心同情しつつ、でも淡々と講義を進めていきました。

今回の講義は単発、一回限りだったので、前半に出来る限りtheoryなどを詰め込み、途中の休憩を挟んで、後半はcase studyの構成でした。前半は眠そうだった子が多かったのですが、後半のcaseでインタラクティブな議論にしてみたら、活発に反応してくれたので良かったです。

ということで、講義は無事終了。自分としては、60点ぐらいの初講義でした。もう少し早めに準備したらもっと上手くできたのに、とちょっと反省。ま、最初だしこんなものでしょ。次回の講義は年明けの予定です。

で、オフィスに戻ってみると、異様に疲れているのに気付きました。特に足。たった2時間立ってしゃべっていただけなのですが、ふくらはぎから下が異様に異様に疲れていました。もうね、足を下ろしていられない感じ。ということで、お行儀悪いのですが、サイドテーブルに足を乗っけて仕事してました。

はあ。。。ま、ともかく一つ終わった。次はプロポーザルだ!明日締め切り!!がんばりまーす。
[PR]

by kototora | 2006-11-30 22:35 | work


<< プロポーザル提出      研究トピック決定 >>