London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 24日

駆け足ロンドン滞在1

さて、火曜・水曜の一泊二日でロンドンに行って来ましたので、そのご報告。今回のロンドン滞在の主な目的は、フラットの契約、ストーンズのコンサート、の二つでした。

1)フラットの契約

来月から住むフラットの正式な契約をして、一晩泊まってきました。先日のロンドン滞在中に10軒以上のフラットを見学し、熟考した結果とはいえ、改めて入ってみるとこの小さなワンルームで月18万円だもんなあ。高い。すごーく高い。はあ。とはいえ、ほぼリモートで探して契約したので、最初はこんなもんだと納得しています。実際に住んでみて、このフラットでこの家賃がreasonableなのかどうか判断しようと思います。

なお、フラットの入っているブロックは、24時間ポーターもいて、外見はボロですが建物内の管理は行き届いています。職場へは歩いていけるし、スーパーとスタバが徒歩1分以内、というかすぐ横。レストランやショップは徒歩5分以内に山盛りとロケーションは最高です。部屋のなかもまあまあ良さそうだと思っていたのですが、問題がいくつか。

i) バス/シャワーのお湯の栓が開かない。掃除に入った人がえらく固くお湯の栓を閉めたらしく、どうやっても開かない。輪ゴムを栓に巻き付けてトライしてもダメ。ポーターに頼んで来てもらって開けようとしたが、彼でも無理。ポーターからは、水道屋を手配するようにアドバイスされました。ということで、大家にクレーム中。なお、一泊の滞在中はシャワーを浴びれませんでした。しくしく。

ii) 大量のゴミのような備品。私の借りたアパートはfurnishedなのですが、ほとんどゴミのような備品が大量にありました。布団や枕はあるのかと事前に聞いたところ、もちろんあるとの返事だったのですが、多少疑いつつ行ってみたら、前の人が使ったままゴミ袋(!)に丸めて放り込まれた薄汚れた布団。。。即刻新しい布団を買いに走りました。あと、使いにくそうな食器とか、足が壊れて家具にテープでくくりつけられた扇風機とか。あぁ、全部捨てたい。来月大家とinventory checkをする予定なので、そこで交渉してある程度は捨てようと思います。

iii) トイレの水が遅くて少ない。これは直しようがないのかもしれませんが、トイレの水量が少ないことと、溜まるのに5分ぐらいかかる。これではあまり実用的ではない感じ。これも大家にクレーム中。なんとかなるといいんだけど。

iv) トイレットペーパーのホルダーがない。前の人はどうやっていたんだろ?トイレットペーパーをそこらに置いて使っていたのかなあ。。。

v) 部屋の中の鍵の紛失。部屋の中で鍵が二カ所で必要なんですが、どちらも見あたらない。一つは電気のメーターが入っている小窓?の鍵で、もう一つは窓の鍵。特に前者は電力会社への名義変更手続きでメーターの数字を読まなくちゃいけないので即座に必要。これも大家にクレーム中。窓の鍵はなくても生きていけそうなので、とりあえず保留。

ま、こんな感じで細かい問題点はいくつかあるものの、とりあえず最低限の生活は始められそうです。あとは、銀行口座の開設や、さまざまな契約(電話、携帯、ブロードバンド、電気、水道)をしなくては。いろいろ大変ですが、英語でいろんな問い合わせや交渉ができるので、とっても楽。英語圏はいいですね。

2)ストーンズのコンサート

ローリング・ストーンズのロンドン公演二日目に行って来ました。会場は当初予定されていたWembleyの完成が遅れたため、Twickenhamでした。実は、Twickenhamの会場(ラグビー場)のすぐ近くに妻の知人夫妻?(ゲイカップル)が住んでいるので、そちらのお宅を訪問して美味しいディナーをいただいてから会場に。ストーンズのコンサートは前座バンドが終わった後の8時15分スタートの予定で、お宅を出たのが8時ちょうど。地元の人しかしらないような裏道を案内してもらって、会場までダッシュしてなんとか間に合いました。

ちなみに、会場のゲートを抜けて席のほうに歩いていたら、係員が大量にいて通路がふさがれており、まわりにはビールとかを持って待っている観客でごった返していました。何事かと聞いてみたら、ストーンズのメンバーが会場入りするために一時的に通路を閉鎖しているとのこと。もしやメンバーを間近で見れるかもと期待していたのですが、スモークガラスの車数台でのご入場でした。考えてみたら、あんな大スターが歩いて会場入りしないですよね。はは。

ということで、なんとか席を見つけて座ったとたんにコンサートが始まりました。感想は一言でいうと、楽しかったぁ。前回見たチューリッヒよりも会場は盛り上がっていたし、メンバーも楽しそうだったかも。なんといっても地元だし(ミック・ジャガーが会場のすぐ近くRichmondに家を持っているとか)。天気も良くて本当に良いコンサートでした。

なお、本当はカメラの持ち込みは不可だったのですが、こそっと持ち込んで大量の動画をとってしまった。はは。まわりでも携帯でびしびし写真や動画を撮っていたし、カメラもあちこちで見たので、係員も見逃してくれたのかも。でも、いちおう係員の目を気にしつつ録画したので途中で切れたりしていますが、全部で20分以上、数曲はまるまる録画しちゃいました。帰宅してから見てみたら、コンサートの臨場感が感じられてなかなか良い感じ。

コンサート終了後は、ロンドン公演オリジナルのTシャツを買ってから、帰宅のための長蛇の列に並びました。Twickenhamの会場の最寄り駅は、Twickenham駅(徒歩10分)かRichmond駅(徒歩30分?)なのですが、やはり近くのTwickenham駅に多くの観客が殺到したため大混雑で動きそうにもない。7万人収容の会場ですからねえ。

ということで、我々はRichmondに向けて歩き始めたのですが、行けども行けども着かない。本当に疲れ果てたころ、幸運にも空車のタクシーが通りかかったので、飛び乗ってタクシーで帰りました。しかし、我々の前後にもRichmondの駅を目指して歩いている人たちが大量にいたなかで、タクシーを拾えたのはラッキーでした。ちなみに、私のすぐ後ろでも数人手を挙げていたようでしたが、先頭で手を挙げたのが私だったので優先権あり。本当にラッキーでした。

長くなりました。ロンドンで行ったレストラン情報などは後ほどアップします。
[PR]

by kototora | 2006-08-24 17:19 | life in London


<< 駆け足ロンドン滞在2      My next destina... >>